原発・放射能情報
ブルーウォーターワールド

2011年3月11日の東電福島第一原発の事故後、「放射能汚染の状況と対策」や「原発と放射能に関する最新情報」をお伝えすることを目的に本サイトは開設されました。 編集人Twitterロゴ
サイト支援のお願い
サイト一覧 最新ニュース 放射線測定器(ガイガーカウンタ) 関連書籍 防災グッズ  N95マスク 地震モニタ

放射能拡散予測

 

ほとんど報道されないが目を背けてはいけない現実arrow深刻!東電福島第一原発からは、今も毎日2億4000万ベクレルが大気中に、200億ベクレルが海に放出されている』(2013年10月7日、国会で東電社長が答弁して安倍首相が世界に言い放った「放射能は完全にブロック」のが露呈。)
※海洋の放射能拡散シミュレーションは「海洋汚染」のページへ
放射能拡散予測シミュレーション(Meteomedia-スイス気象機関)
-動画左上のJSTは日本時間、右上のaltitudeは高度の色分け表示-
 

ご覧になる際の注意事項
ある時点で福島第一原子力発電所から放射性物質が大気中に放出されたとするその後の拡散予測ですので、時刻毎の放射能の(例えば天気予報のアメダス雨雲のような)分布図ではありません。また、放射性物質の種類、量、状態(粒子の大きさなど)、放出の条件(蒸気と一緒か爆発かなど)を設定しているわけではありません。
これまでのドイツ気象局の放射能拡散シミュレーションは、7/29/2011で終了しました。

≪放射能物質の飛来に備えて風向きにご注意下さい。≫

-高度10m上空の気流の動き-
 

風向きマップ(Google Mapsタイリング版)
気象庁の数値予報モデルGPV(メソモデル)の地上面(地上10m)の風向・風速の実況・予想をグーグルマップの地図上に可視化。(北本朝展@国立情報学研究所/NII
≪実測データ&マップ≫
※放射線量や土壌汚染の他の実測データは 放射能測定データ ページからご覧頂けます。
【福島原発周辺の予測と実測】 ※放射線の被曝積算(累積)量が重要です。
SPEEDI(緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム)毎日更新/文科省)
福島県エリア(92km四方)の≪風速(2kmメッシュ)、大気中放射能濃度(ヨウ素・1kmメッシュ)、空気放射線量(1kmメッシュ)≫を、1時間毎に更新、3時間先まで予測しています。
原発周辺積算線量毎日更新/文科省、福島県)
*積算線量とは:事故発生時点からの外部被ばくの放射線量の合計
放射線量等分布マップ拡大サイト(文科省) 要チェック!!
●福島県:リアルタイム線量測定システム(2012年2月21日公開/文科省、、現在は全国版に統合)
福島県内の学校や公園など約2700カ所の空間放射線量を10分毎に更新
※放射線量や土壌汚染の他の実測データは 放射能測定データ ページからご覧頂けます。
日本の気象庁による放射性物質拡散シミュレーションは、5月23日分を最後に終了しています。
(原発・放射能情報-新着バックナンバー)
今月の新着 2014年8月の新着 2014年7月の新着 2014年6月の新着 2014年5月の新着 2014年4月の新着 2014年3月の新着 2014年2月の新着 2014年1月の新着 2013年12月の新着 2013年11月の新着 2013年10月の新着 2013年9月の新着 2013年8月の新着 2013年7月の新着 2013年6月の新着 2013年5月の新着 2013年3-4月の新着 2013年2月の新着 2013年1月の新着 2012年12月の新着 2012年11月の新着 2012年10月の新着 2012年9月の新着 2012年8月の新着 2012年7月の新着 2012年6月の新着 2012年5月の新着 2012年4月の新着 2012年3月の新着 2012年2月の新着 2012年1月の新着 2011年

サイト支援のお願い当サイトの維持のため寄付や広告出稿によるご支援をお願い申し上げます。