原発・放射能情報
ブルーウォーターワールド

2011年3月11日の東電福島第一原発の事故後、「放射能汚染の状況と対策」や「原発と放射能に関する最新情報」をお伝えすることを目的に本サイトは開設されました。 編集人Twitterロゴ
サイト支援のお願い
サイト一覧 最新ニュース 放射線測定器(ガイガーカウンタ) 関連書籍 防災グッズ  N95マスク 地震モニタ

2012年3月の新着

 

ほとんど報道されないが目を背けてはいけない現実arrow深刻!東電福島第一原発からは、今も毎日2億4000万ベクレルが大気中に、200億ベクレルが海に放出されている』(2013年10月7日、国会で東電社長が答弁して安倍首相が世界に言い放った「放射能は完全にブロック」のが露呈。)
記事 国産米の価格高騰で、輸入米への関心が高まっている。『原発事故で進む「日本米」離れ』(03/30/2012)
記事 上流で137ベクレル/kg、下流では940ベクレル/kg『放射能汚染を追う 江戸川セシウム 下流ほど高く』(03/30/2012)
記事 横浜の小中18校で検出『学校の雨水施設 基準超セシウム』(03/30/2012)
動画食品基準厳格化へ 魚の出荷 自粛相次ぐ』3/29ANN(03/30/2012)
食品基準厳格化へ

(動画)

食品の放射能基準値が厳しくなる4/1の直前というのに今頃になって東電は福島第一原発から20km圏内の海域で魚介類のサンプル調査を開始。群馬県高崎市では、原発から230km離れていても川で釣りすらできない事態となっている。検査体制なども後手にまわってばかりだ。映像はANN報道ステーションより。
動画 必見!!そもそも原発は本当に経済的なのか?』3/29ANN(03/30/2012)
そもそも原発は本当に経済的なのか

(動画)

原発が経済的にあわないことは欧米では常識になりつつある。事故が起き原発コストは益々上がり経済性は大幅ダウンの上、原発の保険は成り立たない現実の中、原発はハイリスク・ハイダメージなビジネスに成り下がったのだ。映像はANNモーニングバードより。
動画 必見!!“値上げ拒否可能”を東電「広めないで』3/29ANN(03/30/2012)
“値上げ拒否可能”を東電「広めないで」

(動画)

日々、怒りを通り越して呆れることばかりの東電だが、先日の騙し討ちのような大口の電気料金値上げ問題で、今度は何と、値上げ拒否が可能だということを知った自治体に対して、東電が「広めないでください」とお願いしていたことが判明。この信じられないほど腐敗した体質の卑劣きわまりない会社はもう破綻させ解体するしか手のつけようがないのではないか。今でも福島原発の真実など彼らは正直に伝えていないのではという不安と疑惑が増すばかりだ。映像はANNモーニングバードより。
記事 水野NHK解説委員が「事故前安全基準が、依然として使われているストレステストでは、原発の安全性が確認されたとは言えない」と。『原発 再稼働判断へ』(03/29/2012)
記事「超広角コンプトンカメラ」による放射性物質の可視化
JAXA、放射線量見えるカメラ開発

(TBSニュース)

放射性物質:特殊カメラで汚染状況を画像化 JAXA開発』(03/29/2012)
宇宙航空研究開発機構(JAXA)が開発、実験中。
動画 必見!!チェルノブイリ原発事故、除染の盲点』3/28TBS(03/29/2012)
チェルノブイリ原発事故、除染の盲点

(TBSニュース)

除染作業で見落とされていることがある。チェルノブイリ原発事故の際、1400-キロも離れた場所で除染作業をしていた作業員が8人中7人も相次いでがんで死亡した。これは除染が癌発症の原因となる十分なエビデンスではないか?
新着 必聴!! 小出裕章氏(京大)、福島県の農家の現状について
YouTube音声1】【YouTube音声2】(03/29/2012)
福島原発2号機の水位がわずか60センチしかなく格納容器内放射線量が73シーベルトで人間が6分で死ぬ量にまでなっていることについてのコメント。また、放射能に汚染された農地を今後、どのようにしていけばよいのかなどについて福島県農民連事務局長の根本敬さんと語る。
動画 必見!!M9級地震の恐れも・・・房総沖に「未知の巨大活断層」』3/27ANN(03/28/2012)
M9級地震の恐れも・・・房総沖に「未知の巨大活断層」

(動画)

千葉県の房総半島沖に、最大でマグニチュード9クラスの地震を引き起こす可能性がある巨大な活断層があることが分かった。
記事 茨城県、15種類の魚介類の出荷・販売の自粛で『漁師「やりきれない」 「50ベクレル超」新基準、戸惑いの声』(03/28/2012)
記事 収束宣言が聞いて呆れる。これではロボットでも長時間の作業は難しい。廃炉も困難?『格納容器内7万2900ミリシーベルト 福島2号機 6分で人死ぬ』(03/28/2012)
動画どうする原発依存 有識者が激論』3/27NHK(03/28/2012)
どうする原発依存 有識者が激論

(動画)

2030年、今から18年後に日本を支えるエネルギーの姿はどうあるべきかを考えるたたき台として、政府の調査会が現時点での複数の選択肢を示した。映像はNHKニュースウォッチ9より。
記事「大飯原発再稼働」で野田政権がぶち当たる岩盤』(03/27/2012)
動画 必見!!黒澤明監督の22年前の原発事故予言オムニバス映画』(03/27/2012)
黒澤明監督『夢』

(動画)

