原発・放射能情報
ブルーウォーターワールド

2011年3月11日の東電福島第一原発の事故後、「放射能汚染の状況と対策」や「原発と放射能に関する最新情報」をお伝えすることを目的に本サイトは開設されました。 編集人Twitterロゴ
サイト支援のお願い
サイト一覧 最新ニュース 放射線測定器(ガイガーカウンタ) 関連書籍 防災グッズ  N95マスク 地震モニタ

2013年8月の新着

 

ほとんど報道されないが目を背けてはいけない現実arrow深刻!東電福島第一原発からは、今も毎日2億4000万ベクレルが大気中に、200億ベクレルが海に放出されている』(2013年10月7日、国会で東電社長が答弁して安倍首相が世界に言い放った「放射能は完全にブロック」のが露呈。)
資料 海洋汚染魚介類の核種分析結果(PDFファイル)』(08/31/2013)
今年4~6月に福島第一原発20km圏内で採取されたヒラツメガニなどから半減期約250日の放射性銀(Ag-110m)が検出されたということは、今も核分裂が起きている!?
記事 海洋汚染『汚染水漏れ』閉会中審議、オリンピック東京招致への影響が理由で先送りへ』(08/31/2013)
バカな!参院選後に汚染水の海洋流出を公表したような姑息な事が国際的に通用するとでも!?
記事 海洋汚染東電福島第1の排水溝で放射線が上昇』(08/30/2013)
海に流れ込む排水溝の合流地点で放射性ストロンチウムなどベータ線を出す放射性物質が28日は1リットル当たり210ベクレルだったのが、29日は490ベクレルに上昇。周辺の土壌からか?
動画・記事 必見!!国の避難・除染政策は甘いのではないか?』(08/29/2013)
避難・除染はどうなっている?

「モーニングバード」映像より

旧ソ連より劣っている福島の避難基準、年間被曝量20ミリシーベルト。5ミリシーベルト以上を「強制避難」させ、1ミリシーベルト以上の「移住権利」を認めたチェルノブイリ原発事故の基本法なみにせよ!
福島での除染が効果なく失敗に終わっているのに、国や福島県が未だに除染に期待を抱かせ住民を避難させたくないのは、単に福島県の歳入と除染を請け負うゼネコンの儲けを失いたくないからなのだ。
記事新潟知事、東電の安全な原発運営に疑問』(08/28/2013)
新潟県・泉田裕彦知事

泉田新潟県知事

「東電・広瀬社長の頭の9割は福島の賠償と資金調達。目先のお金を優先して安全対策を怠っている。破綻処理も選択肢の一つ」と。
関連記事『泉田知事は変人か?
記事 注目!!30年以上も前に原発の危険を感じ、原発計画を中止させた場所が34もあった』(08/28/2013)
ドキュメンタリー映画、『シロウオ~原発立地を断念させた町』として約100分にまとめ、2013年11月末頃に上映を予定。
記事 海洋汚染汚染水漏れ、7月からか…放射線量が上昇していた!』(08/28/2013)
汚染水漏れ930基のタンク2人で・・・東電「ずさん点検」

ANNニュース映像より

約1000個の貯蔵タンクの点検を作業員2人で行っていたという体たらくだ。更田豊志・原子力規制委員は「(点検作業は作業員が)走って回ったような感じもする」と批判。
関連動画ニュース-ANN『汚染水漏れ930基のタンク2人で・・・東電「ずさん点検」
★原子力規制­庁は「再三の指導に従わなかったことが漏えいにつながった」と。ならば、東電を事業停止処分にせよ。
音声 海洋汚染元駐スイス大使の村田光平氏、福島第一原発の高濃度汚染水の漏出問題が、世界的規模の脅威となっている現状について語る』(08/27/2013)
村田光平氏

