原発・放射能情報
ブルーウォーターワールド

2011年3月11日の東電福島第一原発の事故後、「放射能汚染の状況と対策」や「原発と放射能に関する最新情報」をお伝えすることを目的に本サイトは開設されました。 編集人Twitterロゴ
サイト支援のお願い
サイト一覧 最新ニュース 放射線測定器(ガイガーカウンタ) 関連書籍 防災グッズ  N95マスク 地震モニタ

2012年4月の新着

 

ほとんど報道されないが目を背けてはいけない現実arrow深刻!東電福島第一原発からは、今も毎日2億4000万ベクレルが大気中に、200億ベクレルが海に放出されている』(2013年10月7日、国会で東電社長が答弁して安倍首相が世界に言い放った「放射能は完全にブロック」のが露呈。)
動画&記事 必見!!
福島4号機倒壊はチェルノブイリの85倍の放射能放出に繋がる

福島原発4号機核燃料プール

先月、参議院の予算委員会で、元スイス大使・村田光平氏が「福島原発4号機が倒壊したら、『世界が未だかつて経験したことのない地球規模の大災害になるだろう』と世界で危惧されている」と報告したが、「福島4号機燃料プール問題」の情報を整理してみた。『福島4号機燃料プールが崩壊すれば日本の終わりを意味する』(04/30/2012)
記事 重大な岐路に私たちはいる。東京新聞社説『週のはじめに考える それでも原子力か』(04/30/2012)
記事 注目!! 油断していると襲いかかる不気味な地震。敦賀原発の活断層も心配だが「今、目の前にある危機」は間違いなく福島4号機核燃料プールだ。『予想されていた「原発震災」』をアップ。 福島原発事故よりずっと以前に行なわれていた石橋克彦神戸大名誉教授の講演「原発震災」で使われたスライドも掲載。(04/30/2012)
記事 必見!! 知らなかった衝撃の映像。反原発グループ「ストップ・ザ・もんじゅ」の代表、池島さんの自費制作ドキュメンタリーフィルム『「山のかなた」巨大地震が原発を襲うとき…一瞬にして全てが奪われる(2009年のドキュメンタリー)』 GW中にじっくりご覧を。(04/29/2012)
動画電気代値上げ・再稼働・税金1兆円などが東電再建案』4/27ANN(04/28/2012)はて?東電はこの間まで「原発を再稼働させないなら料金を値上げする」と言っていたのではなかったか?犯罪企業、東電の嘘が続く。この再建案だと、際限なく国民の負担が拡大していく可能性がある。
動画橋下発言・再稼働か増税か 古賀氏が解説』4/27ANN(04/28/2012)
橋下発言・再稼働か増税か 古賀氏が解説