正夢になってしまった、『夢』(オムニバス作品)の中の一話「赤富士」。福島原発の原子炉と富士山の爆発を重ね合わせ、放射能で日本が滅亡するストーリー。プルトニウム、ストロンチウム、セシウムなど人々を襲う放射能に着色してリアリティを演出、「狭い日本だ。逃げ場はないよ」「僕も縛り首になるべき一人です」と懺悔して海に身投げをする原子力ムラの一員とおぼしき役の井川比佐志のセリフは今まさにリアリティがある。平成2年公開。夢 [DVD]  映画『東京原発』ハイライトシーンもどうぞ。
動画 必見!!原発ゼロでも電気代は下げられる!』3/26ANN(03/27/2012)
原発ゼロでも電気代は下げられる

(動画)

割安なシェールガスで発電すると電気代の値下げすら可能らしい。電力会社にコスト意識を持たない放漫な経営と殿様商売を許している諸悪の根源は「総括原価方式」「一社独占」だということがよくわかる。映像はANNモーニングバードより。
新刊 低線量被曝晩発性障害として「原爆ぶらぶら病」が東日本で発生する可能性がある、と。被曝医師肥田舜太郎氏『内部被曝 (扶桑社新書)』(03/27/2012)
記事除染モデル事業 効果まちまち』(03/27/2012)
記事 海洋汚染汚染水80リットルまた流出。問われる東京電力の管理態勢ストロンチウム』(03/27/2012)
要チェック!! 高崎(群馬県)の放射性核種探知観測所で探知された 『3/20時点のCTBT放射性核種探知状況』 へのリンクを更新。セシウムは134、137ともに変わらず毎日飛散。(3/27/2012)
記事 注目!!福島原発2号機の水位はわずか60センチ』『福島第1原発:2号機の水位 底部から60センチのみ』(03/26/2012)
福島原発2号機の水位はわずか60センチ

(動画)

2号機では原子炉を冷やすために毎時8.8トンの水が注入されているが、底が破損していると見られる。地震で崩壊したら東日本を全滅させる4号機燃料プールも心配だが・・「政治判断」で再稼働などと言っている場合ではないだろう。
新着 房総半島沖にこれまで知られていなかった2つの大規模な活断層があることがわかった。『房総沖に大活断層、M8縲怩X地震』TV動画ニュース(03/26/2012)
新着柏崎刈羽原発停止、国内稼働原発は泊原発1基』TV動画ニュース(03/26/2012)
動画 必見!!メルケル首相“脱原発”の裏側』3/24TBS(03/25/2012)
メルケル首相“脱原発”の裏側

(動画)

原発推進派だったメルケル首相がどうして脱原発に考えが変わったのか。市民運動、教育、緑の党、メディアなどの要素がダイナミックに作用、また原発を倫理観で捉え直し、科学者を入れない議論も展開して脱原発に舵を切ったドイツの背景を取材。映像はTBS報道特集より。
動画 必見!!原発再稼働の必要性・安全性はどこまで』3/23NHK(03/25/2012)
原発再稼働の必要性・安全性はどこまで

(動画)

大飯原発のストレステストについて、原子力安全委員会が「一定の評価」を出したが、会見で安全委員会の班目委員長は「原子力安全委員会は安全性の確認を求められているのではない」とし「再稼働は政府が決めることだ」とあまりにも無責任な言いようだ。一方政府は「安全委員会が安全だと言ったらやる」、関西電力は「国が決めることだ」と言い、皆、責任を他になすりつけようとしている。映像はNHKニュースウォッチ9より。
記事 関西電力が『福井県原子力委員に1490万円 5人に寄付』(03/25/2012)
記事宮城、茨城、群馬、千葉、新潟、埼玉各県と東京都のそれぞれ一部地域が放射線管理区域以上に汚染された。私の仕事場である実験所は放射線管理区域で、そこでは飲食も寝ることも、子供の立ち入りも許されていない。汚染地域はまるで逆転した世界になっている」小出・京都大助教、京都で講演『子供の被曝減らせ 原子力容認は大人の責任』(03/25/2012)
記事帰村で全村民が戻れるなんて思ってません」遠藤雄幸村長は感涙にむせた。『“原点”を知った そして・・・―川内村』(03/25/2012)
記事 北海道の黒松内町は、『震災がれきの受入れをしないと発表』IAEAの国際基準はセシウムが1kgあたり100ベクレルを超える場合は低レベル放射性廃棄物処分であり、福島県内限定の8000ベクレル基準を広域処理にも転用することには応じられないと。住民を守る自治体として極めてまともな判断だろう。(03/25/2012)
記事がれき受け入れ、環境相が福岡知事らに要請へ 25日に訪問』しかし、福岡市長は現状を県民に伝え受け入れはNOの方針「動画:災害廃棄物(がれき)の受け入れについて」(03/25/2012)
記事核燃料サイクルはフィクション。電力の自由化で九電力体制を、大改革する必要がある」という『福島第一原発4号機建屋に入った唯一の国会議員、馬淵澄夫・元国交相の提言』(03/23/2012)
動画大飯原発“再稼働”は認めない』3/21KTV(03/23/2012)
大飯原発“再稼働”は認めない

(動画)

