原発・放射能情報
ブルーウォーターワールド

2011年3月11日の東電福島第一原発の事故後、「放射能汚染の状況と対策」や「原発と放射能に関する最新情報」をお伝えすることを目的に本サイトは開設されました。 編集人Twitterロゴ
サイト支援のお願い
サイト一覧 最新ニュース 放射線測定器(ガイガーカウンタ) 関連書籍 防災グッズ  N95マスク 地震モニタ

緊急提言 - 米国の原子力専門家アーニー・ガンダーソン氏

 

ほとんど報道されないが目を背けてはいけない現実arrow深刻!東電福島第一原発からは、今も毎日2億4000万ベクレルが大気中に、200億ベクレルが海に放出されている』(2013年10月7日、国会で東電社長が答弁して安倍首相が世界に言い放った「放射能は完全にブロック」のが露呈。)

福島原発4号機の核燃料問題を考える~議員と市民の院内集会~(09/07/2012)

(動画投稿者: 77209088)   画面右下の拡大マークをクリックすると全画面になります↑
・講演:アーニー・ガンダーセン氏『フクシマ4号機のプール内核燃料はいかに危険か
重要ポイント

  1. 4号機の燃料プールの水が地震で抜け、燃料棒がむき出しになると、1535本の燃料棒に火がつく。このことはアメリカで、すでに実験によって確認されている。
  2. その火がついたときの破壊力は、核兵器程度ではすまない。東北、関東圏は壊滅し、放射能で人がいなくなれば、福島第一原発の1、2、3、5、6号機も管理不能となり 核の暴走が勃発する。
  3. 燃料棒に一度火がつくと、燃料棒を包むジルコニウムが水を分解し、そのときに生じる酸素で発火が起こり、水素爆発に至る危険がある。したがって、消火に水を使用することは許されない。
  4. 消火のための化学製品はアメリカで開発されているので、これを用意しておくことが望まれる。

・特別スピーカー:村田光平さん(元スイス大使)
  『新たな一大汚染の危機と国・東電の無策ぶり』(09/14/2012)
  『村田氏が、本講演後、9月5日に野田首相に送った書簡
・日時:2012年8月31日 於:衆議院第一議員会館
(主催)
  脱原発政策実現全国ネットワーク(事務局ストップ・ザ・もんじゅ)
(後援)
  高木仁三郎市民科学基金
  柏崎刈羽原発の閉鎖を訴える科学者・技術者の会
(呼びかけ議員)
衆議院:阿部知子、重野安正、高橋千鶴子、田中康夫、照屋寛徳、中島隆利、服部良一
参議院:井上哲士、大河原雅子、大島九州男、加藤修一、紙智子、川田龍平、平山誠、
福島みづほ、又市征治、森ゆうこ、山内徳信

arrow関連ページ:『福島4号機燃料プール問題

アーニー・ガンダーセン氏福島原発事故を語る(来日時インタビュー)(04/08/2012)

アーニー・ガンダーセン氏インタビュー

TBSニュースバード

福島で最も危険4号機燃料プールについて。再び大きな規模の地震が起きて、もしプールにひびが入れば、燃料を冷却することが全くできなくなり燃料プールから放出したガスによって、膨大な数の犠牲者が出る。事故発生時、アメリカ政府は在留米国人に対して、80キロ圏内から退去するよう勧告したが、実は4号機を最も恐れてのことだ。スリーマイル島の事故で専門家として働いた氏が政府の情報隠蔽にも触れ、原発は、今や最もお金が掛かるエネルギーだと説く。4号機関連記事

東京で採取した土壌は米国では放射性廃棄物レベルだ!03/13RussiaToday(03/19/2012)

(動画投稿者: junebloke)   画面右下の拡大マークをクリックすると全画面になります↑
【ポイント】
・現在も、1年前にフクシマ原発のメルトダウン核燃料から核分裂した原子は、放射線を出し続けている。30kmから場所により60km圏の放射線汚染は甚大で、住民は帰-還すべきではない。
・東京に先日行った際に、サンプルを5つ取得した。非常に放射能が高いので米国では、これらは、放射性廃棄物とみなされている。