4/27ANNモーニングバード

大飯原発の再稼働を急ぐ政府に対して批判を繰り返してきた橋下大阪市長から、再稼働やむなしの発言が飛び出した。また再稼働をさせないためには増税もありうるとの考えも示した。その真意は?橋下市長のブレーンでもある古賀茂明氏が解説。
動画チェルノブイリ原発事故から26年』4/26NHK(04/27/2012)
今なお健康被害が増え続けているチェルノブイリを、今月、日本の国会事故調査委員会が訪れた。原発事故はどのような影響を与え続けているのか。その調査に同行した取材リポート。 チェルノブイリ特集はこちら
動画「電力会社の票が欲しいか」民主議員に訴え』4.25民主党エネルギーPT(04/26/2012)
4.25孫正義氏講演孫正義ソフトバンク社長が民主党議員を前に、電力料金の一方的な値上げを阻止するとともに電力の自由化発送電の分離など改革を進めるよう強く訴えた。また、値上げについて「仮に燃料費が上がっても、残りの部分で血のにじむ努力をしなくてはいけない。電力会社が血のにじむ努力をしたと聞いたことがない」と痛烈に批判した。まずは、コスト削減などどこ吹く風の「総括原価方式」を見直すべきだろう。枝野経産相は経験を活かしてこの「仕分け」をやったらどうだろうか。
新刊「影響がある、ない」-中川恵一氏、児玉龍彦氏ら意見の異なる専門家による討論をまとめた書。『低線量被曝のモラル』(04/25/2012)
記事 海洋汚染 海は確実に汚染されている。食物連鎖でセシウムが蓄積し、最終的には人間に返ってくる。『放射性物質による海洋汚染の現状』(04/25/2012)
記事原発周辺“除染せず”含め検討へ』チェルノブイリの例↓からも当然のことか。(04/25/2012)
記事 事故から26年を迎えるチェルノブイリの今を伝えるニュース2本。『チェルノブイリ原発周辺1千平方キロを「永遠に立ち入り制限』『チェルノブイリ事故:26日で26年 大規模除染を断念』(04/25/2012)
記事 消える官庁、原子力安全・保安院は『震災3日後 独断で撤退おまわりさんが先に逃げた格好で、これで官邸は現場の目を失い東電の情報だけに頼ることになった。(04/24/2012)
動画 注目!!小出裕章さんの反原発教室「優しく生きることと原子力」
4月22日、青山学院講堂で、落合恵子さんの司会で開かれた講演。2時間余りと若干長めのイベントだが原発の抱える問題や放射能汚染の影響について、わかりやすく解説、集大成的な話となっている。(04/24/2012)
記事 相変わらず税金使ってプロパガンダに執着する「懲りない文科省」だ。新聞魚拓です。クリック!→『4/23朝日新聞読者投稿欄「放射線をPRする冊子に怒り」』(04/24/2012)
動画 再掲!!元東電社員の告白 「私が東電を辞めたワケ」と20年前の”ある事故” …予見されていた炉心溶融』11/25/2011TBS(04/24/2012)
元東電社員の告白 「私が東電を辞めたワケ」福島の事故が技術面以前の、東電の人災であることの何よりの証言。4/23のテレビ朝日「TVタックル」に出ていた元東電社員で福島原発で働いていた木村さんの暴露証言を昨年取材したTBSの動画。彼は、2004年のスマトラ島沖地震で大津波が発生した時、福島県いわき市のミニコミ誌に「福島原発に同じような津波が来襲すればメルトダウンが起きるだろう」と投稿していたのだ。
音声 必聴!!小出裕章氏(京大)』ウランの広島原爆、プルトニウムの長崎原爆のことから、核燃料再処理(核燃サイクル)が既に手詰まりであることと既にある問題点について、小出氏がわかりやすく8分で解説。小出氏の特集ページはこちら(04/23/2012)
記事 21日開かれた「国会事故調・現地ヒアリング」で『浪江町民 「我々の未来を作って下さい』(04/23/2012)
記事 注目!! 何と、イオンなどが食品の放射能検査を国の基準より厳しくしていることに対し『食品の放射能検査「独自基準やめて」と農水省が通知』したという。信用を失っている国が何を言うか。戦時中の忌まわしき統制と同じ匂いがする。(04/22/2012)
動画 必見!!討論「原発は再稼動すべきか?」反原発・小出裕章氏 vs 原発推進・澤田哲生氏第2弾』4/18MBS(毎日放送)ラジオ「たね蒔きジャーナル」(04/21/2012)
討論「原発は再稼動すべきか?」反原発・小出裕章氏 vs 原発推進・澤田哲生氏

4/18MBSラジオ

「反原発派」京大・原子炉実験所助教の小出裕章氏と「原発推進派」東工大原子炉工学研究所助教、澤田哲生氏による討論の第2弾。「原発右翼」を自称する澤田氏は、最新の著作などで、日本における原発推進の重要性を現在も訴え、対する小出氏は、ご存知の通り、一貫して原発の即時撤廃を主張。第1弾討論はこちら
動画 注目!! 原発再稼働わたしはこう思う『エコノミスト・浜矩子氏』4/19ANN(04/20/2012)
原発再稼働わたしはこう思う エコノミスト・浜矩子

4/19ANN報道ステーション

これからは、経済優先ではなく、「老いらく国家」という言葉を引用しながら福島原発事故を契機に逆の方向を目指すべきだと語る。成長ではなく成熟を意識した生き方を目指そうということなのだろう。吉岡忍氏(ノンフィクション作家)こちらの方々のもどうぞ。
記事 必読!! 原発問題では、原発放射性廃棄物の受け入れをどこがするのかという「地域エゴ」だけでなく、「高レベル放射性廃棄物の最終処分」という重い負担を未来の世代に勝手に押し付けても良いのかという「世代エゴ」について我々の倫理が問われている。田坂広志氏(前内閣官房参与) 『「地元」の定義が変わり、原発再稼働は壁に突き当たる。「地域エゴ」と「世代エゴ」を超えなければ難題は解決できない』(04/18/2012)
記事 川に流れ込んだセシウムが行き着くところは東京湾。継続的監視が必要『セシウムによる東京湾の汚染の監視強化へ』(04/17/2012)
記事ホットスポット」を容易に特定できるらしいので便利そうだ。該当自治体には無償配布してもらいたい!それとも原子力産業、東芝はあくまでマッチポンプ型ビジネスでいく?『放射線を可視化できるポータブルガンマカメラ装置を販売開始』(04/17/2012)
音声 必聴!!矢ケ崎克馬氏「内部被曝の知られざる内幕」』4/16MBS(毎日放送)ラジオ「たね蒔きジャーナル」(04/17/2012)
矢ケ崎克馬