大阪府市統合本部のエネルギー戦略会議のメンバーが、再稼働に近い原発と言われる関西電力大飯原発を視察した際の模様。安全面の他、コメンテーターの青山繁晴氏のテロに対する核防護の点からの指摘は重要。また、同意を要する地元の範囲の曖昧さなど、政府の一貫性のなさも厳しく批判している。
記事 注目!! 原発事故後、過去に例がなく『心不全が有意に増加、ACS、脳卒中も』「東日本大震災後に・・」との記事タイトルだが内容を咀嚼すると「原発事故後・・」と読み替えていいだろう。最近、心筋梗塞で死亡のニュースをよく聞くがセシウムの影響ではないのか。(03/23/2012)
記事 注目!! 昨年暮れの記事だが、再掲。ウクライナの小児科医警告『汚染地域子供は病気になりやすく、治りにくい』ここで言う「汚染地域」とは福島県はもとより関東のホットスポットも該当する。ホットスポット参考記事(03/23/2012)
記事 要チェック!! 関東のホットスポットの方へ。あまり報道されていないが国の定めた「汚染状況重点調査地域(ホットスポット)」の15歳未満の者を有する世帯も松本市が避難者受入れ中。菅谷昭・松本市長ちなみに松本市長は医師としてチェルノブイリ原発事故の医療支援活動に5年半、ベラルーシで従事した菅谷昭氏
広域避難者受入れに関する松本市の対応』放射性物質汚染対処特措法に基づく『汚染廃棄物対策地域、除染特別地域及び汚染状況重点調査地域の指定について
ホットスポット参考記事(03/23/2012)
記事 注目!! 福島県教委が『「原発の是非に触れるな」と指示 現場は混乱』まるで戦時中の「鬼畜米英」的洗脳教育と同じだ。報道管制のような新聞のチラシ規制も大問題。福島は大丈夫か!?(03/22/2012)
動画電気代値上げ断れる 東電社長が謝罪』ANN(03/22/2012)
電気代値上げ断れる 東電社長が謝罪

(動画)

今回も、「不都合なことは黙っているという相変わらずの小ずるい体質」を自らさらけ出した東電だが、問題は電力事業が競争がなく消費者に他の選択肢がない独占形態であることだ。もう解体して電力自由化に向かうしか手立てはないだろう。
新着 必聴!!小出裕章氏(京大)がガレキ処分について(YouTube音声)』(03/22/2012)
「放射能はなるべくコンパクトに集めて、その場で閉じ込めることが原則なので、一刻も早く、汚染地に専用の焼却炉を作るように求めるべきだが、広域処理をする場合は、フィルター等の取り付け・灰を東電に返す、という2つの条件がなければやってはいけない」と。
記事 原発停止による発電コスト上昇は一時的『天然ガスが恒久的に原発を代替できるこれだけの理由』(03/22/2012)
記事 石丸隆・東京海洋大教授は「福島県沖での漁再開は今後1、2年は難しい」と。『放射性物質:福島県いわき市沖の海底生物で高い値』(03/22/2012)
新着 必見!!原子炉の冷却機能の喪失を想定 2010年10月21日に行った原子力総合防災訓練
平成22年度原子力総合防災訓練菅前首相らは原発事故の5か月前にちゃんと訓練していてSPEEDIもマニュアルに書かれてあった。(03/21/2012)
記事 あの夜、フランス政府が手配した軍用機で日本から避難した震災から1年『パリで暮らす福島県人の想い』異国の地にある同胞を避難させる外国、国民を被爆させる道を進む日本。この差は何だろうか。(03/21/2012)
記事 注目!! 嗚呼、あの日のあの時にこの知見を持っていてもらいたかった。菅直人前首相、『3・11の真相を語る』動画『フクシマのうそ』のインタビューでも同じ事を語っている。(03/21/2012)
記事 注目!!福島県拡散予測消去 3/11当夜から受信5日分』(03/21/2012)
福島県、SPEEDIデータ4日分消去

(TBSニュース)

やはり!福島県は昨年3/11の事故当夜から放射能拡散の予測データをメールで入手していたが住民には公表せず
参考記事→『裁かれるべき福島県知事の大罪
記事 書評『プロメテウスの罠―明かされなかった福島原発事故の真実-朝日新聞特別報道部』→書籍はこちらで(03/20/2012)
記事 新聞のチラシに規制が?事実なら戦時中の報道管制と同じだ。『福島で放射能の話題タブーになっている』(03/20/2012)
記事 死因は?『警戒区域入った女性死亡 福島県浪江町』(03/20/2012)
記事 今月で組織が消えるはずの「原子力安全・保安院」が最後のあがきなのか好き放題にやっている、いい加減に彼らの暴走を止めないのか。『核燃サイクル施設、認可次々 政策見直し中に駆け込み?』『福島第二原発1号機、30年超認める』(03/20/2012)
動画 必見!!東電の電気代(大口向け)「値上げは断れる』3/19ANN(03/20/2012)
東電の電気代(大口向け)「値上げは断れる」

(動画)

企業の方々へ-お急ぎ下さい!】東京電力が4月1日から実施予定の企業向け電気料金の17%値上げは、同社に値上げを了承しないと伝えれば現在の契約期間内は現行料金が適用されることが判明した。この件を、あえて告知せず、顧客を騙し討ちするような東電のズル賢い姿勢に批判の声が上がっている。原発事故対応や被害者補償でも言えることだが、やることなすことがこれほど姑息かつ傲慢に見える会社が大企業の中であっただろうか?
参考記事(東京新聞) | 参考ブログ(河野太郎氏)
動画 必見!!フクシマのうそ』独ZDF(03/20/2012)
フクシマのうそ

(動画)

