原発・放射能情報
ブルーウォーターワールド

2011年3月11日の東電福島第一原発の事故後、「放射能汚染の状況と対策」や「原発と放射能に関する最新情報」をお伝えすることを目的に本サイトは開設されました。 編集人Twitterロゴ
サイト支援のお願い
サイト一覧 最新ニュース 放射線測定器(ガイガーカウンタ) 関連書籍 防災グッズ  N95マスク 地震モニタ
10月 042012
 

ほとんど報道されないが目を背けてはいけない現実arrow深刻!東電福島第一原発からは、今も毎日2億4000万ベクレルが大気中に、200億ベクレルが海に放出されている』(2013年10月7日、国会で東電社長が答弁して安倍首相が世界に言い放った「放射能は完全にブロック」のが露呈。)

原発事故後の対応で、A級戦犯格である佐藤雄平・福島県知事とMr.100mSvの山下俊一・福島県医大副学長の悪事を裏付ける事実をテレ朝「報道ステーション」がスクープ。

甲状腺検査結果

甲状腺検査結果

 放射能には色も匂いもない。だが、福島県と福島県立医科大学が実施している「県民健康管理調査」によると、今年3月時点で、甲状腺検査を受けた3万8000人のうち、36%の子どもたちに、しこりや、のう胞が見つかった。(そのうちの1人は甲状腺がんと診断された。)更に、その数字は、8月時点の発表では44%に増加している。

甲状腺検査を受ける子供達

検査中の子供達

 佐藤雄平福島県知事は、原発事故後、ヨウ素剤を配布しなかっただけでなく、被爆データの欲しい山下俊一放射線アドバイザーと結託して、毎時20ミリシーベルトの放射線量下でも子どもを避難させなかったが、その結果、子供たちの半数近く!の甲状腺に異常が見られる事態を招いたのだ。しかも、検査にあたっては、まるで彼らの過失(悪事)をごまかそうとするかのような秘密会合が開かれていたことが発覚した。
 彼らは逮捕されないのか?

ANN「報道ステーション」(10/03/2012)

動画投稿者 tvpickup  画面右下の拡大マークをクリックすると全画面になります↑
(動画が削除されている場合は、@y_itoh 宛ツイート又はメールでご一報下さい。別サーバーを設定します。)

 原発事故を受けて福島県が実施している「県民健康管理調査」。県がこの調査について議論する検討委員会の委員を集め、事前の打ち合わせをしていたことがわかった。さらに県は、この会合の公表を口止めしていたという。
ANN「報道ステーション」解説ページより引用)

関連ページ

・『子ども甲状腺検査で初めてがんの診断(09/13/2012)
子ども甲状腺検査で初めてがんの診断

子どもに甲状腺がんが発覚

しかし、福島県は「放射線の影響ではない」(福島医大)と原発事故による被曝の影響を否定している!?県内の子どもの甲状腺検査で44%に結節や嚢胞が見つかっているというのにだ。ヨウ素剤を配布しなかった自らの過失に蓋をしようとしているのは明らかだ。
・『『SPEEDI 隠蔽』 裁かれるべき政府と福島県知事の大罪(09/12/2012更新)
放射能拡散予測システム『SPEEDI』の情報を隠し避難誘導に使わずヨウ素剤の処置もしなかった行政の不作為と怠慢のために住民の被曝は拡大した。
(原発・放射能情報-新着バックナンバー)
今月の新着 2014年8月の新着 2014年7月の新着 2014年6月の新着 2014年5月の新着 2014年4月の新着 2014年3月の新着 2014年2月の新着 2014年1月の新着 2013年12月の新着 2013年11月の新着 2013年10月の新着 2013年9月の新着 2013年8月の新着 2013年7月の新着 2013年6月の新着 2013年5月の新着 2013年3-4月の新着 2013年2月の新着 2013年1月の新着 2012年12月の新着 2012年11月の新着 2012年10月の新着 2012年9月の新着 2012年8月の新着 2012年7月の新着 2012年6月の新着 2012年5月の新着 2012年4月の新着 2012年3月の新着 2012年2月の新着 2012年1月の新着 2011年

サイト支援のお願い当サイトの維持のため寄付や広告出稿によるご支援をお願い申し上げます。

arrow【注目記事】この記事を読んでいる人はコチラの記事も読んでいます。

  • 原発事故と福島~子どもの未来を守る~原発事故と福島~子どもの未来を守る~ 見えない放射能の中、『原子力事故による子ども・被災者支援法』は子ども達の未来を守れるか。  福島原発事故から一年半。いまだに見えない放射能への不安が続く中、国会で画期的な法律『 […]
  • 日本が直視すべき内部被ばくの恐るべき現実日本が直視すべき内部被ばくの恐るべき現実 半世紀以上前から米国の言いなりに原発を地震大国に導入・推進し、今回の福島原発事故の責任も取らず、政権に復帰するや再稼働どころか新設までしかねない自民党は、まずこの問題と真剣に取り […]
  • 福島の今-飯館村・楢葉町・南相馬市福島の今-飯館村・楢葉町・南相馬市 今もなお続く福島の厳しい現実を私たちは決して忘れてはいけない。国も、他の原発を稼働させる前に優先してやるべきことがあるだろう!  再編に揺れる飯舘村の家族、警戒区域楢葉町に暮ら […]
  • 映画にできること 映画監督・園子温と大震災映画にできること 映画監督・園子温と大震災 南相馬市でのひとつの出会いから、「希望の国」の着想へ  さまざまなジャンルの表現活動を揺さぶった東日本大震災と原発事故。かつて経験したことのない大災害の後に、芸術や思想にいった […]
  • 消えない放射能~最悪事故が残す汚染の実態~消えない放射能~最悪事故が残す汚染の実態~ 大量放出のナゾ・驚きの拡散ル―ト・ヨウ素被ばくは?・村の分断  史上最悪の福島第1原発事故から1年半。大量に降下し、50年帰ることが出来ない場所を生んだ放射性物質はいつどのよう […]
  • フクシマ・プラン~国際協力チームの廃炉戦略~フクシマ・プラン~国際協力チームの廃炉戦略~ 福島第一原発の廃炉作業の前に大きく立ちはだかる汚染水問題。海外の知見や最新技術の導入は必須だが、9月に結成される国際協力グループは、汚染水対策から廃炉まで全ての行程を監督・実行で […]

現在コメント投稿は停止しております。