原発・放射能情報
ブルーウォーターワールド

2011年3月11日の東電福島第一原発の事故後、「放射能汚染の状況と対策」や「原発と放射能に関する最新情報」をお伝えすることを目的に本サイトは開設されました。 編集人Twitterロゴ
サイト支援のお願い
サイト一覧 最新ニュース 放射線測定器(ガイガーカウンタ) 関連書籍 防災グッズ  N95マスク 地震モニタ

2014年5月の新着

 

ほとんど報道されないが目を背けてはいけない現実arrow深刻!東電福島第一原発からは、今も毎日2億4000万ベクレルが大気中に、200億ベクレルが海に放出されている』(2013年10月7日、国会で東電社長が答弁して安倍首相が世界に言い放った「放射能は完全にブロック」のが露呈。)
記事 怒り!!5.30写真報告(shinya) : 許せない原発推進御用学者と交代』(05/31/2014)
原子力マネーをもらっている人が規制なんてできるわけがない

5/30官邸前金曜行動

原子力規制委人事で慎重委員を更迭、原発推進御用学者と交代。まるで泥棒に金庫番をさせるようなものだ。1昨年、田中俊一委員長人事が決まった時に「暴走族のリーダーが暴走族取締り本部の本部長になるのと同じ」と例えた小島敏郎・青山学院大学教授の表現(参照記事)を思い出す。これが「大飯原発は運転してはならない」という福井地裁判決への安倍政権の返答だ。ならば、原子力規制委員会から原子力推進委員会に名称を変えよ。
記事東電の「凍土壁」建設 来月2日開始へ』(05/31/2014)
NHKニュース

NHKニュースより

汚染水対策として地下水の流入を防ぐため、1号~4号機周囲の地盤を1.5キロ凍らせる計画だが、海側の工事の進め方や建屋の汚染水の流出をいかに防止するかが今後の課題。
記事 要注意!!山菜から基準値超セシウム=新潟』(05/30/2014)
樹木系山菜(コシアブラとタラノメなど)は要注意!これらは広く浅く網を張るような形で根を広げていることから、「地表付近のセシウムを吸収しやすいのではないか」と推測されている。
記事 注目!!風力発電、原発10基分1090万キロワットに 20年度目標』(05/30/2014)
さらに、国内の経済波及効果が約1兆1千億円、雇用創出効果が7万人強にのぼると試算されているようだ。
記事 注目!!川内原発審査で火山噴火リスク軽視の流れ、専門家から批判』(05/30/2014)
九州電力川内原発

九州電力川内原発

さらに、地震について厳格な審査を行ってきた島崎邦彦委員長代理を再任しない人事案が27日、政府から提示され、政府が原発再稼動に向け地ならしを行っているとの批判も。そもそもカルデラ噴火が起きた場合、火砕流が到達する可能性がある薩摩川内市に原発を建てることは避けるべきだったのだ。再稼働など論外だろう。
記事 朝日新聞・社説『原子力規制委 人事で役割ゆがめるな』(05/29/2014)
政策の変更を、人事をテコに進めようとする。安倍政権の「得意技」が、原発審査にも及んできた。原子力ムラ出身のダブル田中・正副委員長体制で原子力規制が骨抜きに・・・。
記事 注目!!脱原発志向、84%=「重要な電源」1割-時事世論調査』(05/28/2014)
安倍政権は原発推進を打ち出しているが、国民のほとんどが「脱原発」を希望していると判明。
動画ニュース 怒り!!原発「推進派」が交代求め・・・原子力規制委「No.2」退任へ』(05/27/2014)
動画ニュース(テレビ朝日)

動画ニュース(テレビ朝日)

原発再稼働を急がせるべく、ついに原子力規制委員会の人事に手を突っ込み始めた安倍晋三政権。政府は、地震審査で原発事業者に厳格に向き合ってきた島崎邦彦委員長代理と大島賢三委員を退任させ、後任に田中知・東大教授と石渡明・東北大教授をあてる人事案を固めた。田中氏は福島第1原発事故後も、「原子力を維持することが適切」と述べ、原発推進を主張してきた原子力ムラのボス的存在で、原子力事業者から金銭のサポートも受けてきた人物だ。
arrow関連画像『「原発継続は必要」と訴える田中知・東大教授-朝日新聞(03/15/2012)』
今後、原子力ムラの村長だった田中俊一委員長とのダブル田中体制で、原子力規制委員会は完全に原子力ムラ支配下となる。
arrow関連記事『原子力規制委員:田中知・石渡氏が内定…島崎氏、再任せず
記事 注目!!福島原発の自主避難者に月40万円仮払い命令 京都地裁』(05/26/2014)
原発事故で避難者への仮払いを命じたのは全国初。
記事 注目!!3万人診た専門家が断言「子どもの鼻血は放射線に由来する」』(05/26/2014)
漫画「美味しんぼ」の鼻血描写に対し「風評被害」と決め付け世間のバッシングを煽った政府や自治体は、この専門家の意見にも反論してみせよ。
記事 注目!!吉田所長の聴取記録、閲覧要求へ=福島原発事故—自民チーム』(05/23/2014)
「報道ステーション」映像