独ZDFハーノ記者の取材による渾身のドキュメンタリー・リポート。福島原発で仕事をしてきたナカ・ユキテル氏や菅前首相、かつて東電のトラブル隠蔽を告発した(参考記事)米GE社の元技術者ケイ・スガオカ氏、佐藤栄佐久前福島県知事、衆議院議員河野太郎氏らへのインタビューを通じて「原子力ムラの無責任な実体を浮き彫りにし今回の事故の根源に迫っている。これを見れば事故が人災であること、そしてその犯人は誰の目にも明白だ。番組は、不安定な4号機の燃料プール崩壊(参考記事)を招きかねない首都直下型大地震が高確率で迫っている(参考記事)と予測する地震学者の島村英紀氏の話とそれに対する東電責任者の頼りないインタビューで終わっているが、日本のマスメディアには、ここまで真実を暴く勇気はあるか?(書き起こし記事)(ハーノ記者へのインタビュー動画
記事 ベラルーシ医師バンダジェフスキー氏が来日、放射性セシウムによる子供の突然死の危険性を指摘。『内部被ばくの調査徹底訴える』参考書籍「放射性セシウムが人体に与える 医学的生物学的影響: チェルノブイリ・原発事故被曝の病理データ」(ユーリ・バンダジェフスキー著)(03/20/2012)
記事 放射性セシウム飯舘村の土壌から15万ベクレル』(03/20/2012)
記事「もう1度原発が破裂したら、日本人は生きていけない」と、『大江さん、仏で原発再開反対訴え』(03/19/2012)
動画 必見!!姜尚中が見た“脱原発” ドイツで今起こっていること』3/16ANN(03/19/2012)
姜尚中が見た“脱原発” ドイツで今起こっていること

(動画)

日本もたどらねばならない気が遠くなる「廃炉作業」の現実。ドイツに留学していた政治学者の姜尚中氏が、現地を取材した。テレ朝番組解説ページ
動画独ZDFハーノ記者へのインタビュー』3/17NHK・BS(03/19/2012)
独ZDFハーノ記者へのインタビュー

(動画)

被災者はもう政府も電力会社もメディアも信頼していない。置き去りにされたと感じている。国のエリート達に見捨てられたと思っている。この国のエリート達はもう何もしてくれないんだと・・・。
新着 必見!! 米国の原子力専門家アーニー・ガンダーソン氏緊急インタビュー『東京で採取した土壌は米国では放射性廃棄物レベルだ!』(03/19/2012)
記事核燃料サイクルはフィクション」という福島第一原発4号機建屋に入った唯一の国会議員、馬淵澄夫・元国交相の提言(上)『46都道府県に使用済み核燃料を分散して保管する(下)はこちら(03/16/2012)
記事 上杉隆『除染”の真実…成功することはない』(03/16/2012)
記事 東京都議会で自民、鈴木隆道議員が『放射能浴びた方がいい。正常になるんじゃないか』とヤジ(03/16/2012)
新着 必見!!震災がれき-島田市の受け入れ決定と被災地での再生利用の道』3/15ANN(03/16/2012)
震災がれき-島田市の受け入れ決定と被災地での再生利用の道

(動画)

島田市長 産廃」での検索結果を見ると桜井市長が瓦礫受け入れに熱心な理由の一つが見えてくる。
動画 必見!!カメラが見た福島第一原発2号機圧力抑制室』3/15ANN(03/16/2012)
カメラが見た福島第一原発2号機圧力抑制室

(動画)

高濃度の放射能漏れを起こし広範囲に及んだ汚染の最大の原因と予測されている2号機建屋の地下にカメラが初めて入った。ここの破損は津波の到来前に起きていたのではないか
動画 必見!!放射能の子供たち”Children of Radiation”』3/1英BBC(03/15/2012)
放射能の子供たち

(動画)

英BBCが放射能警戒区域から避難した子供たちの日常を取材。3月1日に放送した約1時間のドキュメンタリー「津波の子どもたち(Children of the Tsunami)」の一部に独自の日本語字幕(&部分的に英語字幕)を付けたもの。(日本語字幕を見るには画面右下の「cc」ボタンをクリックしてください。)
記事 上杉隆『放射能汚染”の真実…福島、郡山市に人は住めない』郡山市で放射線の空間線量は民間が毎時1.8μSv、県庁発表は0.6μSvと3倍の開き。なぜなら県庁は測定前に地面を水で洗ってるからとか。酷い話だ。(03/15/2012)
記事 フランス放射線防護原子力安全研究所(IRSN)が「2012年2月時点での福島原発事故による健康への影響」を分析。「日本政府の被曝調査に大きな“手抜かり”がある」と指摘。『』『』(03/15/2012)
記事 上杉隆『福島第1原発から放射性物質ダダ漏れ』(03/15/2012)
記事 国が生涯にわたって健康診断を行うことなどを盛り込んだ『放射性物質から守る”野党が法案』(03/15/2012)
記事 福島第1原発事故で東電に映像記録が存在。『菅前首相に応対中…4号機爆発』『幹部は死んだっていい俺も行く 菅首相、原発危機的状況で東電に』など(03/15/2012)
動画 必見!!討論「日本の原発どうする!?」反原発・小出裕章氏 vs 原発推進・澤田哲生氏』3/7MBS(毎日放送)ラジオ「たね蒔きジャーナル」(03/14/2012)
討論「日本の原発どうする!?」反原発・小出裕章氏 vs 原発推進・澤田哲生氏

(音声と図解入り動画)