矢ケ崎克馬氏

以前から内部被爆について研究を重ね、警鐘を鳴らしている琉球大学の矢ケ崎克馬名誉教授が、今、内部被爆が原因と思われる子供達に起きている様々な事実を紹介し、政府の呑気な取り組みを批判。福島から離れた東京・町田市でも子供104人が外傷もないのにおびただしい鼻血を出すというのは尋常ではない。原発再稼働問題よりこちらの取り組みが先だろう。

動画“再稼働”は安全なのか? 空白の3年間とは』4/15ANN(04/16/2012)
“再稼働”は安全なのか? 空白の3年間とは

4/15ANN報道ステーション

政府はついに大飯原発の再稼働は妥当だと決断したが、地元の福井県知事は保留と発言、滋賀県知事や橋下大阪市長は厳しく批判している。大飯原発は再稼働させて本当に大丈夫なのか。準備の出来ていない免震重要棟やフィルター付きベント、防潮堤ができるまで地震がこないことを祈りましょうではただのバカだろう。そもそも新しい安全基準を福島事故のA級戦犯の保安院が即席で作り、原子力安全委員会は関わっていないこと自体異常だ。
動画と記事 注目!!原発ゼロでも温室効果ガス削減可能』4/12TBS(04/13/2012)
原発ゼロでも温室効果ガス削減可能

4/12TBSニュース

4月12日のテレビ朝日「報道ステーション」で、アルピニストの野口健氏が「温暖化防止のため原発即時停止はムリ」と発言し、ツイッターなどではひんしゅくの嵐だったが、彼にもこのニュースを見てもらいたい。逆に原発が周辺自然を破壊してきた事実を示すこちらの記事「原発停止で激変の海」も自然を愛し社会に影響力のある彼にこそ是非読んでもらいたい。
記事 東京新聞社説『“再稼働ありき” 経産省主導という誤り』そもそも国家・国民の重大事がたった4閣僚胸先三寸に委ねられ政局を左右する政治家の人気取りの材料になっていていいのか?(04/12/2012)
動画 注目!! 原発再稼働わたしはこう思う『吉岡忍氏(ノンフィクション作家)』4/11ANN(04/12/2012)
原発再稼働わたしはこう思う 吉岡忍さん

4/11ANN報道ステーション

3.11以後、いまも定期的に福島に通う吉岡忍さん。「最終的には使用済み核燃料は地層に埋めても10万年。今の我々の良心とか倫理が当然行き届かない、どうでもいいやとなってしまう。それは非人道的なことだ」と。こちらの方々のもどうぞ。
記事 再稼働に突き進む大飯原発だが『遅れる防災 オフサイトセンター改善未定 ヨウ素剤未確保』(04/12/2012)
新着 メジャー歌手が反原発ソングを。『MUSIC ALBUM for Anti-Nuclear Power』に沢田研二さん作詞・歌の新曲「F.A.P.P(フクシマ・アトミック・パワー・プラント)」を追加しました。(04/12/2012)
記事 こんな見方もある→国民の間では今や多数派の脱原発勢力が橋下徹に独占され政治的に利用される危険性を訴えるこの文章。なかなか読ませる看破力と洞察力だ。『再稼働阻止の国民意思を政治回収した橋下徹の手管』かつての小泉フィーバーや民主党の政権交代に期待し裏切られてきた国民。近づく選挙に備えて俯瞰的な視点が必要だ。(04/12/2012)
動画&記事 必見!!フクシマ-最悪事故の陰に潜む真実』仏独ARTE(04/12/2012)
フクシマ-最悪事故の陰に潜む真実仏独共同の国営放送局ARTE制作。独ZDFの「フクシマの嘘」同様、福島第一原発事故の重要なポイントが時系列でよくまとめられている力作。ガンダーセン氏、バスビー教授、上杉隆氏、佐藤栄佐久氏、鈴木智彦氏らへのインタビューもある。