【動画】3号機の格納容器の圧力が高まりドライベントをして250mSvの放射線量を周辺にまき散らそうとしていたことを、保安院は報道機関にも隠し、住民の命を犠牲にしようとしていたことが吉田調書で判明したと報ずる『報道ステーション』

朝日新聞が「吉田調書」としてスクープしている東電福島第1原発の故・吉田昌郎元所長に対する政府事故調査・検証委員会の聴取記録の閲覧を、自民党の原子力規制プロジェクトチームが求めるとのこと。朝日新聞の本日の記事には、1号機の(無電力でも8時間原子炉を冷却するはずの)「非常用復水器」が地震で損傷したことを裏付ける重要な証言がある。⇒『吉田氏、非常冷却で誤対応 震災当日、福島第一 「私の反省点。思い込みがあった」
arrow朝日新聞のスクープ【吉田調書
arrow関連動画・記事『福島第一原発事故は「地震と関係ない」と言い切れるのか?
動画ニュース・記事 注目!!大飯原発 運転再開認めない判決』(05/22/2014)
動画ニュース(テレビ朝日)

動画ニュース(テレビ朝日)

福井県の住民らが大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の運転差し止めを求めた訴訟で、福井地裁は21日、住民の訴えを認める判決を出した。樋口裁判長が「地震の揺れの想定が楽観的で、原子炉を冷却する機能などに欠陥がある」「原発には極めて高度な安全性や信頼性が求められているのに、確たる証拠のない楽観的な見通しの下に成り立っている」「電力会社側は原発の運転が電力供給の安定性やコストの低減につながると主張するが、多くの人の生存そのものに関わる権利と電気代の問題を並べて判断することは法的に許されない」「豊かな国土と国民が根を下ろして生活していることを取り戻せなくなることが国の財産の喪失だ」と指摘した判決要旨全文。一方、関西電力は22日、名古屋高裁金沢支部に控訴。
記事 海洋汚染福島第1地下水、海に放出 放出基準値を大幅に下回る』(05/21/2014)
放出されたのは、一時貯留タンクに保管されていた約560トン。東電と地元が合意した1リットル当たりの放出基準値は、トリチウムが1500ベクレル(国の排出基準は6万ベクレル)で、セシウム134(同60ベクレル)とセシウム137(同90ベクレル)はともに1ベクレルを下回るよう設定。
arrow関連ページ「恐るべし!海洋汚染
記事 注目!!偽善は言えない」と雄山 「美味しんぼ 福島の真実編」完結 賛否載せた特集記事、Webでも公開』(05/19/2014)
「今の福島・・危険性については言葉を控えるのが良識とされている。だがそれは偽善だろう」と主人公の父、海原雄山。
小学館は、「ビッグコミックスピリッツ」編集部の見解(5月19日発売号に掲載された記事)で、「福島産であることを理由に検査で安全とされた食材を買ってもらえない風評被害を、小誌で繰り返し批判してきた筆者だからこそ掲載」とも述べている。
動画・記事 注目!!福島では20日まで上映 映画「遺言 原発さえなければ」 共同監督2人思い語る』(05/19/2014)
映画『遺言』-原発さえなければ-予告編

映画『遺言』-原発さえなければ-予告編

世界の現場を取材してきた2人のフォトジャーナリストが、震災翌日から事故後の福島を­800日間にわたり撮影。福島第一原発事故発生後の県民の苦悩と挑戦を描いた衝撃的なドキュメンタリー。3月8日に劇場公開され全国の原発立地自治体での上映を目指している。
戦場での取材経験が豊富な豊田監督『(一般の住民が放射性物質という「脅威」にさらされている状況について)戦争と極めて似ている。原発事故も戦争も人間が起こすもの。防ごうと思えば防げたはず。』
チベット問題を取材してきた野田監督『原発事故後に放射能拡散予測データが公表されなかったことは加害者が情報を隠したことでチベットと共通している。』
arrow映画公式サイト
arrow関連ページ『原発事故の悲劇を描く映画「朝日のあたる家」他、原発事故を題材にした過去の映画
記事 注目!!福島の子ども甲状腺がん50人に 県、放射線の影響調査』(05/18/2014)
甲状腺検査を受ける子供達