京大・原子炉実験所助教の小出裕章氏と原発推進派、東工大原子炉工学研究所助教、澤田哲生氏が『原発の過去と、現在、そして未来』について討論。原発事故後1年、推進派の学者はあまりメディアに出なくなった中、出演した澤田氏と反対派として一貫した主張を続ける小出氏の話を聞いてどちらの考え方、感覚がまともだと思いますか?
主なテーマ:「ストレステスト、冷温停止状態、4号機の危険性、1号2号3号燃料取り出し、地震大国日本で原発推進すべきか、浜岡原発停止の意味」
記事 1平方メートル当たり約3000キロベクレルで、原発から半径20キロ圏内の警戒区域内の土壌汚染濃度に相当『放射性物質ダム底の泥に 雨で川へ流れ濃縮か 福島』(03/14/2012)
記事 1年後の現在では地中30センチにまで浸透か。除染にも影響。『放射性物質、雨水に押し流される?』(03/14/2012)
記事「核のゴミ」の地層処分計画は、世界各地で国を揺るがす問題となっている。脱原発のドイツでも計画が白紙に。『世界で迷走、核のゴミ』(03/14/2012)
動画 必見!!「圧力がかかって番組を切られても本望」震災特番生放送で古舘伊知郎が“原子力ムラ”の圧力に言及、覚悟の宣言』3/11ANN(03/13/2012)
「圧力がかかって番組を切られても本望」古舘伊知郎、覚悟の宣言

(動画)

3月11日のテレビ朝日、震災特番『報道STATION スペシャル』の司会・古館伊知郎が番組のエンディングで語った言葉が波紋を呼んだ。
古舘伊知郎

古舘伊知郎

「番組に関して後悔すること」の一つとして、原発に関してこれまで放送した「津波で原発が壊れたのではなく、それ以前の地震によって一部が損壊していたのではないか」(関連動画「事故は津波前の地震から起きていた?」・関連動画「メルトダウン 5日間の真実」)という疑問のさらなる追求ができなかったことを挙げ、原子力ムラ”(原子力業界)からの圧力で番組内容に変更があったことを暗に認め、今後の報道ではそれに屈しないと覚悟の宣言をしたからだ。これからの番組の動向を注視したい。関連ニュース
記事 日本の処分場問題は身動きが取れない状況だ。『脱原発しても核のゴミは存在』(03/13/2012)
記事 原発事故で東京に住む人がこの1年間に水や食品の摂取によって受けた放射線量。『“都民が受けた放射線量”試算』(03/13/2012)
記事 放射線汚染廃棄物の格納容器などへの利用を期待。『ブラウン管廃材で放射線遮蔽材』(03/13/2012)
記事「もう、騙されてはいけない」小出裕章氏の『図解 原発のウソ』(扶桑社)が出版された。(03/12/2012)

新着 日本国会前「人間の鎖」と豪、仏、独、台湾、韓国など映像7本。『世界各地の反原発デモ』TBSニュース(03/12/2012)
記事「脱原発かどうか」以前の問題『捨て場がない核のゴミ』(03/12/2012)
記事 浜岡原発には「同じ思いをするのはもう嫌。運転を再開しないでほしい」と。『帰れない故郷、放射能で汚染 福島から下田へ避難の2家族』(03/12/2012)
新着 必見!!ネットワークでつくる放射能汚染地図5 埋もれた初期被ばくを追え』3/11NHK・ETV特集(03/12/2012)

ネットワークでつくる放射能汚染地図5(前半)

(動画:前半)

動画【前半】【後半(ポップアップウィンドウが開きます)
原発事故初期に放出されたヨウ素131は、甲状腺がんの原因になる危険性があるが、半減期8日と短い間に消失してしまうため、今回の事故で国は、事故初期の現場の混乱などによってヨウ素131の動きを十分に把握できず、住民の内部被ばく調査も行わなかった。無防備なままヨウ素131にさらされた可能性がある子どもたち。しかし、事故初期に独自の甲状腺調査が行われていたことや、未公開の原発周辺のデータがあることが判明NHK番組解説ページ
福島「原発反対集会」

(拡大)

記事 原発事故1年 痛恨の思いを込めた福島県民の叫び福島では1万6000人集結…原発反対集会』(03/12/2012)
記事 原発事故1年 80キロの「人間の鎖」『たいまつ手に反原発訴える』(03/12/2012)
記事 原発事故1年 世界各地で「原発反対」の声『人間の鎖6万人』(03/12/2012)
記事 原発事故1年 世界各地で脱原発集会フクシマを忘れるな』(03/12/2012)
記事 原発事故1年「原発大国」仏でも反原発、同国では過去最大規模『6万人が約230キロの「人間の鎖』(03/12/2012)
記事 原発事故1年福島第一はいまだに課題山積』(03/11/2012)
記事 3月15日に4号機の水素爆発で作業員の大半が退避した時点で『米、日本の原発事故対処能力疑う』その後、特殊専門部隊「CBIRF(シーバーフ)」を日本に派遣。(03/11/2012)
記事 ドキュメンタリー映画「friends after 3.11【劇場版】」が3月10日に公開。女優で写真家の松田美由紀さんが舞台挨拶『女優として“脱原発”を唱えることに「制限なんてない!」』(03/11/2012)
動画 必見!!世界からみた福島原発事故』NHK・BS1(03/10/2012)
世界からみた福島原発事故

(動画)

福島原発の原子炉「マーク1」格納容器が小さいことや地震に弱い構造が欠点だった。同じ原子炉の運用に際し、手動ベント設備など2重、3重の安全対策を自分たちで行なったのがスイスの原発。東電は、彼らから一層の安全対策をするようアドバイスされたが耳を貸さず、頑固なまでに「他人(米国)まかせ」で身勝手な安全神話を信じ込んでいた。
全交流電源喪失

(拡大)

だが、その米国は、東電が無視していた「全電源喪失対策」に取り組んでいた上、「マーク1は地震国での安全対策は特に考慮していなかった」などと今になってうそぶき、今後も原発推進の継続を決めている。一方、安全対策に慎重に取り組んできたスイスは脱原発へと舵を切った。不謹慎だが、童話になりそうな話だ。NHK「ドキュメンタリーWAVE」
自見庄三郎

