原発・放射能情報
ブルーウォーターワールド

2011年3月11日の東電福島第一原発の事故後、「放射能汚染の状況と対策」や「原発と放射能に関する最新情報」をお伝えすることを目的に本サイトは開設されました。 編集人Twitterロゴ
サイト支援のお願い
サイト一覧 最新ニュース 放射線測定器(ガイガーカウンタ) 関連書籍 防災グッズ  N95マスク 地震モニタ
12月 012012
 

ほとんど報道されないが目を背けてはいけない現実arrow深刻!東電福島第一原発からは、今も毎日2億4000万ベクレルが大気中に、200億ベクレルが海に放出されている』(2013年10月7日、国会で東電社長が答弁して安倍首相が世界に言い放った「放射能は完全にブロック」のが露呈。)

結党したばかりの新党「国民の生活が第一」をあっさりと解党し、新党「日本未来の党」に合流させた小沢一郎氏。その心中を、大竹まことが「TVタックル」のノリで直撃インタビュー。

小沢一郎氏

小沢一郎氏

 脱原発票を広く集めることになりそうな「日本未来の党」の総選挙公示日直前での出現は、第3極の目玉とされてきた日本維新の会にとっては、青天の霹靂だったはずだ。仕掛け人は小沢一郎氏である。

 かつて故・田中角栄元首相の秘蔵っ子として頭角を現し、40代の若さで当時の政権を動かしていた自民党幹事長職に就いた小沢氏。もっとも総理の座に近いと言われながら、自民党を離党し、反自民の政権を二度(細川連立政権鳩山民主党政権)も成立させたその手腕は並大抵の政治家のものではない。

 そして、今度は、国民を欺いた党の責任を背負うようにして民主党を去り、新たに設立した政党もわずか数ヶ月で何の未練もなく解党し、「脱原発」を旗印に嘉田由紀子滋賀県知事を代表とする「日本未来の党」の結成を電光石火のごとく成し遂げてしまう政治センスには、国民はもちろんどの政治家たちも度肝を抜かれたのではないか。司法・検察の捏造による小犯罪の嫌疑が完全に晴れた今でも、長年続けられてきたマスコミの小沢バッシングが止まないのは何故か。 「小沢嫌い」の政治家が多いのは何故か。嘉田代表の党首会見での次の言葉がその答えになっているかもしれない。
小沢さんを怖がっているのはこれまで自分たちのために小沢さんを使ってきた人達だ。」

「小沢一郎氏に聞く」(ラジオ音声のみ)
文化放送「大竹まことゴールデンラジオ」(11/30/2012)
この音声はiPhone、iPadではお聞きになれない可能性があります。

●パートナー:室井佑月

小沢氏は、話の中で日本未来の党や脱原発だけでなく福島の子供たちの甲状腺異常の問題についても言及し、「あまりにも政府サイドから安全だという宣伝がされている。今も放射能は出続けていて今後どうなるかわからない。何十兆かかろうが福島を完全に封じ込めないことには日本の未来はない。」と語った。

関連記事

・『生活・小沢代表「原発に依存してしまった」自民党時代を反省
小沢一郎代表は10月29日夕方の定例記者会見で、「(自民党時代に)原発に依存してしまったことを反省する」と述べた。小沢氏は福島の事故が起きる前の2011年1月、フリー記者と赤坂の居酒屋で論議した時に、「原発は過渡期のエネルギー」と話していた。理由として「核廃棄物の捨て場がない」ことを挙げていたという。(10/30/2012)

(原発・放射能情報-新着バックナンバー)
今月の新着 2014年8月の新着 2014年7月の新着 2014年6月の新着 2014年5月の新着 2014年4月の新着 2014年3月の新着 2014年2月の新着 2014年1月の新着 2013年12月の新着 2013年11月の新着 2013年10月の新着 2013年9月の新着 2013年8月の新着 2013年7月の新着 2013年6月の新着 2013年5月の新着 2013年3-4月の新着 2013年2月の新着 2013年1月の新着 2012年12月の新着 2012年11月の新着 2012年10月の新着 2012年9月の新着 2012年8月の新着 2012年7月の新着 2012年6月の新着 2012年5月の新着 2012年4月の新着 2012年3月の新着 2012年2月の新着 2012年1月の新着 2011年

サイト支援のお願い当サイトの維持のため寄付や広告出稿によるご支援をお願い申し上げます。

arrow【注目記事】この記事を読んでいる人はコチラの記事も読んでいます。

  • 国会・政府・民間-3原発事故調委員長国会・政府・民間-3原発事故調委員長 国会・政府・民間、全ての調査報告が出そろい3つの事故調の委員長による議論が行われた。  明らかになった原発事故の謎と真相、残された課題について徹底議論。 […]
  • 衆院選の争点「原発」衆院選の争点「原発」 脱原発か?それとも推進・容認か?各党の主張は一体? (「日本未来の党」発足とインタビュー動画(後編)の追加にともない一部加筆。2012年12月1日)  大飯原発を再稼働しなく […]
  • 大飯再稼動を首相表明 どうなる?脱原発依存大飯再稼動を首相表明 どうなる?脱原発依存 論理の矛盾だらけで支離滅裂な野田首相の「大飯原発再稼働」会見を一刀両断に。TBSが思い切って突っ込んでいる。  国会事故調の黒川委員長「国会から委託された独立した調査の報告をし […]
  • 原発直下に活断層?「断層列島」とどう向き合うか原発直下に活断層?「断層列島」とどう向き合うか ここまでわかっていて、そして、わからなくて原発稼働に挑戦する?  原子力規制委員会は、大飯原発の「活断層」調査を11月2日に行う。調査団には、早くからこの問題を指摘していた東洋 […]
  • 原子力規制庁 修正協議で「骨抜き」原子力規制庁 修正協議で「骨抜き」 テレビ朝日スクープ!極秘資料で見えた「骨抜き」 おざなりの原子力規制庁の独立性  政府が暫定的な安全基準で進めている大飯原発の再稼動に合わせるかのように、原子力規制庁を発足さ […]
  • 国会原発事故調をやり直せ!国会原発事故調をやり直せ! 国会原発事故調査会での菅前総理の驚くべき発言  野田政権が原発再稼働に突き進む中、5月28日に開かれた国会原発事故調査会で菅前総理が参考人招致された。  「原子力ムラは戦前の […]

現在コメント投稿は停止しております。