村田光平氏

「(株)貧困大国アメリカ」の著者、堤未果氏のラジオ番組に電話出演。必聴です。
記事 海洋汚染韓国:太平洋産魚類6種の放射性物質検査を強化』(08/27/2013)
日本産は事実上の全数検査を実施中。現在、福島県と近隣8県の水産物49品目について輸入そのものを禁じている。
記事 海洋汚染福島第一原発の今回のタンク漏れによる放出量300トンで24兆ベクレルという数字は、わかりやすく言うと、広島原爆と同じ量』小出裕章氏(08/25/2013)
小出裕章氏

小出氏

「福島第一原発の敷地にはもうすでに43万トンもの汚染水が溜まっていて、もう、放射能の沼のように思えてしまう。水で冷やすというやり方はそろそろ諦めるしかないのではないか。」と語る。
記事 必読!!東電を今こそ破綻処理せよ』元経産官僚・古賀茂明氏(08/24/2013)
古賀茂明

古賀茂明氏

参議院選挙後になって、公表された東電福島第一原発の高濃度汚染水の海洋流出。政府が積極的に介入することを決定したが、それは、さらなる国費投入のための演出にすぎない。政府の脅しと騙しのテクニックに翻弄されてはいけない。東電は事実上破綻しているのに、経営者も株主、銀行も責任をとらず国民に電気料金値上げと税金の負担を押し付けている。結局、破綻させれば、国民は3兆円弱得をする。今こそ破綻処理の決断をする時だ。(関連ページ『オピニオン』)
記事 海洋汚染海水浴場の放射性物質調査 全479カ所で問題なし』(08/24/2013)
というが、調べているのはヨウ素とセシウムだけ。水に溶け込むトリチウムやストロンチウムが心配だ。
記事 海洋汚染【福島原発 汚染水漏れ】「日本人は助けを求めるのがヘタ」と海外から懸念の声も』(08/24/2013)
福島原発について国際的タスクフォースの結集を!安倍晋三首相は原発セールスしてる場合じゃない。世界中の笑いものどころか鼻つまみ者になりかねない。
動画ニュース 海洋汚染 唖然!!福島第一原発の汚染水漏れ、原子力規制委員会が現地調査』(08/24/2013)
福島第一原発の汚染水漏れ、原子力規制委員会が現地調査

TBSニュース映像より

(クリックすると動画のポップアップウインドウが開きます)
更田豊志委員「汚染水タンク周辺の日々の放射線量の記録が残されていないのは点検に対する姿勢を疑わざるをえない」と東電を批判。まるで宿題をやってない子供を叱るような東電とのやり取りが続く。そんな場合ではないだろう。
関連ニュース『福島第1原発:高濃度汚染水漏れ 規制委委員が現地視察
記事 海洋汚染タンク近くの排水溝でセシウム基準値超 福島第1』(08/23/2013)
22日に採取された水から。この排水溝内では21日、毎時6ミリシーベルトの高放射線量が計測されていた。汚染水の外洋流出の疑いが一層深まった
福島第1原発汚染水の海への流出(8/25TBSサンデーモーニング映像より)

↑拡大:福島第1原発汚染水の海への流出(8/25TBSサンデーモーニング映像より)
朝日新聞の見取り図もわかりやすい。

記事 海洋汚染福島第1、他のタンク2基でも汚染水漏れか…高い放射線量100ミリシーベルト計測』(08/23/2013)
記事 海洋汚染 唖然!!30兆ベクレルの放射性物質、海に直接流出』(08/22/2013)
一昨年5月から今月にかけて、地下水と共に海に流出したストロンチウム90とセシウム137などの量は、東京電力の試算で合計30兆ベクレル、放出限度(年間2200億ベクレル)を大幅に超える量。しかも今後の流出を止める手立ては今のところ全く不明
記事 海洋汚染 重要!!福島第1原発汚染水 排水溝から外洋流出』(08/22/2013)
漏洩したタンク近くの排水溝で、毎時6ミリシーベルトを計測。排水溝は外洋につながっているため汚染水が港湾内でなく外洋に流出した疑いがある。最悪のケースになってきた。
記事 海洋汚染 続報『福島第1原発:タンク漏水300トン 8000万ベクレル/L』(08/21/2013)
福島第1原発:タンク漏水300トン