自見金融担当相

記事 注目!!自見庄三郎金融担当相が「泥かぶっても道筋を」』と原発再稼働を主張していた。政府の議事録公表で明るみに。(03/10/2012)
動画 必見!! 放射能と食品検査5分動画2本『放射性セシウム 計測機器メーカーの挑戦』『を安全に食べるために』(03/10/2012)
記事 注目!! 60基が建設中、計画中・発注済は163基。『フクシマ後も発展途上国で加速する原発建設』日本の輸出先国の技術者育成は事故を起こした原子力ムラが行う。大丈夫か?(03/10/2012)
枝野幸男

枝野経済産業相

記事 原子力災害対策本部会議の議事録が、『議事概要』として公開された。「メルトダウンの可能性がある」と事実を述べた原子力安全・保安院の中村審議官は翌日更迭されたがこの人は?詭弁番長・枝野官房長官『「メルトダウンしていない」はだった』(03/10/2012)
記事 収穫後の全袋調査が条件『コメ作付け、1カ所除き実施へ=100~500ベクレルの61地区』(03/10/2012)
記事 注目!! 地元に金が落ち、雇用も発生する地元での瓦礫処理が実のある応援だろう。元々、使ってない土地が一杯あり、処理されなくても困らないのに、税金を青天井に使って全国に運び出す必要がどこに有るのか?田中康夫氏『笑止千万!「みんなの力で瓦礫処理」』(03/09/2012)
NHKスペシャル新着 必見!!調査報告 原発マネー~“3兆円”は地域をどう変えたのか~』3/8NHKスペシャル(03/09/2012)
動画 必見!!福島4号機燃料プールが崩壊すれば日本の終わりを意味する』3/7独ZDF(03/09/2012)
4号機燃料プールが崩壊すれば日本は終わり

(動画)

4号機の使用済み燃料プールには1300本以上の使用済み燃料棒がある上、使用前のものもたくさん貯蔵されている。万一、強い地震で建屋が崩壊すれば新たな連鎖反応が起き、それは日本にとっては終わりを意味する。(同時通訳)
関連動画】小出裕章氏(京大)『4号機燃料プールが崩壊すれば日本は”おしまい”です』3/7ANN
関連記事福島4号機 プールのヒビ割れでも人類史上最悪事態に
動画 必見!! 3/17公開映画『フクシマ2011~被曝に晒された人々の記録 特報』(03/09/2012)
フクシマ2011~被曝に晒された人々の記録

(動画)

東日本大震災で地震と津波、そして原発事故の三重苦を強いられた人々の姿を追ったドキュメンタリー。
監督:稲塚秀孝 語り:仲代達矢 公式サイト
記事 スイスの週刊新聞「ヴォッツ」の編集長スーザン・ボース氏に聞く。『低線量被曝との終わりなき戦いは続く』(03/09/2012)
記事 スタッフが皆さまざまなリスクを抱えていた、NHK「ネットワークでつくる放射能汚染地図」『いま明かされる舞台裏とは』(03/09/2012)
記事 血税による除染費用1兆円予算!しかも20年、30年と続き、土壌の中間処理施設などの建設も必要になると30兆円は下らないという。『放射能除染で 建設業者「これでしばらく食いっぱぐれない』(03/09/2012)
記事 3/12、吸い込みによる初期被爆が原因か!? 弘前大学床次眞司教授らが、事故の約1カ月後に行った住民65人の測定結果を分析『甲状腺被曝、最高87ミリシーベルト 50ミリ超も5人』(03/09/2012)
記事 放射線医学総合研究所『福島第一原発事故で拡散、プルトニウム241初検出』(03/09/2012)
新着消防士が撮った3号機水素爆発の写真』TV動画ニュース 「3号機の爆発の模様」動画はこちらで(03/08/2012)3号機水素爆発
記事 スイスの行政裁判所『福島第1と同型原発稼働停止命令』(03/08/2012)
記事 【原発】『前例なき燃料棒の取り出しへ 4号機』動画ニュース(03/08/2012)
動画 必見!!放射線のリスク-被曝の人体への影響』3/7BS11「INsideOUT」(03/08/2012)
被曝の人体への影響

(動画)

