原発・放射能情報
ブルーウォーターワールド

2011年3月11日の東電福島第一原発の事故後、「放射能汚染の状況と対策」や「原発と放射能に関する最新情報」をお伝えすることを目的に本サイトは開設されました。 編集人Twitterロゴ
サイト支援のお願い
サイト一覧 最新ニュース 放射線測定器(ガイガーカウンタ) 関連書籍 防災グッズ  N95マスク 地震モニタ
5月 212012
 

ほとんど報道されないが目を背けてはいけない現実arrow深刻!東電福島第一原発からは、今も毎日2億4000万ベクレルが大気中に、200億ベクレルが海に放出されている』(2013年10月7日、国会で東電社長が答弁して安倍首相が世界に言い放った「放射能は完全にブロック」のが露呈。)

除染と避難のはざまで~父親たちの250日~

NHK ETV特集より

生活環境を放射能によって汚染された人たちの苦悩と、なんとか福島を再生する手だてを探ろうと試行錯誤を繰り返す児玉教授の奮闘を描く、南相馬250日の記録。

 福島県南相馬市の石神第一小学校。原発事故がなければ今年は30人が入学するはずだった。
それが実際に入学したのはわずか8人。多くの親が、事故から一年以上たったいまも子供たちを連れて市外に避難したまま帰らない。

NHK ETV特集(05/20/2012)
画面右下の拡大マークをクリックすると全画面になります↑
この動画はiPhone、iPadではご覧になれない可能性があります。

放射線障害防止法では、一般人の被ばく限度を年間1ミリシーベルト以内と定めている。
単純計算すれば、1時間当たり0.114マイクロシーベルトである。
ところが、福島第一原発の事故の結果、南相馬市では毎時1~2マイクロシーベルト程度の放射線が日常的に計測されるようになってしまった。
特に成長期にある子どもたちは放射線によってDNAが傷つけられる可能性が高く、将来の発癌につながりかねないとして不安視する声が強い。
3.11以前には人口7万を数えた南相馬市だが、いまなお2万人以上が避難生活を送っているのが現実だ。

毎週、南相馬市に通って除染の指導を行っている東京大学アイソトープ総合センター所長の児玉龍彦教授は、住民が安心して暮らすためには、放射性物質が付着した木を切り、屋根や庭の土をすべて取り替えるしかないという。
必要な経費は民家一戸あたり560万円と試算する。
しかし、政府が用意した除染費用は、一戸70万円に過ぎなかった。
さらに、除染に伴い発生する放射性廃棄物の保管場所が周辺住民の反対で決まらないため、当初は4月開始の予定だった南相馬市の除染計画はいまだ実施のめどが立たないままだ。

深刻な放射能汚染といつまでたっても始まらない除染。
石神第一小学校に子どもを通わせている親たちのあいだに動揺が広がり始めた・・・。
NHK番組解説ページより)

(原発・放射能情報-新着バックナンバー)
今月の新着 2014年8月の新着 2014年7月の新着 2014年6月の新着 2014年5月の新着 2014年4月の新着 2014年3月の新着 2014年2月の新着 2014年1月の新着 2013年12月の新着 2013年11月の新着 2013年10月の新着 2013年9月の新着 2013年8月の新着 2013年7月の新着 2013年6月の新着 2013年5月の新着 2013年3-4月の新着 2013年2月の新着 2013年1月の新着 2012年12月の新着 2012年11月の新着 2012年10月の新着 2012年9月の新着 2012年8月の新着 2012年7月の新着 2012年6月の新着 2012年5月の新着 2012年4月の新着 2012年3月の新着 2012年2月の新着 2012年1月の新着 2011年

サイト支援のお願い当サイトの維持のため寄付や広告出稿によるご支援をお願い申し上げます。

arrow【注目記事】この記事を読んでいる人はコチラの記事も読んでいます。

  • 福島の今-飯館村・楢葉町・南相馬市福島の今-飯館村・楢葉町・南相馬市 今もなお続く福島の厳しい現実を私たちは決して忘れてはいけない。国も、他の原発を稼働させる前に優先してやるべきことがあるだろう!  再編に揺れる飯舘村の家族、警戒区域楢葉町に暮ら […]
  • 原発事故を映画化 あえてドラマで心象描く「希望の国」原発事故を映画化 あえてドラマで心象描く「希望の国」 福島原発事故を題材にドキュメンタリーではなく、あえてドラマ仕立てにした初の劇映画が10月20日に公開される。  先の大戦で嫌というほど国民全てが戦争の悲惨さを体験した我国は「二 […]
  • 映画にできること 映画監督・園子温と大震災映画にできること 映画監督・園子温と大震災 南相馬市でのひとつの出会いから、「希望の国」の着想へ  さまざまなジャンルの表現活動を揺さぶった東日本大震災と原発事故。かつて経験したことのない大災害の後に、芸術や思想にいった […]
  • 国の避難・除染政策は甘いのではないか?国の避難・除染政策は甘いのではないか? 旧ソ連より劣っている福島の避難基準、年間被曝量20ミリシーベルト。5ミリシーベルト以上を「強制避難」させ、1ミリシーベルト以上の「移住権利」を認めたチェルノブイリ原発事故の基本法 […]
  • 防ぐことができたはずの汚染水漏れ防ぐことができたはずの汚染水漏れ 小出裕章氏(京大)は、「汚染水問題は、今に始まったわけじゃない。こうなることがわかっていたのに2年間、対策を何も講じないまま放置し続けてきた無能な政府と東電の責任は大きい」と怒り […]
  • チェルノブイリ原発事故・汚染地帯からの報告チェルノブイリ原発事故・汚染地帯からの報告 「第2回 ウクライナは訴える」  チェルノブイリ原発事故から25年以上経った今も放射能汚染による深刻な健康被害に襲われているウクライナの人々。強制避難区域の外側、年間被ばく線量 […]

現在コメント投稿は停止しております。