“政府は幾つもの事実を隠蔽しているのか?”
・日本政府は、原発事故発生時より、情報を隠蔽し、遅らせて出している。また、実際の除染のコストは、福-島県だけで5000億USドル(42兆円)になるだろう。県を超えて、汚染は広がっている。先ほど述べたサンプルは、福島原発から250km離れた東京で取得したものだ。
・東日本は全域で、健康被害の問題を警告すべきだ。皆が、放射性セシウム、ストロンチウムや各種放射線に被曝している。

“グリーンピースは世界の原子力産業界は、何も福島原発事故から学んでいないといっているが?”
・私もグリーンピースの報告書を読みましたが、日本はフクシマから私も何の教訓も学んでいないと思う。米国は、既存の原発を、なんの改修もしないで2016年までの稼-働の許可をした。フクシマの深刻な教訓を、アメリカも世界中も学んでいない。

“なぜ、世界の原発新設はスローダウンしないのか?”
・原発新設の動きは、世界でスローダウンしており、2基だけが昨年新規稼働した。それ以前は、ここ数年間で10基以上が新規稼働していた。
大きな憂慮は、開発途上国では、原子力規制機関と原発推進機関との関係が、日本よりもっと密であることだ。従って、もっと多くの原発事故が、世界中で起る事が予-想される。フクシマだけの現象ではない。

日本記者クラブでの記者会見 02/20/2012(02/22/2012)

福島第一原発事故の直後、米テレビでメルトダウンが起きていると指摘した原子力技術者、アーニー・ガンダーセン氏が来日し、新著「福島第一原発 真相と展望」(集英社新書)について記者会見した。
日本記者クラブHP会見メモ要約】
事故原因の可能性として、福島第一原発のマークⅠ型原子炉の設計上の問題すなわち放射能の封じ込めが貧弱であることを挙げ、さらに東電と規制当局の密接すぎる関係を指摘し、みな同じことしかいわない「やまびこ効果」で安全神話が広がった、と述べた。また、住民避難や廃炉、除染の問題について、「日本政府は東電を守ることを最優先し、国民を-守ることは第二になっている」と批判。
原発建設の3条件として、①冷却水の確保、②地震、③人口密度をあげ、日本は①は十分だが、②と③からみて、原発は難しいと-述べた。日本の国土面積は世界の0.3%なのに、世界の地震発生数の10%が集中し、世界のどこと比べても30倍の地震が起こる国だ、と説明。
「100年に一度、ではなく-、1000年に一度のレベルで起こる地震に耐える原発は構造工学上、難しい」と述べ、「ほかの代替エネルギーを探す方が望ましい」と指摘した。
一方、使用済み核燃料の処分方法に-ついて、「私の学生のころから解決策は5年もあればできるといわれたが、その5年は一度も来なかった」と述べ、ガラス固化法は解決にならない、と語った。
会見で使用した資料 | Fairewinds Associates Inc.
司会:井田由美(日本テレビ) 通訳:長井鞠子(サイマル・インターナショナル)
(動画投稿者: jnpc)   画面右下の拡大マークをクリックすると全画面になります↑

福島第一、1号機のマーク1原子炉は40年前の改善も欠陥だった(動画と和訳:@chihointokyo 02/10/2012)

ガンダーセン氏が、福島第一の1号機の建屋爆発の前に格納容器のベントは間違いなく動作していたが、8時間以上、実質、破裂状態が続いておりこれが爆発原因となった可能性があるとの見解を公表した。つまり、圧力容器のフタが持ちあがったまま、格納容器の内外、建屋内に汚染ガスが長時間にわたり放出され続けた結果、一瞬にして建屋を破壊する爆発が起こったのではないかと説明している。

福島原発 日本で百万人発癌! 今後20年予測(01/20/2012)

『福島原発事故の影響で、今後20年間で、日本では約100万人がガンに罹患し、総額1ー5兆ドル(390兆円)が人間の生命コストになる・・・。スリーマイル・アイランドのDr.Wingの検証から、現地では、3-5年後に肺癌が20%増加したが、このケースより控えめに言っている。
まず、甲状腺がん、そして、肺癌、臓器の癌、白血病、脳腫瘍などを発症するだろう。』との悲観的予測を示した。
(動画投稿者: junebloke)   画面右下の拡大マークをクリックすると全画面になります↑