↑拡大:検査中の子供達

甲状腺がんが「確定」は今年2月公表数より17人増え50人に、「がんの疑い」は39人(前回は41人)の合計89人に。100万人に1人と言われている子どもの甲状腺がんに、福島の子どもは3000人に1人が 罹患してしまっている。だが、大ニュースにならない。50人というのは手術した人数なので罹患者は疑いも含めた89人(検査人数は29万5511人)。
arrow関連ページ「福島の子どもの甲状腺がん-発症率100倍以上に!
記事 海洋汚染汚染水 外洋流出続く 首相の「完全ブロック」破綻』(05/17/2014)
福島沖の濃度を調べてきた東京海洋大の神田穣太教授は「福島第一から外洋への継続的なセシウムの供給がある」と指摘。
arrow関連ページ「恐るべし!海洋汚染
記事 海洋汚染放射能濃度、5カ所で最高値=福島第1港湾内外の海水-東電』(05/16/2014)
港湾内の2、3号機の取水口間で12日採取の海水から、トリチウムを1リットル当たり1900ベクレル検出。15日採取の海水から、ストロンチウム90などのベータ線を出す放射性物質を同840ベクレル検出。港湾外でも、最高値を更新。安倍晋三首相は昨年、同原発の汚染水の影響について世界に公言した「港湾内で完全にブロックされている」との大嘘が決定的に。
記事 注目!!福島県双葉町で鼻血「有意に多い」調査 「避難生活か、被ばくによって起きた」』(05/16/2014)
漫画「美味しんぼ」の鼻血描写に対し、福島県の双葉町は「そのような事実はない」として小学館に抗議をしたが、双葉町の依頼で岡山大などの研究グループが2012年11月に実施した調査で、鼻血などの症状が有意に多かったという調査結果が報告されていた。
記事 注目!!「トイレにも行けない」「奴隷扱い」 福島第一また違法労働』(05/15/2014)
休みは実質三十分、作業は五、六時間休みなし。作業員らに労働基準法で許される十時間を超える事故収束作業をさせたとして、安藤ハザマ(東京都港区)の下請け企業が是正勧告を受け、安藤ハザマも指導を受けた。
arrow関連ページ『原発作業員~福島原発事故・2年目の夏~
記事 海洋汚染港湾トリチウム最高値=福島第1、取水口付近』(05/15/2014)
採取日は11日。1、2号機の取水口付近で採取した海水から、放射性物質のトリチウムが1リットル当たり4100ベクレル検出されたと発表した。第1原発の港湾内で検出されたトリチウムでは過去最高。
記事 海洋汚染福島第一原発 地下水を21日にも放出』(05/14/2014)
記事 海洋汚染放射能濃度、最高値相次ぐ=2~4号機間地下水で-10カ所超・福島第1』(05/12/2014)
3号機海側で7日に採取した地下水から1リットル当たり8000ベクレルのトリチウムを検出、これまでの最高値(4月30日の同2600ベクレル)の3倍超に。2号機海側の井戸で8日に採取された地下水からは同86万ベクレルのベータ線を出す放射性物質を検出。原因は不明。
記事 海洋汚染【福島第一原発の現状】収まらぬ海への汚染』(05/11/2014)
福島第一原発の現状(画像:東京新聞記事より)

↑拡大:福島第一原発の現状(画像:東京新聞記事より)

遮水壁外側の海水の監視地点では、放射性セシウムが1リットル当たり40~47ベクレル、放射性ストロンチウムなどが140~160ベクレルと高い濃度を検出、海への汚染が続いている。オリンピック招致のために「汚染水の影響は港湾内で完全にブロック」と大嘘を世界についた安倍晋三首相は発言を撤回し謝罪しなければならない。
記事 注目!!米国の新作ゴジラ、世界初上映 震災と原発事故も描く』(05/10/2014)
渡辺謙も出演。ギャレス・エドワーズ監督は「(製作中に起きた震災と原発事故について)我々はパンドラの箱を開けてしまった。映画が原発について問いかける機会になれば。」と語る。
記事 注目!!原発事故で「美味しんぼ」表現に賛否 環境相と前首長が対立』(05/10/2014)
「住民の被ばくと鼻血の因果関係はないという評価が既に出ている。描写が何を意図し、何を訴えようとしているのか、私には全く理解できない」と記者会見で批判し、風評被害への影響に懸念を示した石原伸晃環境相は、原発事故後の国会で当時野党だった自民党の面々が、さかんに「鼻血」問題を取り上げ民主党政権を追求していた事を思い出せ。
arrow参照ページ『井戸川克隆・双葉町長のインタビュー記事
arrow関連記事『鼻血と放射能の関係』西尾正道北海道がんセンター名誉院長の見解「鼻血は低い線量でも広範な粘膜が被ばくした場合は出ても不思議ではない。」

arrow関連動画『人気漫画「美味しんぼ」、「原発取材後に鼻血」で物議

記事 注目!!1万7千~2万テラベクレル(テラは1兆)放出 福島原発事故でセシウム137』(05/09/2014)
福島大学の青山道夫教授が事故後の観測データを詳細に分析した結果を、ウィーンの国際学会で発表。セシウム137の半減期は約30年。
記事 注目!!被曝した福島第一原発作業員、東電を提訴』(05/08/2014)
汚染水にくるぶしまでつかった3人が最大で180ミリシーベルトの被曝。被曝した作業員が東電を訴えるのは初めてという。
動画ニュース・記事 注目!!細川氏・小泉氏再び共闘 、「原発ゼロ」社団法人立ち上げ』(05/07/2014)
動画ニュース(TBS)