TBSニュース映像より

全体の放出量推計は約24兆ベクレル!タンク付近では最大毎時100ミリシーベルト測定。タンクから海までの距離は約500メートル。海外でもトップニュースに『BBC
今回の漏出の経緯をまとめた良記事:『福島第1原発から汚染水300トン漏出
記事 注目!!甲状腺がん確定の子ども18人に 福島県調査、原発関連は否定的』(08/20/2013)
福島医大は「(がんの状態から)2、3年以内にできたものではない」と相変わらずの見解。
前回6月発表の関連記事『福島の子どもの甲状腺がん-発症率100倍以上に!
記事 怒り!!原発被災者、国を提訴へ 原発事故子ども・被災者支援法1年経っても「具体策なく違法』(08/20/2013)
暴言参事官・水野靖久

↑拡大

この支援法を担当していた復興庁の水野靖久参事官がツイッターで市民団体に対し「左翼のクソども」などと暴言を吐いた有名な事件が、6月にあったというのにろくに動いていない復興庁!30日間の停職という軽い処分で済ませた水野に被災者が満足する具体策を3日以内にまとめさせるなどの任務を罰として与えよ。
原子力事故による子ども・被災者支援法についての関連ページ
記事福島第1原発2作業員の頭部、最大13ベクレルを確認』(08/19/2013)
またもや、汚染源は不明
記事 海洋汚染タンクから汚染水漏れか 福島第1原発、毎時20ミリシーベルト』(08/19/2013)
海への流出は確認されていないというが・・・。
記事原発再稼働へスピード審査?規制庁 電力会社技術者を募集「汚染水対策こそ急務」の声』(08/18/2013)
これまで癒着関係にあった「規制される側」の人材を取り込むことに社会の理解は得られるのか?再稼働審査より海洋汚染対策の専門家を雇用せよ
動画・記事 必見!!原発原爆-日本の原子力と米国の影』(08/14/2013)
「ザスクープスペシャル」

「ザスクープスペシャル」より

原発は核兵器と表裏一体だ。この国が原子力、核の問題を隠すという悪しき習性は、結局米国譲りのものだった。長年、日米原子力協定のもと米国に隷従を強いられてきた日本は、今後も原発を推進する米国の代理人を続けなければならないのか?日本に原発を推進させてきた米国原子力帝国の圧力は、今も衰えることなく、福島の事故後も我が国の原発ゼロを決して許さないように見える。安倍晋三は彼らのパペットに過ぎないのだ。
記事 海洋汚染福島第1原発:汚染水流出、拡大か 1号機近くで放射性物質』(08/13/2013)
10日に採取した水からトリチウムを1リットル当たり3万4000ベクレル検出。規制委の更田豊志委員は「1号機の前でも高濃度の放射性物質が検出されたことは重く見ざるを得ない」との見方。
記事 注目!!原発事故「避難勧奨地点」指定の理不尽』(08/11/2013)
あいまいな賠償の基準、住民同士は口もきかぬ状態に。現実を直視することを避け続けている国や東電、伊達市。
記事 海洋汚染福島第1原発の汚染水流出 風評払拭、振り出しに』(08/11/2013)
いい加減、報道も国民に誤解を与える「風評被害」という表現をやめてはっきりと「放射線被害」と言ったらどうだ。むしろ不十分な事業者への賠償を追求すべきだろう。
動画・記事 必見!!安倍晋三首相が見るべき「原爆の日」』(08/10/2013)
広島原爆のキノコ雲