ガンダーセン氏、2012年に向けて福島原発事故の展望を語る – 放射性 ガレキで東京湾埋め立て、住民無視!(01/05/2012)

昨年末、今後の見通しについて、三つの話題、すなわち福島第一原発の状況、住民の被曝、放射性ガレキについて話している。翻訳概要はYouTubeにもあるが、chihointokyoの毒皿ブログがわかりやすく解説。

米科学者が東京、福島での高放射性粒子計測結果を報告。発癌率上昇!(11/04/2011)

科学者マルコ・カルトフェン氏がホットパーティクルを確認したデータを全米公衆衛生協会の会員の医師たちに報告した。それによると、東京の車のエアフィルターにはかなりの量が見つかり福島県の車に至っては、信じられないくらいの放射性物質があり、日本人は、原発事故の過程で、おびただしい数の放射性粒子を肺や消化器に取り込んでいると予想される。また、子供たちの靴ひもからは80ベクレルものセシウム検出された。これらは、十年後、二十年後に癌に変異するような重篤な健康被害が、日本で起こるであろう事を明示している。
(動画投稿者: junebloke)   画面右下の拡大マークをクリックすると全画面になります↑

黒い雨で家畜が被曝!80km圏外へ全員退避すべき! - 7/19/2011 必見!!

元原子力委員会委員でもあったガンダーソン氏は、以前、福島原発3号機が単なる水素爆発ではなく燃料プールで水素爆発が起こり燃料棒が変形し、臨界による核反応爆発を起こした可能性があると指摘していたが、それを裏付けるような展開に政府、東電を厳しく非難している。
(動画投稿者: junebloke)   画面右下の拡大マークをクリックすると全画面になります↑
【メッセージ概要】
1)福島第一原発事故の現状について
・最初の6週間が放射能流出が多く、現在はその時と比較してかなり減少している。3月には夜間に放射性蒸気をカメラで目視出来たが、現在は温かく目視出来ない。しかし、放出が無くなったわけではない!
・9月には原子炉建屋を覆うカバーが出来るので、放射能放出が原発付近が主になり、また、広範に拡散することはなくなるだろう。
・問題は、汚染地下水と原発汚染水であり今の所それを除去する手立てがないこと、格納容器の底に溶け落ちた核燃料を取り出す技術がないことだ。時間は10~20年はかかるだろう。
2)日本の放射能汚染について
・黒い雨で家畜が被曝! 放射能汚染された肉牛が発見された。セシウムの半減期は30年。
<放射能汚染の稲わらの半減期とは?>
現在: 500,000Bq/Kg 検出。
30年後:250,000Bq/Kg
60年後:125,000Bq/Kg ⇒ 60年経ってもこんなに放射能がある!
・米国原子力規制委員会は、米国市民に福島第一原発から50マイル(80km)圏外への退避を勧告!放射能の拡散が起こっている現状から、非常に正しい勧告だ! 日本人も同様に80km圏外へ全員退避すべきだ!
3)日本で「黒い雨」と呼ばれ始めているものについて
・関東、柏市の国立がんセンターが放射能検査をしたところ、事故当時通常の30倍の放射能を確認。放射線の専門家の計測報告です!
・日本政府は、情報を制限するのではなく、放射性物質を制限することが重要なのです!
(出典:Juneblokeに編集人が一部加筆)

(原発・放射能情報-新着バックナンバー)
今月の新着 2014年8月の新着 2014年7月の新着 2014年6月の新着 2014年5月の新着 2014年4月の新着 2014年3月の新着 2014年2月の新着 2014年1月の新着 2013年12月の新着 2013年11月の新着 2013年10月の新着 2013年9月の新着 2013年8月の新着 2013年7月の新着 2013年6月の新着 2013年5月の新着 2013年3-4月の新着 2013年2月の新着 2013年1月の新着 2012年12月の新着 2012年11月の新着 2012年10月の新着 2012年9月の新着 2012年8月の新着 2012年7月の新着 2012年6月の新着 2012年5月の新着 2012年4月の新着 2012年3月の新着 2012年2月の新着 2012年1月の新着 2011年

サイト支援のお願い当サイトの維持のため寄付や広告出稿によるご支援をお願い申し上げます。