原発・放射能情報
ブルーウォーターワールド

2011年3月11日の東電福島第一原発の事故後、「放射能汚染の状況と対策」や「原発と放射能に関する最新情報」をお伝えすることを目的に本サイトは開設されました。 編集人Twitterロゴ
サイト支援のお願い
サイト一覧 最新ニュース 放射線測定器(ガイガーカウンタ) 関連書籍 防災グッズ  N95マスク 地震モニタ
7月 272012
 

ほとんど報道されないが目を背けてはいけない現実arrow深刻!東電福島第一原発からは、今も毎日2億4000万ベクレルが大気中に、200億ベクレルが海に放出されている』(2013年10月7日、国会で東電社長が答弁して安倍首相が世界に言い放った「放射能は完全にブロック」のが露呈。)

NHK「クローズアップ現代」が、初めて「官邸前反原発デモ」を放送した。

デモは社会を変えるか~声をあげはじめた市民たち~

「クローズアップ現代」より

 冒頭、60年安保闘争の映像を流し、また、何故かオウム真理教のドキュメンタリーを制作した森達也氏をゲストコメテーターに迎えるという、いかにもNHKらしい演出だったが、「クローズアップ現代」では初めてこのデモが取り上げられた。
 様々なデモ参加者にマイクを向け比較的好感の持てる内容だった。ただ、この運動の原点が、「原発が嫌」だという素朴な気持ちを持つ人々のいわば「生き方の問題」であることにはあまり触れずに、デモ自体を捉えて、かつての組合や政党などのような団体に組織動員されたデモではなく、ツイッターなどのSNS(ソーシャルネットワーク)で個人が繋がり「集団」を形成しているという社会現象ばかりを強調していたことが残念だ。

NHK「クローズアップ現代」(07/26/2012)
画面右下の拡大マークをクリックすると全画面になります↑
この動画はiPhone、iPadではご覧になれない可能性があります。

 毎週金曜日、首相官邸前で「脱原発」を訴えるデモ。政治や社会運動とは無縁だった介護士や会社員がツイッターなどで呼びかけたところ、参加者が爆発的に増え、数万人規模にまで広がっている。政党や労働組合が組織的に動員する旧来型のデモと異なり、ネットなどで情報を得た個人が自発的に参加しているのが大きな特徴だ。子ども連れの主婦、仕事帰りの会社員、高齢者など多岐にわたる。
 さらにデモで知り合った“デモ友”同士が交流を深め、脱原発以外のテーマで連携する動きも出ている。いまなぜ、人々はデモに集うのか。民主主義のあり方を問う市民たちの姿を追う。
NHK番組解説ページより)

※NHKが最近になって、この反原発デモを取り上げるようになったきっかけは、外務省がWebサイトの「海外主要メディアの日本関連報道」というページで、「NHKは完全に(首相官邸前デモを)無視している」と批判したル・モンドの下記記事を公表したことだと言われている。

14~15日付ル・モンド紙(仏)(「原発とアジサイ」フィリップ・ポンス記者)

 日本ではデモの習慣は失われていたが,1ヶ月前から毎週金曜日の夕方,総理官邸の前で原発反対の抗議デモが行われている。デモの参加者は回を重ねる毎に増えている。しかし,国内の主要新聞の扱いは非常に小さく,NHKはこれを完全に無視している。参加者数は,主催者側の発表では10万人から15万人だが,警視庁はこの十分の一の数としている。
 今日日本で繰り広げられているデモは1960年の日米安保条約調印反対デモや,数十年前から続いている沖縄の米軍基地反対デモ以来最大規模だが,これは「アジサイ革命」につながるだろうか。
 反原発運動の組織はばらばらで,参加者は運動家というより個人としてデモに参加している。60年代及び70年代,原発に反対していたのは農業従事者や漁民で,自分たちの生活様式を守るためであった。その後,チェルノブイリ原発事故で主婦が反原発を訴えるようになり,その後環境保護派が反原発の先鋒を担ぐようになった。
 生活の不安定な人々の数が最近急増した日本では,福島原発事故後,これらの人々が新たに抗議活動に加わるようになった。生活の不安定な若者は,自分たちをマージナルな存在に追いやっている社会経済システムに対する欲求不満のはけ口として,時間的な余裕もあることから反原発運動に加わる。
(原発・放射能情報-新着バックナンバー)
今月の新着 2014年8月の新着 2014年7月の新着 2014年6月の新着 2014年5月の新着 2014年4月の新着 2014年3月の新着 2014年2月の新着 2014年1月の新着 2013年12月の新着 2013年11月の新着 2013年10月の新着 2013年9月の新着 2013年8月の新着 2013年7月の新着 2013年6月の新着 2013年5月の新着 2013年3-4月の新着 2013年2月の新着 2013年1月の新着 2012年12月の新着 2012年11月の新着 2012年10月の新着 2012年9月の新着 2012年8月の新着 2012年7月の新着 2012年6月の新着 2012年5月の新着 2012年4月の新着 2012年3月の新着 2012年2月の新着 2012年1月の新着 2011年

サイト支援のお願い当サイトの維持のため寄付や広告出稿によるご支援をお願い申し上げます。

arrow【注目記事】この記事を読んでいる人はコチラの記事も読んでいます。

  • 原発に関し、福島と国会で行われた2つの聴取会原発に関し、福島と国会で行われた2つの聴取会 福島で原発意見聴取会 国会では田中俊一氏を聴取  福島で行われた将来の日本のエネルギー政策を決める意見聴取会。福島の人々の絶望に満ちた悲痛な叫びをペテン師野田総理等ら政権中枢は […]
  • 原子力規制委員長に原子力ムラの村長クラス!原子力規制委員長に原子力ムラの村長クラス! 「暴走族のリーダーが暴走族取締り本部の本部長になるのと同じ」と例えた小島敏郎・青山学院大学教授の表現が的を射ている。  原子力規制庁の上、原発の再稼働や安全基準などの決定権をも […]
  • 原発再稼動-おおい町議会が容認原発再稼動-おおい町議会が容認 国の命運を左右する大事が、わずか数名の大臣と十数名の原発立地自治体議員で決められていいはずがない。 5月15日、大飯原発の地元、おおい町議会は11対1の賛成多数で原発再稼動 […]
  • 官邸前に大飯再稼働反対の万余の声官邸前に大飯再稼働反対の万余の声 主催者発表10万人以上。4万5千人が集まった1週間前のデモをはるかに凌ぐ人数が集結!  6月29日、毎週金曜日恒例の夕方6時から8時(混乱を危惧した警察の指導で7時半過ぎには解 […]
  • 福島の今-飯館村・楢葉町・南相馬市福島の今-飯館村・楢葉町・南相馬市 今もなお続く福島の厳しい現実を私たちは決して忘れてはいけない。国も、他の原発を稼働させる前に優先してやるべきことがあるだろう!  再編に揺れる飯舘村の家族、警戒区域楢葉町に暮ら […]
  • ネットワークでつくる放射能汚染地図6ネットワークでつくる放射能汚染地図6 川で何がおきているのか  福島第一原発事故から1年あまりたった今、新たな汚染スポットが見つかり、汚染地図の更新が必要になっている。その原因と考えられているのが、河川(水)による […]

現在コメント投稿は停止しております。