広島原爆のキノコ雲

被害者と加害者というまったく異なる2つの視点から、人類史上初の原子爆弾投下にまつわる物語が映像化されている。核兵器不使用の共同声明に賛同せず、また核兵器不拡散条約に非加盟のインドと原子力協定を結び原発輸出へと「死の商人」の如く猛進し、国内では福島原発事故の収束も覚束ないまま原発再稼働を画策する一方、広島・長崎の原爆平和祈念式典で間抜けをさらした安倍晋三総理にこそ見せたい保存版映像。
記事 怒り!!原発事故、全員が不起訴へ 東電前会長や菅元首相ら』(08/09/2013)
何と刑事責任が一人も問われないまま幕を下ろす見通しに!!事故前に東電が予測していた津波への対策を怠ったことやSPEEDI隠蔽で無用の被曝を強いた行政の不作為など明らかに未必の故意による犯罪があるというのに。検察は原子力ムラの虜だ。
記事 海洋汚染海底の放射性物質の分布が明らかに』(08/07/2013)
福島第一原発周辺の海底にたまった放射性物質の濃度を東京大学などのグループが計測、海のホットスポット(原発から20キロ圏内の海底で、濃度が周囲の5倍以上の場所が約40か所)発見。1キログラム当たり数千ベクレルの放射線量。
記事 注目!!1万人、白血病労災基準超す 福島第一で被曝の作業員』(08/05/2013)
事故から9カ月間の緊急作業時に働いた約2万人のうち、白血病の労災認定基準「年5ミリシーベルト以上」の被曝をした人が約1万人に!
動画・記事 注目!!脱原発議員、山本太郎は国会でどう戦うか?』(08/05/2013)
山本太郎

山本太郎氏

参院選で脱原発を訴え、初当選した無所属の山本太郎氏が語る、当選までの道のりと今後の動向について。BS11が、選挙前から密着した山本氏の戦いぶりを振り返りながら、党首への起用も報道される社民党との連携など今後の動向について迫っている。
記事 海洋汚染 重要!! 福島第1原発、東電が試算(08/03/2013)
地下水の水位が、遮水壁の高さ地下1.8mを超えて海側に溢れ出している可能性が!(テレビ朝日映像より)

(↑拡大)地下水の水位が、遮水壁の高さ地下1.8mを超えて海側に溢れ出している可能性が!(テレビ朝日映像より)

汚染水封じ込めピンチ 地中の壁で地下水急増、3週間で、地面にあふれ出す計算
地下水1日400トン海へ 汚染2年以上続く?
トリチウム 平成23年5月から海洋流出数十兆ベクレル
地中の汚染範囲が2号機周辺から3号機周辺まで拡大している可能性も。つい先日まで、汚染水の海洋流出は10年後(日本原子力研究開発機構)、100年後(東電)と呑気な試算をして遮水壁が2014年度に完成すれば、海洋への漏出は防げるとされていた。(⇒関連記事
動画・記事 海洋汚染 必見!!防ぐことができたはずの汚染水漏れ』(08/02/2013)
小出裕章氏(京大)

「モーニングバード」映像より

原発事故の発生直後から「汚染水の緊急対策として、処理設備の充実した柏崎・刈羽原発に大型タンカーで運ぶこと」や「遮水壁(地下ダム)を早期に作り海への汚染水流出を抑えこむべき」という提案をしてきた小出裕章氏(京大)は、「汚染水問題は、今に始まったわけじゃない。こうなることがわかっていたのに2年間、対策を何も講じないまま放置し続けてきた無能な政府と東電の責任は大きい」と怒りを隠さない。
(原発・放射能情報-新着バックナンバー)
今月の新着 2014年8月の新着 2014年7月の新着 2014年6月の新着 2014年5月の新着 2014年4月の新着 2014年3月の新着 2014年2月の新着 2014年1月の新着 2013年12月の新着 2013年11月の新着 2013年10月の新着 2013年9月の新着 2013年8月の新着 2013年7月の新着 2013年6月の新着 2013年5月の新着 2013年3-4月の新着 2013年2月の新着 2013年1月の新着 2012年12月の新着 2012年11月の新着 2012年10月の新着 2012年9月の新着 2012年8月の新着 2012年7月の新着 2012年6月の新着 2012年5月の新着 2012年4月の新着 2012年3月の新着 2012年2月の新着 2012年1月の新着 2011年

サイト支援のお願い当サイトの維持のため寄付や広告出稿によるご支援をお願い申し上げます。