原発・放射能情報
ブルーウォーターワールド

2011年3月11日の東電福島第一原発の事故後、「放射能汚染の状況と対策」や「原発と放射能に関する最新情報」をお伝えすることを目的に本サイトは開設されました。 編集人Twitterロゴ
サイト支援のお願い
サイト一覧 最新ニュース 放射線測定器(ガイガーカウンタ) 関連書籍 防災グッズ  N95マスク 地震モニタ

2013年12月の新着

 

ほとんど報道されないが目を背けてはいけない現実arrow深刻!東電福島第一原発からは、今も毎日2億4000万ベクレルが大気中に、200億ベクレルが海に放出されている』(2013年10月7日、国会で東電社長が答弁して安倍首相が世界に言い放った「放射能は完全にブロック」のが露呈。)
記事 海洋汚染地下水から210万ベクレル、過去最高 福島第一』(12/28/2013)
採取日は26日。ストロンチウムなどベータ線を出す放射性物質を1リットルあたり210万ベクレル検出。これまでの190万ベクレル(19日採取)を上回った。
記事国の除染、3年延長16年度完了 環境省、新工程表を発表』(12/26/2013)
汚染土壌の仮置き場確保が難航、本年度中に終わる予定に大幅な遅れ。
記事 注目!!事故後2年半、放射線量ほぼ半減 福島第一80キロ圏』(12/25/2013)
事故後2年半、放射線量ほぼ半減 福島第一80キロ圏

福島県の空間放射線量ほぼ半減(12/25朝日新聞)

だが、もともとセシウム134の半減期は2年。つまり自然減衰に過ぎず、何かをしたから効果が出たのではない。むしろ、今なお毎時1000万ベクレルが大気中に、毎日200億ベクレルが海に放出されていることを忘れてはいけない。
記事 注目!!乳歯でストロンチウム調査 県歯科医師会、原発事故受け』(12/24/2013)
子どもの避難よりも子どもをモルモットにして研究することに熱心な環境省。
記事 注目!!原発リスク:巨大噴火の影響大…泊、川内など 学者が指摘』(12/23/2013)
国内17カ所の原発に対する火山の危険性について、毎日新聞が全国の火山学者を対象にアンケートを実施。巨大噴火の被害を受けるリスク1位は鹿児島・川内原発。
記事 注目!!政府エネ計画「許されない」 市民団体、脱原発で集会』(12/22/2013)
原発を「基盤となる重要なベース電源」と位置づけた政府のエネルギー基本計画案に対し、「脱原発の世論を踏みにじって、3・11以前に戻ることは許されない」などと約1万5千人が参加。
関連記事『反原発の市民が国会包囲 「未来の子供たちの悲鳴が聞こえる」
記事 怒り!!ふざけるな! 安倍政権 「復興予算」を「原発輸出」に流用』(12/21/2013)
日本原電に支出したベトナム現地の調査費用約25億円の内、5億円を復興予算から支出。
記事 海洋汚染海側井戸で190万ベクレル=最高値を更新-福島第1』(12/20/2013)
採取日は19日。これまでの180万ベクレル(12日採取)を上回った。
記事 注目!!福井県・若狭湾の原発停止で北方系の魚介類が戻ってきた』(12/20/2013)
「温排水」が止まったことで、原発周辺の海域の環境が回復。
記事 注目!!避難指示区域内のため池262カ所の4割で、土壌から8千ベクレル超セシウム検出』(12/20/2013)
最大値は双葉町のため池で、39万ベクレル、汚染の深刻さが浮き彫りに。
記事 注目!!福島第一原発4号機の設計者が緊急警告! 田中三彦「凍土遮水壁は不確実性の高いシロモノだ」』(12/18/2013)
凍土遮水壁には原発の地下水の水位を低下させ、建屋外に高濃度汚染水が流出するリスクが潜んでいる。凍土壁の強度も心配な上、そもそも隠蔽体質で失敗を繰り返す東電が持ち出してきたプランだけに、全幅の信頼を置くことができない。
記事 注目!! 保坂展人・世田谷区長『消えた「原発ゼロ」 むしろ「重要電源」に』(12/17/2013)
あまり報道されていないが、「原発は重要なベース電源」とした政府の「エネルギー基本計画原案」が公表された9日後に、「脱原発をめざす首長会議」が反対決議を採択した。住民の命を直接、預かる首長らとしては当然の思いだろう。一方、衆院選前に衆参両院で二百人近くいた原発ゼロ勢力は半減したとはいえ、「原発ゼロ」が野党再編の旗印になる可能性も出てくるなど新たな動きもある。⇒記事『衆院選1年 原発ゼロ 自民に動き
記事 怒り!!原発の全電源喪失対策が「秘密扱い」 保安院課長も見られず』(12/16/2013)
震災発生前に米政府から日本政府に伝えられていた原発の全電源喪失対策の情報。「テロ対策の秘密」の壁に阻まれ、福島第一原発事故の拡大の一因になった。特定秘密保護法の施行で情報は一層隠される恐れがある。
記事 怒り!!原発新設資金 8割温存。福島第一原発事故後に会計検査院から大幅削減を求められながらも』(12/15/2013)
依然として原発新設を考えている経済産業省。
記事 怒り!!「原発ゼロ」なし崩し 核燃サイクル・もんじゅも継続明記』(12/14/2013)
「日本人は頭をゴツンとやられるまでわからぬ民族」とは故・会田雄次氏(京大教授)の言葉だが、ゴツンとやられてもわからないボンクラ揃いなのが政府・経産省の政治家と官僚たちだ。
記事 海洋汚染井戸地下水の放射性物質、180万ベクレル』(12/14/2013)
採取日は12日。これまでの最高値150万ベクレル(9日採取)を上回った。
記事 OPINION放射線を正しく怖がりましょう-被ばく者救護に携わる米国人医師、ロバート・ピーター・ゲイル氏に聞く』(12/13/2013)
「脱原発なら世界レベルで」、全体のリスクと利益のバランスを考えながら意思決定を、と言う氏の話は異論もあろうが概ね正しく思える。
記事 怒り!!原発違法労働 3カ月、延べ100人超』(12/13/2013)
すぐに一日の労働時間が分からないことが十時間超えの違法労働の広がりにつながった原因として「労務管理上、労働時間中だけ線量計を持たせている」と東芝は説明するが、休憩時間や食事時間中の被曝は無視するということか!?
参考:原発作業員関連ページ
記事 必読!!原発「再稼働」推進の前提は正しいの?/経産省がエネルギー基本計画素案』(12/12/2013)
実は、原発推進派が主張する「貿易赤字の増大と原発の停止」はほとんど無関係だった。
記事 海洋汚染海側井戸、150万ベクレル=福島第1、濃度さらに上昇』(12/11/2013)
採取日は9日。これまでの最高値140万ベクレル(5日採取)を上回った。11月4日に採取した水(同54万ベクレル)の約3倍、1〜4号機海側井戸では過去最高値。なお、法定放出基準値は、30ベクレル。
関連ページ「恐るべし!海洋汚染
記事 海洋汚染福島第一原発:別の排水路でも放射性物質、汚染水が海に流出』(12/10/2013)
港湾外へつながる排水路を通じて、基準を超える汚染水が海へ流出したとみられている。安部首相は「放射能の影響は港湾内にとどまっている」と世界に向けて発言した嘘を撤回しなければならない。
関連ページ「恐るべし!海洋汚染
記事 注目!!もんじゅ廃炉訴え全国集会 原発反対派、デモ行進』(12/08/2013)
高速増殖炉「もんじゅ」