記事 注目!!やっと訴追の動きが出てきた。 浪江町、 SPEEDI情報提供について国や県に対し刑事告発を検討福島第1原発事故『浪江町、 SPEEDI情報提供について国や県に対し刑事告発を検討』捜査当局が動かない以上民間でやるしかない、法治国家たりえないお粗末さだが、被告発人らは今なお国家の中枢でこの国を操っている。参考:裁かれるべき大罪『SPEEDI 隠蔽』(04/11/2012)
動画 必見!!大阪府・市、政府と関電に再稼働の8条件』4/10TBS(04/11/2012)
大阪府・市、政府と関電に再稼働の8条件

4/10TBSニュース

大阪府市連合が、本来、経産省がやるべき仕事をして結果を出しつつある。関西電力大飯原発の再稼働問題で大阪府と大阪市は、「新しい安全基準を作ること」など、再稼働を受入れるための8つの条件を決めて政府と関-西電力に突きつけた。4月末には原発無しでの安定供給見通しを出すことを全原発の再稼働を目論む関電に確約させたが、対照的なのが動画の後半に登場する枝野経産相だ。再稼働は拙速ではないと言い訳のような会見をする中で、「100Mの津波が来たら」とか「万一、再稼働して事故が発生したら政治生命をかける」などと逆ギレとも思える発言をしている。思い上がりも甚だしい。万一があったら枝野一人が切腹してもすむ話ではないはずだ。
記事 SPEEDIの件で、社民党党首の福島みずほ氏が、あらためて政府に問いただした質問主意書と答弁書を2012年4月10日付ブログで公開した。『裁かれるべき大罪「SPEEDI 隠蔽」』に追記。原発事故のA級戦犯官僚の往生際の悪い「東大話法」ぶりをまたもや露呈している。(04/11/2012)
記事
古賀茂明

古賀茂明氏

原発再稼働に転じた枝野大臣に裏切られたと思っている方は必読!!→古賀茂明氏『官々愕々 官僚にこそストレステストを』原発事故のA級戦犯でありながら今なお詭弁を弄する枝野大臣には「東大話法」大賞を進呈したい。(04/10/2012)
記事 福島第1原発事故米科学アカデミーが『独自の事故調設置』(04/10/2012)
記事 橋下氏が明確に「原発総選挙」を打ち出した。盛り上げて小泉「郵政解散」のように追い込めるか。『大飯原発再稼働「選挙で意思表示を」橋下市長が争点化』(04/10/2012)
動画 必見!! 大飯原発『検証「政治判断」で再稼働 免震重要棟なき安全対策』ANN(04/10/2012)
検証「政治判断」で再稼働

4/9ANN報道ステーション

何度でも繰り返すが、あの福島事故A級戦犯の班目原子力安全委員長でさえ今の基準では駄目だと言いサジを投げたのに、同じくA級戦犯の保安院と野田、枝野、細野ら素人閣僚4人組はどうあっても暴走を止めないようだ。失業しても、電気が足りなくても、そして有り得ないことだが例え100%安全だとしても原発は動かしてはいけないという本来の議論がなさすぎる。何万年後までの子孫に毒物を残す迷惑をかけることはもうやめようと決めることができないこの人間性の貧弱さ。文明に凌駕され精神文化を失った人間たち。
関連記事 大飯原発再稼働茶番劇の続報『安全基準におおむね適合と判断』(04/10/2012)
動画大飯原発「再稼働」の工程表を提出』KTV(04/09/2012)
大飯原発「再稼働」