「被曝に”しきい値”は存在せず、出来る限り被曝しない方が良い」と主張する元放射線医学総合研究所主任研究官、崎山比早子氏が許容被曝線量の危険度、被曝による健康被害への将来予測を解説。
記事 注目!! 放射能汚染は首都圏の生産者の暮らしをどう変えたか?漁師と農家が語る「原発事故」と「生産者のいま」『“見えない敵”と闘い続ける漁師×農家対談』(03/08/2012)
記事東京都葛飾区・鎌倉公園の土壌から1万6200ベクレル』しかし、区は「除染は空間放射線量を基準に実施しており、土壌の放射線量は考慮しない」と!?(03/08/2012)
記事除染作業いたちごっこ。半年や1年の努力ではどうにもならない」と嘆く福島市渡利地区の幼稚園長『混乱する除染現場、放射性物質汚染地域に募るむなしさと不安』(03/08/2012)
記事 岩手、宮城、福島、千葉県の子ども21人の内『13人の尿にセシウム』(03/08/2012)
記事 必聴!! 東電福島第一原発では明らかな労働基準法違反が行われている!1~4号機は放射性蒸気はずっと出たまま被ばくすることが仕事」東電元請は1人日当約10万円以上→6次、7次下請は当たり前で末端作業員日当は約7000円に!『TVでは報道しない原発事故末端作業員驚きの証言(YouTube音声)』文字起こし(03/07/2012)
動画 必見!!日本政府は除染ショーをしているだけだ』3/5豪ABC(03/07/2012)
日本政府の除染ショーオーストラリアABCテレビが福島の除染問題を取り上げた。効果が不明な除染を大規模に行うことに固執する細野環境相や2度の避難を余儀なくされた住民の政府不信の声、武田・中部大教授の批判コメントなども紹介している。(字幕付き)
新着 海洋汚染 12月5日~16日、30地点の試料採取の分析結果。『宮城県・福島県・茨城県沖における海域モニタリング結果』(03/07/2012)
記事 注目!! 放射性物質の排出には海藻や果物を!『放射性物質を吸着・排出する2大成分とは?』(03/07/2012)
記事核廃棄物と真剣に取り組み廃炉ビジネスも視野に入れよ」毎日新聞社説『原発政策転換 脱依存の道筋早く示せ』(03/07/2012)
記事 国の対応は半年遅い!国会議員は物見遊山だ!! 原発立地首長は背伸びした街作りから脱却すべし『遠藤勝也・福島県富岡町長インタビュー』(03/07/2012)
記事 海洋汚染 海洋研究開発機構が試算『セシウム流出量、東電推計の6倍、5600兆ベクレル』(03/07/2012)
記事 国民が税金を払ってセシウムをもらう放射能がれき受入事業は、「絆」や「復興支援」は題目であり、あくまでも利益追求のビジネスだ。『支援なのかビジネスなのか?』(03/07/2012)
新着 要チェック!!こんな放射線マップを待っていた!各地の自治体などでバラバラの形式の空間放射線量データを統合して一つの地図に表示する『集合的標準化による放射線量マップ』個人で測ったデータも簡単に登録できるという。関連ニュース(03/06/2012)
動画 必見!!福島のこれから チェルノブイリの今』3/5関西テレビ(03/06/2012)
福島のこれから チェルノブイリの今避難先から元の土地へ戻る福島第一原発周辺住民の「帰還」について検討が進められているが、帰還が絶望的な場所も少なくない。一方、26年前に事故があったチェルノブイリ原発の周辺にも、住民が避難したまま放置されている街がある。厳しい状況に向き合いつづける現地を取材。
記事敦賀原発敷地でM7・4の地震の可能性が高い』(03/06/2012)
記事 洗う?ゆでる?放射能に負けない食べ方。『おひたしや酢漬けもオススメ。調理法でここまで除染できる!』(03/06/2012)
記事コメの放射性物質検査機を開発=5秒で判定』(03/06/2012)
記事 注目!! 放射線被爆か?医師は同地からの避難を推奨。『ホットスポット千葉県柏市周辺で検査、子ども17人中8人に「末梢血リンパ球異常」発見!』(03/06/2012)
動画 必見!!原発4.5km大混乱の中、闘った病院』(03/06/2012)
原発4.5km大混乱の中、闘った病院震災直後に患者を置き去り(そのまま亡くなった方もいる)にして病院スタッフが逃げたと報道をされた双葉病院、真相は?実は、文明国家として信じがたく許せないほど危機管理体制がなかったのだ。