高速増殖炉「もんじゅ」

1995年12月8日に起きた高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)のナトリウム漏れ事故から丸18年。40年間失敗続きで電気を作らないどころか1日約6千万円もの維持コストかかっていることを忘れてはいけない。そんなお金があるのなら福島の原発被害者たちに使ってもらいたい。
参考記事『検証 夢の原子炉『もんじゅ』真の姿とは!?
記事 海洋汚染140万ベクレル、最高値上回る 第一原発海側井戸』(12/07/2013)
採取日は5日。これまでの最高値130万ベクレル(2日採取)を上回った。法定放出基準値は、30ベクレル。
関連ページ「恐るべし!海洋汚染
記事 注目!!原発建屋外で最高値の放射線量』(12/07/2013)
排気筒で、放射線量が1時間当たり25シーベルト20分で人が死亡するとされる被ばく量に達する。
記事 注目!!「原発ゼロ」否定、活用方針明記 エネルギー計画』(12/06/2013)
原発はベース電源」として活用、核燃料サイクル政策の着実な推進も打ち出した。馬鹿は死んでも治らない、ということだろう。
記事 海洋汚染セシウムじわり上昇 地下水混ざり海洋汚染 福島第一』(12/05/2013)
海水のセシウム濃度の上昇が目立つのが2号機前の取水口。半年前は1リットル当たり20ベクレル前後だったが、最近は80ベクレルを超え、さらに上昇しそうな勢い。大量の高濃度汚染水がたまっている建屋地下から地中に漏れている可能性。
関連ページ「恐るべし!海洋汚染
記事 注目!!『福井:美浜原発、建設時に危険性指摘 敷地内断層、米の地質専門家』(12/05/2013)
1967年頃、敷地内断層(破砕帯)について「少なくとも2万年間動いていないが、数十万年以内には動いていた」と危険性を指摘。
記事 海洋汚染観測井戸で130万ベクレル 福島第一、過去最高値』(12/04/2013)
採取日は2日。2号機タービン建屋の海側の観測井戸の水から放射性ストロンチウムなどベータ線を出す放射性物質が1リットルあたり130万ベクレル検出された。これまでの最高値110万ベクレル(28日採取)から、またさらに上昇。
記事 再掲『先の参院選中に安倍晋三が見せた言論弾圧』(12/04/2013)
石破茂自民党幹事長