KTVスーパーニュースアンカー

関西電力社長は9日、経産相に会い、再稼働をめざす大飯原発3、4号機の安全性向上策として、たったの3日で作った即席の工程表を提出した。あの福島事故A級戦犯の原子力安全委員会デタラメ委員長だって今の基準では駄目だと言っていたのに、同じくA級戦犯の保安院と野田、枝野、細野ら素人閣僚4人組の企みで着々と進む世紀の大茶番劇だ。
記事 第53回科学技術映像祭『NHKスペシャル「シリーズ原発危機」の「知られざる放射能汚染 海からの緊急報告」が最優秀』見逃した方→こちらでどうぞ(04/09/2012)
記事 30年間で250ミリ・シーベルト近く被曝する可能性も!『帰還後も除染続けないと、がん死亡リスク増加』(04/09/2012)
動画 必見!!MEGAQUAKE 津波はどこまで巨大化するか』4/8NHKスペシャル「世界は巨大地震が連鎖する“活動期”に突入したのではないか」次々と明らかになる巨大津波の新たなリスクにどう備えるのか。(04/09/2012)
動画 必見!!MEGAQUAKE いま日本の地下で何が起きているか』4/1NHKスペシャル「未知の日本列島に私たちは足を踏み入れた」これを見てもまだ原発再稼働しますか?(04/08/2012)
動画 注目!! 原発再稼働わたしはこう思う『1.橋下大阪市長2.安倍晋三元総理、小出裕章氏(京大)』ANN(04/08/2012)
橋下氏と小出氏のコメントは極めて当たり前で納得できるのに対し、原発推進の安倍氏の話は原子力ムラの影響か勉強不足も甚だしく驚かされる。
動画 必見!!アーニー・ガンダーセン氏福島原発事故を語る(来日時インタビュー)』TBS(04/08/2012)
アーニー・ガンダーセン氏インタビュー

TBSニュースバード

福島で最も危険4号機燃料プールについて。再び大きな規模の地震が起きて、もしプールにひびが入れば、燃料を冷却することが全くできなくなり燃料プールから放出したガスによって、膨大な数の犠牲者が出る。事故発生時、アメリカ政府は在留米国人に対して、80キロ圏内から退去するよう勧告したが、実は4号機を最も恐れてのことだ。スリーマイル島の事故で専門家として働いた氏が政府の情報隠蔽にも触れ、原発は、今や最もお金が掛かるエネルギーだと説く。ガンダーセン氏特集ページ | 4号機関連記事
動画 必見!!2日間で作った即席の原発“暫定基準”を決定 大飯原発再稼働問題』ANN(04/06/2012)
大飯原発再稼働

4/5ANN報道ステーション

選挙が近いことを意識してカネが必要な民主党は経団連と原子力ムラに取り込まれたのか?誰が見ても無茶苦茶原発再稼働への子供じみた行動。原発の安全性に暫定のものなどありえないのに、政府は、原発再稼働の条件となる暫定的な安全基準をあまりにも拙速に決定してしまった。
枝野幸男

枝野経産相

暫定基準案は、非常用電源車の配備など、すぐに準備できるものだけで防潮堤のかさ上げなど、他の時間のかかる安全対策30項目については、計画があれば再稼働できるとしたものだ。
2日間で作った即席の安全基準

4/6モーニングバード

再稼働ありきで基準を緩和していく。まさに本末転倒だ。会見する枝野経産相は、1年前「ただちに健康に影響はない」と連呼してSPEEDIを隠し住民を無用に被爆させたA級戦犯の一人だ。今回も、「ただちに大地震はこない」とでも言い訳するかのようだが、この男の詭弁的ないわゆる「東大話法」に騙されてはならない。
記事 注目!! 原発の大事故には現場の「放棄・撤退」問題が必ずつきまとう。ならば、最悪の場合、国民を守る最低限の「決死隊」が必要だ。原発再稼働を決める人たちは、原発事故で現場から作業員が撤退する事態になった場合に身内から「決死隊」を出す覚悟はあるか。先の戦争のように他人の子を特攻隊に徴兵せずにだ。原発を動かすということは国家と国民の存続に関わる面で戦争と同じなのだと強く意識させられる記事。『撤退するか残るか」。東電と菅首相が直面した究極の選択』(04/05/2012)
記事 海洋汚染 3月26日に続きまたもや!東電大公害犯罪企業として検挙してもらいたい。何故そうならない?『放射能汚染水、また海へ流出か 福島第一原発』(04/05/2012)
動画&記事 震災後の日本で放射線に対処している人々の生活を記録するエピソードビデオ『日本の震災後のサーファー、漁師、放射線』(04/05/2012)
音声小出裕章氏(京大)』(04/05/2012)
今回の低気圧による強風の影響で、「東通原発1号機の核燃料プールの冷却が40分停止したこと」や「福島第一原発1~3号機で水素爆発を防ぐための窒素封入が一時停止したこと」についてのコメント。「3.11以前にもこうしたことはあったのだろう」
記事 御用学者の発想につながる「東大話法」って何だと思いますか?これを読むと東電を軸とする原子力ムラの不可解さの謎がわかります。『現役の東大教授(安冨歩氏)が明かす平気で人を騙す「東大の先生たち、この気持ち悪い感じ」』→書籍「原発危機と「東大話法」」(04/04/2012)
記事 光合成で『セシウム9割近く除去も…藻に吸着させる新装置開発』(04/04/2012)
動画&記事 必読!! 河野太郎衆議院議員ブログ『東電は電力供給を打ち切れない
東電きょう値上げ 責任者が緊急生出演