新着 必見!! 平成23年11月に放送(平成24年3月に再放送)されたNHKアーカイブス『シリーズ原子力』から秘められた巨大技術」「調査報告 チェルノブイリ原発事故」「地球核汚染・被爆国日本の視点~ヒロシマからの警告~」の3本を掲載(03/05/2012)
動画 必見!!原発事故 100時間の記録』3/3NHKスペシャル 解説ページ(03/05/2012)
原発事故 100時間の記録救えたはずの人を置き去りにせざるを得なかった浪江町の消防団員の無念、正しい情報が何も伝えられず曖昧な避難指示に翻弄された双葉町の病院スタッフの悔しさ等々・・・「北西だけは避けて逃げろ」とだけでも叫び続ける人間が政権中枢に一人もいなかったのが悔やまれてならない。菅前総理が何と言い訳しようが「避難誘導」に関する責任は100%彼らにある。SPEEDIによる避難誘導がきちんとなされていれば、住民は無用な被爆もせず、また亡くならずにすんだ命もあった。行政の不作為というより明らかな「未必の故意」の傷害致死罪が当時の為政者たちには成立するだろう。
新着 日本海側の北海道北部で何と2,600万KW(原発26基分)の風力発電量が見込めるのに何故利用しない?ANN動画『風力発電参入を阻む壁 “くじ運次第”の現実が』(03/05/2012)
要チェック!! 必読!! 東日本大震災1年・放射能まとめ除染対策汚染の広がりと対策 日常奪った放射能』関連ページ『ブックマーク-除染』(03/05/2012)
記事 頭を悩ませる千葉ホットスポットの自治体。『保管場所なく滞る側溝除染 汚染土処理に悩む県北西部各市』(03/05/2012)
記事 「炉心溶融の可能性がある」と発言して広報を辞めさせられた中村審議官が正しかった。『原発事故の炉心溶解、1週間後に判断も保安院公表せず』(03/05/2012)
記事 注目!! ホットスポットの幼児のデータ(異型リンパ球)が心配。放射能健康相談.com診察室『首都圏で放射能の被曝を心配し来院した61名の血液検査の結果』(03/04/2012)
記事放射能は見えん。大丈夫やと思っていたけどやっぱりだめだったでは遅い」と福島第一原発事故で懸念される内部被ばくの危険性を、ビキニ水爆実験の教訓を元に指摘。『ビキニ 福島の教訓に』(03/04/2012)
記事 除染作業が、大雪を好む除雪作業のような“失業対策事業”に成り果てはしないか?現在行われている除染に疑問を抱いている大前研一氏の解説。『除染は事故後1か月で 1年後にやってもは意味ないとの指摘』(03/04/2012)
記事 福島第一原発の事故が大きく影響。『原子力の仏アレバ大幅赤字に』(03/04/2012)
新着 英BBC『警戒区域から避難した福島の少女の日常』(03/03/2012)
記事 【3.11】凄い距離だ!原発大国フランスで、異例の規模(3万~5万人)、過去最大の脱原発の行事となる見通し『仏で脱原発「人間の鎖」230キロ』(03/03/2012)
記事 NHK水野倫之・ 解説委員『時論公論「原発事故 危機管理の課題」』関連記事→【民間事故調報告】『まとめのページ』(03/03/2012)
記事 民間事故調の報告が出て、関係者も白状しやすくなったのか。『文科相ら「公表できない」SPEEDIの拡散予測』関連記事→『SPEEDI 隠蔽』(03/03/2012)
記事 民間事故調の報告を国政調査権でさらに突っ込んでもらいたい。『原発事故調 国会の強い権限を生かせ』(03/03/2012)
記事東電融資、銀行団が了承へ』但し、値上げと原発再稼働が、融資条件であることに要注意。東電延命のための原発再稼働など本末転倒甚だしい。(03/03/2012)
新着 要チェック!! 高崎(群馬県)の放射性核種探知観測所で探知された 『2/22時点のCTBT放射性核種探知状況セシウムは134、137ともに毎日飛散しているが、2/17~18は普段の10倍の量2/15-16の福島市のセシウム降下量(PDF)の増加と連動しているが、何があった?(03/03/2012)
記事 東北の農家、そして関東のホットスポットでも『進まぬ放射性廃棄物処理 一時保管にも限界』やはり東電の原発敷地で保管施設を造るしかないのではないか?(03/03/2012)
記事 荒川河口付近の海底で、いずれの地点も1000ベクレル/kg以下だが『原発事故由来セシウム濃度 東京湾じわり上昇』(03/02/2012)
記事 注目!! 10都県議会で少なくとも20人いる!東京電力に社員として籍を置きながら地方議会の議員を兼務する『東電社員議員の名簿』(03/02/2012)
新着 必読!! 国民が恐れているのは、問題を曖昧にしたまま原子力行政が「いつか来た道」を走ることだ。元内閣官房参与、田坂広志氏へのインタビュー2回目。『原発再稼働に向け政府が乗り越えるべき「三つの壁』(03/02/2012)
動画 必見!! ドキュメンタリー2/23英BBC『Inside the Meltdown』(03/02/2012)
Inside the Meltdown原発事故発生当時を描いた英BBCのドキュメンタリー。東京消防庁の夜中の放水作業の様子など日本の報道では見られないオリジナル映像や「SPEEDI情報は担当部局から一切説明が無かった」と言い訳する菅前総理のインタビューもある。英語字幕スーパーだが登場人物はもちろん日本人なのでナレーション以外は日本語音声。
独立事故調報告書新着 必見!!民間事故調報告】『まとめのページ』にNHKが4か月にわたって民間事故調に密着取材した「“原発情報”クライシス~日本は何を問われたか~」(2月29日「クローズアップ現代」)映像をアップ(03/01/2012)
記事 何と、菅前総理は、原発事故前に軍事評論家の小川和久氏に原発対策を含む危機管理レクチャーを受けていた。教えを実行に移していれば今と違う日本があった可能性は大いにある。彼は切腹して国家に詫びる必要がある。『“ダメ菅”やっぱりサイテ~!』(03/01/2012)
独立事故調報告書新着 必見!!民間事故調報告】『まとめのページ』に「事故は津波前の地震から起きていた」ことを裏付けるかのような作業員の証言を報道するテレビ朝日「報道ステーション」映像をアップ(03/01/2012)
記事 原発情報監視サイトを広告代理店「アサツーディ・ケイ」が国税約七千万円で受託しているが原子力ムラの影響下では「速やかに正確な情報を提供」することは困難なのでは?『エネ庁ネット監視 原発デマ対策HP 半年経ても未完成』(03/01/2012)
記事 必見!!民間事故調報告・続報】「人の言う事を聞かない原子力ムラ」の体質か? 保安院は米の「原発の電源喪失などを防ぐためのガイドライン」を無視していた。『原発安全対策 米の助言放置』(03/01/2012)
記事 原発報道で東電や政府が使う言葉、いわゆる曖昧な「霞ヶ関文学」に騙されてはいけない。小出さん(京大)曰く除染は移染のことであり中間貯蔵は最終処理と読み替える必要がある。たね蒔きジャーナル・小出裕章氏(京大)』(03/01/2012)
新着 要チェック!! グリーンピースによる放射能調査結果「第4回目:冬のお魚調査(養殖魚含む)」。『原発・放射能関連ブックマーク』更新(03/01/2012)
記事 気象研が試算『第1原発からセシウム4万テラベクレル大気へ』(03/01/2012)
(原発・放射能情報-新着バックナンバー)
今月の新着 2014年8月の新着 2014年7月の新着 2014年6月の新着 2014年5月の新着 2014年4月の新着 2014年3月の新着 2014年2月の新着 2014年1月の新着 2013年12月の新着 2013年11月の新着 2013年10月の新着 2013年9月の新着 2013年8月の新着 2013年7月の新着 2013年6月の新着 2013年5月の新着 2013年3-4月の新着 2013年2月の新着 2013年1月の新着 2012年12月の新着 2012年11月の新着 2012年10月の新着 2012年9月の新着 2012年8月の新着 2012年7月の新着 2012年6月の新着 2012年5月の新着 2012年4月の新着 2012年3月の新着 2012年2月の新着 2012年1月の新着 2011年

サイト支援のお願い当サイトの維持のため寄付や広告出稿によるご支援をお願い申し上げます。