「デモ」は「テロ」と同じだ』石破茂自民党幹事長

6日に参院で強行採決されようとしている「秘密保護法案」。「海への放射能汚染はブロック、完全にコントロールしている」と世界に大嘘を吐き、福島原発事故による被害・影響を矮小化しようとする安倍晋三と、「デモ」は「テロ」と同じだと認識している石破茂が秘密保護法を施行するとこんなシーンが日常茶飯時になるだろう。まさに戦時中の特高警察による弾圧政治の再来。
記事 怒り!!福島第一原発作業員、危険作業は5次下請け 3日で線量オーバーでポイ捨て』(12/04/2013)
元作業員が、東京電力などに不当労働行為があったと、東京都労働委員会に救済命令の申し立て。明らかになった衝撃の事実!
原発作業員関連ページ
記事 怒り!! 何と、『スクープ!でたらめ除染 放射性ガラクタ、民家の庭に不法投棄』(12/03/2013)
福島県で放射能を帯びたガラクタを除染業者が家主に無断で庭に埋める、という前代未聞の不法投棄事件!これこそが、安倍晋三政権のアリバイ作りとゼネコンのみが潤うデタラメ「公共事業」の実態だ。
記事 海洋汚染海側井戸で110万ベクレル=福島第1、最高値を更新』(12/02/2013)
採取日は28日。1~4号機の海側にある観測用井戸から、ストロンチウム90などのベータ線を出す放射性物質を1リットル当たり110万ベクレル検出。これまでの最高値91万ベクレル(25日採取)からさらに上昇した。
記事 警鐘!!元NHKアナが手掛けた問題作が劇場公開決定!日米の原発事故をテーマにしたドキュメンタリー』(12/02/2013)
堀潤氏が日米の原発事故をテーマにしたドキュメンタリー映画『変身 – Metamorphosis』を制作。原発事故から2年8か月がたった現在、「危機」への空気が大きく変わってしまったことへ警鐘を鳴らす。
記事 怒り!! 何と、『福島事故直後に「原子力再生・原発推進」 経産省が機密文書』(12/02/2013)
結局、経産官僚のパペット、安倍晋三首相の原発政策の原点にもなっている。
記事 注目!!『九州・玄海原発:原発30キロ圏内の860人避難 3県合同訓練』『岐阜・美浜原発:放射能漏れに備え訓練、原子力事故想定』(12/02/2013)
まるで原発再稼働が既定路線であるかのような動きが活発化している。天災ではなく、電気のために訓練か…。
記事福島第一の溶融燃料回収、新手法を公募』(12/01/2013)
国際廃炉研究開発機構が、これまで計画してきた格納容器を水で満たす「冠水」とは別の手法を12月中旬から公募。
記事 注目!!再稼働反対集会に8千人 愛媛・伊方原発、鎌田氏ら訴え』(12/01/2013)
元宇宙飛行士の秋山豊寛氏「伊方で何かあれば瀬戸内海でつながる大阪を含めて汚染される」。
(原発・放射能情報-新着バックナンバー)
今月の新着 2014年8月の新着 2014年7月の新着 2014年6月の新着 2014年5月の新着 2014年4月の新着 2014年3月の新着 2014年2月の新着 2014年1月の新着 2013年12月の新着 2013年11月の新着 2013年10月の新着 2013年9月の新着 2013年8月の新着 2013年7月の新着 2013年6月の新着 2013年5月の新着 2013年3-4月の新着 2013年2月の新着 2013年1月の新着 2012年12月の新着 2012年11月の新着 2012年10月の新着 2012年9月の新着 2012年8月の新着 2012年7月の新着 2012年6月の新着 2012年5月の新着 2012年4月の新着 2012年3月の新着 2012年2月の新着 2012年1月の新着 2011年

サイト支援のお願い当サイトの維持のため寄付や広告出稿によるご支援をお願い申し上げます。