(動画)

先日、東電騙し討ち的な電気料金値上げ問題に火を付けた河野議員がまたやってくれました。東電は、大口電気料金の17%値上げを開始する4月1日、執行委員・鎌倉賢司法人営業部長をテレビ朝日の「報道ステーションSUNDAY」に生出演(右動画)させ「契約期間終了後に値上げ拒否すれば電気を止める」と明言させたのだが、これもウソだったことになるのだ。国民をまたもや騙し討ちをしようとするこの会社の体質は一体何だ。騙し討ち値上げ関連記事1 騙し討ち値上げ関連記事2(04/04/2012)
記事 映画『核の傷』が4/7公開される。「日本政府が大至急に行うべき急務は新しいヒバクシャに対応する体制を整えること」だと肥田医師。『大江健三郎氏が綴る肥田舜太郎医師と内部被曝』(04/03/2012)
記事 海洋汚染 放射性セシウム事故前の100倍に 福島沖プランクトン』(04/03/2012)
動画津波想定を見直し 防波壁建設中の浜岡原発は21mの想定も』4/2KTV(04/03/2012)
津波想定を見直し

(動画)

政府は東海・東南海・南海の3連動地震によって最大クラスの規模を想定した震度分布や津波の予測を発表した。津波予測では10M以上が観測されるのが90もの市町村に及び、高知・黒潮町では34.4Mの津波を想定。一方、静岡県の浜岡原発では現在18Mの高さの防波壁を建設中だが、それを越える21Mの津波が今回指摘された。映像はKTVスーパーニュースアンカーより。
音声 必聴!!広瀬隆氏「事故は本当に収束したのか?~福島原発の真実」』4/2MBS(毎日放送)ラジオ「たね蒔きジャーナル」(04/03/2012)
長く反原発の市民運動を展開してきた作家の広瀬氏が、最近、「福島第一原発 ―真相と展望」を出版した米国の原子力専門家アーニー・ガンダーセン氏との会談を踏まえて福島4号機が抱える重大な問題と福島沖に横たわる双葉断層の不気味な動きによる大地震の可能性について語っている。4号機関連記事
動画災害廃棄物(がれき)について 福岡市長 髙島宗一郎x細野環境大臣』3/30(04/02/2012)
災害廃棄物(がれき)について福岡市長髙島宗一郎x細野環境大臣

(動画)

福岡市長髙島宗一郎氏は細野環境大臣と災害がれきについて話し合い「支援は瓦礫処理だけではない」ことを実例をあげてはっきりと明言。利権者と官僚の操り人形細野大臣の完敗だ。
記事 昨夜の地震ですぐに福島4号機が頭に浮かんだ。4号機には建屋内のプールに合計1535本、460トンもの核燃料があり、建屋は崩れかけ天井は吹っ飛んでおり予算をけちって手抜き工事、耐震強度に問題が残っているからだ。『宙に浮く燃料プール』→関連記事(04/02/2012)
動画&記事 福島第一原発が認可され建設までの2年半の記録。広大な敷地に注目して欲しい。がれき処分工場を建てるには十分な広さだ。『黎明 -福島原子力発電所建設記録 調査篇-』(04/02/2012)
(原発・放射能情報-新着バックナンバー)
今月の新着 2014年8月の新着 2014年7月の新着 2014年6月の新着 2014年5月の新着 2014年4月の新着 2014年3月の新着 2014年2月の新着 2014年1月の新着 2013年12月の新着 2013年11月の新着 2013年10月の新着 2013年9月の新着 2013年8月の新着 2013年7月の新着 2013年6月の新着 2013年5月の新着 2013年3-4月の新着 2013年2月の新着 2013年1月の新着 2012年12月の新着 2012年11月の新着 2012年10月の新着 2012年9月の新着 2012年8月の新着 2012年7月の新着 2012年6月の新着 2012年5月の新着 2012年4月の新着 2012年3月の新着 2012年2月の新着 2012年1月の新着 2011年

サイト支援のお願い当サイトの維持のため寄付や広告出稿によるご支援をお願い申し上げます。