動画ニュース(TBS)

↓既報(04/15)の通り、細川元総理と小泉元総理が「原発ゼロ」に向け自然エネルギーの普及を目指して新たに立ち­上げた社団法人「自然エネルギー推進会議」の設立総会が、7日、開かれた。­二人は挨拶の中で今後、脱原発と自然エネルギーの普及を国民運動として広めていく活動を行うと表明したが、総会後の会見で個別の選挙運動には関わらないという考えも明らかにした。
代表理事:細川護熙
発起人:細川護熙、小泉純一郎、赤川次郎、安野光雅、梅原猛、香山リカ、小林武史、桜井勝延、菅原文太、瀬戸内寂聴、ドナルド・キーン、湯川れい子。
賛同者:秋山豊寛、浅田彰、市川猿之助、岩井俊二、小山内美江子、落合恵子 、加藤登紀子、鎌田慧、鎌田實、河合弘之、ロバート・キャンベル、坂本龍一、佐高信 、佐藤栄佐久、澤地久枝、下村満子、SUGIZO、鈴木悌介、田中優子、津田大介、なかにし礼、 福岡政行、前田哲男、宮台真司、三上元、村上達也、茂木健一郎、吉岡淳、吉永小百合、吉原毅。(7日現在、敬称略)
細川氏、小泉氏の挨拶全文
arrow関連記事『細川・小泉元首相、再始動 「死ぬまで脱原発」
arrow関連ページ『過去の不明を詫びて、原発ゼロに挑む二人の元総理-東京都知事選挙戦「動画セレクション」
記事 海洋汚染福島第1原発、汚染水問題 二つの切り札 先行き不透明』(05/04/2014)
解決の切り札とされる凍土遮水壁の建設計画と、放射性物質トリチウムの処理が足踏み。
動画ニュース REMIND人気漫画「美味しんぼ」、「原発取材後に鼻血」で物議』(05/01/2014)
動画ニュース(TBS)

動画ニュース(TBS)

「ビッグコミック・スピリッツ」に連載中の人気グルメ漫画「美味しんぼ」で主人公の新聞記者が原因不明の鼻血を出している内容が物議を醸し­ている。前双葉町長も登場して、「福島では同じ症状の人が大勢いる」と話す。一方、風評被害を助長するとの指摘も出ているが…。
この件に関連してツイッターで見かけた貴重な参考ツイートを2件紹介。
『他部位ではなく鼻出血というのがヒント。外出血しやすい毛細血管が集合しているキーゼルバッハ部位という鼻粘膜の特殊性、空気中を浮遊する物質が長時間とどまりやすいという点に注目すると、α・β線核種がそこにとどまり、血管内皮細胞を腫大させ、毛細血管閉塞に続く破たん出血をきたすと推測した。』(@GoodBye_Nuclear
『「鼻血は被曝のせいでないと断言する。ストレスが要因」などと風評被害を払拭しているつもりになってる「科学者」がいるようだが、誰も骨髄抑制や凝固能異常が原因とは言ってない。汚染微粒子による鼻粘膜局所の傷害の可能性を言っているのだ。ストレスと決めつけるこそ、医学的説得力なき「風評」だ。』(@kimuratomo
(原発・放射能情報-新着バックナンバー)
今月の新着 2014年8月の新着 2014年7月の新着 2014年6月の新着 2014年5月の新着 2014年4月の新着 2014年3月の新着 2014年2月の新着 2014年1月の新着 2013年12月の新着 2013年11月の新着 2013年10月の新着 2013年9月の新着 2013年8月の新着 2013年7月の新着 2013年6月の新着 2013年5月の新着 2013年3-4月の新着 2013年2月の新着 2013年1月の新着 2012年12月の新着 2012年11月の新着 2012年10月の新着 2012年9月の新着 2012年8月の新着 2012年7月の新着 2012年6月の新着 2012年5月の新着 2012年4月の新着 2012年3月の新着 2012年2月の新着 2012年1月の新着 2011年

サイト支援のお願い当サイトの維持のため寄付や広告出稿によるご支援をお願い申し上げます。