原発・放射能情報
ブルーウォーターワールド

2011年3月11日の東電福島第一原発の事故後、「放射能汚染の状況と対策」や「原発と放射能に関する最新情報」をお伝えすることを目的に本サイトは開設されました。 編集人Twitterロゴ
サイト支援のお願い
サイト一覧 最新ニュース 放射線測定器(ガイガーカウンタ) 関連書籍 防災グッズ  N95マスク 地震モニタ
6月 222012
 

ほとんど報道されないが目を背けてはいけない現実arrow深刻!東電福島第一原発からは、今も毎日2億4000万ベクレルが大気中に、200億ベクレルが海に放出されている』(2013年10月7日、国会で東電社長が答弁して安倍首相が世界に言い放った「放射能は完全にブロック」のが露呈。)

政局のどさくさの中、とんでもないことが起きた。民・自・公3党が、国民にわからないような形で重要な法改正を通したのだ。

原子力基本法をこっそり変更 軍事利用も?

報道ステーションより

 20日、成立した原子力規制委員会設置法にあわせて、原子力の平和利用をうたった原子力基本法が書き換えられた。世界の核不拡散を名目に核燃料サイクルを維持しようとする原子力ムラ一派姑息な狙いがあるのか?

ANN「報道ステーション」(06/21/2012)
画面右下の拡大マークをクリックすると全画面になります↑
この動画はiPhone、iPadではご覧になれない可能性があります。

 21日の東京新聞第一面に大きく『「原子力の憲法」こっそり変更』という見出しが載った。
政局に国民の気を向かせている間に「実質的な軍事利用に道を開く可能性を否定できない」文言(「安全保障に資することを目的」)が、20日に成立した原子力規制委員会設置法の付則で、こっそり追記されたのだ。
法案は衆院を通過するまで国会のホームページに掲載されておらず、国民の目に触れない形で、ほとんど議論もなく重大な変更が行われていた。

 参議院で採決直前に気づいた民主党谷岡郁子議員が歯止めをかけるべく付帯決議に非核3原則、核不拡散の立場を変えるものではない旨明記させたことをツイッターで明らかにしている

 あくまで核不拡散を崩さないと弁明する細野原発大臣だが、原子力ムラを守る経産省には核不拡散を広義に捉えるふしもあり極めて危険だ。つまり、世界の核不拡散に貢献することを口実にして「原発輸出」と「輸出先の使用済み核燃料の日本での再処理」をセットにして推進することで、万一、国内の原発が稼動していなくても核燃料サイクルを維持しようとする姑息な狙いが見えてくる。

 まさに、消費税政局につけ込んだ原子力ムラ、一部官僚と原子力族議員による騙し討ちのごとき陰謀と推察され、断じて許されるものではない。

 しかも、この問題は「安全保証に関わる」からという理由で規制委員会でさえ原子力に手の及ばない秘密主義に通じる危険性すら孕んでいる。

↓06/24/2012追加動画・記事

原子力の憲法を改正「安全保障に資する」とは?
TBS「サンデーモーニング」(06/24/2012)
画面右下の拡大マークをクリックすると全画面になります↑
この動画はiPhone、iPadではご覧になれない可能性があります。

 コメンテーターの寺島実郎氏が「安全保障と原発は表裏一体」と法改正を援護するかのようなタカ派的発言をしたのに対し、慶應義塾大学・金子教授は「国是に関わる重要問題でやり方が言語道断」と正論で斬り捨てている。既に、韓国などでは「日本が核装備の意図がある」とも報じられており、余計な誤解をされぬためにも早い時期に該当箇所を削除する必要があろう。

(原発・放射能情報-新着バックナンバー)
今月の新着 2014年8月の新着 2014年7月の新着 2014年6月の新着 2014年5月の新着 2014年4月の新着 2014年3月の新着 2014年2月の新着 2014年1月の新着 2013年12月の新着 2013年11月の新着 2013年10月の新着 2013年9月の新着 2013年8月の新着 2013年7月の新着 2013年6月の新着 2013年5月の新着 2013年3-4月の新着 2013年2月の新着 2013年1月の新着 2012年12月の新着 2012年11月の新着 2012年10月の新着 2012年9月の新着 2012年8月の新着 2012年7月の新着 2012年6月の新着 2012年5月の新着 2012年4月の新着 2012年3月の新着 2012年2月の新着 2012年1月の新着 2011年

サイト支援のお願い当サイトの維持のため寄付や広告出稿によるご支援をお願い申し上げます。

arrow【注目記事】この記事を読んでいる人はコチラの記事も読んでいます。

  • 原子力規制委員長に原子力ムラの村長クラス!原子力規制委員長に原子力ムラの村長クラス! 「暴走族のリーダーが暴走族取締り本部の本部長になるのと同じ」と例えた小島敏郎・青山学院大学教授の表現が的を射ている。  原子力規制庁の上、原発の再稼働や安全基準などの決定権をも […]
  • 原発に関し、福島と国会で行われた2つの聴取会原発に関し、福島と国会で行われた2つの聴取会 福島で原発意見聴取会 国会では田中俊一氏を聴取  福島で行われた将来の日本のエネルギー政策を決める意見聴取会。福島の人々の絶望に満ちた悲痛な叫びをペテン師野田総理等ら政権中枢は […]
  • 原発再稼動-おおい町議会が容認原発再稼動-おおい町議会が容認 国の命運を左右する大事が、わずか数名の大臣と十数名の原発立地自治体議員で決められていいはずがない。 5月15日、大飯原発の地元、おおい町議会は11対1の賛成多数で原発再稼動 […]
  • 再生可能エネルギーまでのつなぎは「石炭」で-第2弾再生可能エネルギーまでのつなぎは「石炭」で-第2弾 皆がもう終わったと思っていた「石炭」。この記事と映像を見て考え直したらどうだろうか。  国民の多くが望む脱原発だが、原発に代わる再生可能エネルギーまでのつなぎとなる過渡期エネル […]
  • 空白の初期被ばく~消えたヨウ素131を追う~空白の初期被ばく~消えたヨウ素131を追う~ 国が事故直後に十分な実態調査を行わず不明だった「ヨウ素131による初期の甲状腺被ばく」を、甲状腺がんへの住民の不安を拭うために、一部の学者たちがボランティアで解明。  1月12 […]
  • 衆院選の争点「原発」衆院選の争点「原発」 脱原発か?それとも推進・容認か?各党の主張は一体? (「日本未来の党」発足とインタビュー動画(後編)の追加にともない一部加筆。2012年12月1日)  大飯原発を再稼働しなく […]

現在コメント投稿は停止しております。