原発・放射能情報
ブルーウォーターワールド

2011年3月11日の東電福島第一原発の事故後、「放射能汚染の状況と対策」や「原発と放射能に関する最新情報」をお伝えすることを目的に本サイトは開設されました。 編集人Twitterロゴ
サイト支援のお願い
サイト一覧 最新ニュース 放射線測定器(ガイガーカウンタ) 関連書籍 防災グッズ  N95マスク 地震モニタ

ガイガーカウンター

 

ほとんど報道されないが目を背けてはいけない現実arrow深刻!東電福島第一原発からは、今も毎日2億4000万ベクレルが大気中に、200億ベクレルが海に放出されている』(2013年10月7日、国会で東電社長が答弁して安倍首相が世界に言い放った「放射能は完全にブロック」のが露呈。)

家族を守るために・・・

原発事故後、本来は法律では住んではいけないことになっている「放射線管理区域」が福島県だけでなく関東にも広がっている現実!ガイガーカウンター・・・やはり、一家に一台は必要ではないでしょうか!?
覚えておこう!
●Bq/kg⇒Bq/㎡への換算
試料を採った深さ1センチあたりの係数は10倍。(例)深さ10cmの試料:100Bq/kgx100=1万Bq/㎡
●Bq/㎡⇒μSv/hへの換算
Bq/㎡の数値を282,000で割る。(例)30000Bq/㎡÷282000=0.106μSv/h
1㎡あたり4万ベクレルを超えるエリアは、法律では「放射線管理区域」で人は住んではいけないことになっています・・・。
ご参考: 漫画『放射線の正しい測り方』(鈴木みそさんが漫画化したものです。)

お薦めモデル

↓※左上のPolimaster社製以外の製品は表面汚染測定用です。
平常時の放射線(追加被曝)許容量の 1mSv/年 とは、自然放射線量(バックグラウンド)を除いた値です。各測定値から年換算(×24×365)する場合には、バックグラウンドを引いてから計算して下さい。
地域によるバックグラウンドの値 → 地域別放射線量水準値 又は 日本の自然放射線量/日本地質学会 を参照
例えば、自然放射線量が0.05μSv/hある場所での測定値が0.15μSv/hだとした場合は、(0.15-0.05)x24x365=876μSv(=0.876mSv)となり、許容量の 1mSv には達していないことになります。
ただし、許容量の 1mSv に内部被爆の追加分も含める考え方をする場合もありますので、注意が必要です。
(原発・放射能情報-新着バックナンバー)
今月の新着 2014年8月の新着 2014年7月の新着 2014年6月の新着 2014年5月の新着 2014年4月の新着 2014年3月の新着 2014年2月の新着 2014年1月の新着 2013年12月の新着 2013年11月の新着 2013年10月の新着 2013年9月の新着 2013年8月の新着 2013年7月の新着 2013年6月の新着 2013年5月の新着 2013年3-4月の新着 2013年2月の新着 2013年1月の新着 2012年12月の新着 2012年11月の新着 2012年10月の新着 2012年9月の新着 2012年8月の新着 2012年7月の新着 2012年6月の新着 2012年5月の新着 2012年4月の新着 2012年3月の新着 2012年2月の新着 2012年1月の新着 2011年

サイト支援のお願い当サイトの維持のため寄付や広告出稿によるご支援をお願い申し上げます。