原発・放射能情報
ブルーウォーターワールド

2011年3月11日の東電福島第一原発の事故後、「放射能汚染の状況と対策」や「原発と放射能に関する最新情報」をお伝えすることを目的に本サイトは開設されました。 編集人Twitterロゴ
サイト支援のお願い
サイト一覧 最新ニュース 放射線測定器(ガイガーカウンタ) 関連書籍 防災グッズ  N95マスク 地震モニタ
1月 142013
 

ほとんど報道されないが目を背けてはいけない現実arrow深刻!東電福島第一原発からは、今も毎日2億4000万ベクレルが大気中に、200億ベクレルが海に放出されている』(2013年10月7日、国会で東電社長が答弁して安倍首相が世界に言い放った「放射能は完全にブロック」のが露呈。)

国が事故直後に十分な実態調査を行わず不明だった「ヨウ素131による初期の甲状腺被ばく」を、甲状腺がんへの住民の不安を拭うために、一部の学者たちがボランティアで解明。

弘前大学・床次眞司氏

弘前大学・床次眞司氏

 1月12日の朝日新聞が『甲状腺被ばく、体内セシウムから推計 弘前大が考案』という見出しで記事を載せ、夜のNHKスペシャルでは関連するドキュメンタリーが組まれた。(一部、昨年3月にETVで放送した「放射能汚染地図5 埋もれた初期被ばくを追え」と重複)
 依然として一部の学者たちがボランティアで地道な研究を続けることで国の尻拭いをせざるを得ないことに、あらためて驚きと怒りを覚える。国は真相を究明されることを怖れているのか。
 彼らによって推測された「ヨウ素131のプルーム(放射能雲)」に晒された福島の子供達は50ミリシーベルト以上被ばくした可能性が高い。昨年夏迄に、既に半数近くに甲状腺の異常も見つかっているのだ。
 チェルノブイリでは甲状腺がんの発症は原発事故後数年経ってからだった。早期発見のための健康管理のみならず将来の補償に備えるためにも事故当時の行動記録をできるだけ詳しく残しておくことが必要だ。

NHKスペシャル-シリーズ東日本大震災(01/12/2013)
1-ヨウ素131の行方と被ばくの実態に迫る
右下の拡大マークのクリックで全画面に↑
※ご覧になれない場合は、こちらのプレーヤー又はこちらの動画でどうぞ。プレーヤーが、上のフレームと被る場合はブラウザを上下にスクロールして下さい。

内容要旨

(映像前半)
「どれだけ被ばくしたのか知りたい」それが住民の切実な希望だ。だが、国による正確な測定が行われないまま消えてしまったヨウ素131。
弘前大学被ばく医療総合研究所の床次眞司氏らが、福島県浪江町の住民に甲状腺被ばく検査を実施したところ、62名中46名(約7割)の甲状腺からヨウ素131を検出した。(中央値:3.5mSv

ヨウ素の最大被ばく推計

クリックで拡大

ヨウ素による被ばくは甲状腺等価線量で示されるが、最大値は40代の男性で33mSvだった。成人より影響を受けやすい乳幼児の場合は63mSvと推計される。チェルノブイリでは平均50mSvで有意に甲状腺がんが増加した。
「あくまで過大に推測しているが多くの子供たちに影響があるだろう」との床次氏の説明に頭を抱える浪江町役場の担当者たち。
多くの避難者を受け入れていた(原発から南に離れた)いわき市も例外ではない。国からの指示がないため安定ヨウ素剤は配布しただけだった。さらに南の茨城県でもヨウ素被ばくへの関心は高い。

セシウムとヨウ素の汚染マップ

クリックで拡大

(映像33分頃~)
ヨウ素131はどのように大気中で拡散されたか
濃度が高かったヨウ素131。原因は南下した放射能プルームだった!
津波でダメージを受けたモニタリングポストに代わり、福島県原子力センターによる測定(ダストサンプリング)が3月12日から13日に実施されたが、原発の水素爆発により国(文部科学省)の指示で中止された。18日に再開されたが原発で異変があった14日から17日のデータが抜け落ちていたところ、半年後、原発周辺5ヶ所のモニタリングポストなどのデータが残っていることがわかった。
これらのデータにより拡散されたヨウ素131の総量は20.6京ベクレルと推定された。(チェルノブイリの約10分の1)

(映像49分頃~)
放射能プルーム(ヨウ素131)の拡散シミュレーション映像
3/15 04:00(クリックで画像表示):いわき市に2,000ベクレル/m3以上のヨウ素131が到達(市内最大空間線量の観測時と一致)
3/15 11:00(クリックで画像表示):関東一円に到達(世田谷で241ベクレル/m3のヨウ素131を測定。京大の小出裕章氏も参議院の行政監視委員会で別の観測データを証言している⇒YouTube動画
3/15 18:30(クリックで画像表示):北西方向の風で飯館村や浪江町に1万ベクレル/m3以上のヨウ素131が到達

地表付近のヨウ素131の濃度分布(3/12~31の合計値)

クリックで拡大

プルーム通過の高さを3次元解析したところ、3月14日深夜から15日明け方にかけ福島県南部沿岸では地表近くを通過、その後、3月15日正午から上空を移動したと推測される。
これらをもとに、3月12日から31日までに地表付近で拡散されたヨウ素131の合計値から作成された濃度分布図が右図である。
5歳児の「甲状腺等価線量」推定分布図

クリックで拡大

左図は、茨城県立医療大学・佐藤教授が、「5歳児が3月12日から31日の間、24時間外気を吸入した」と仮定して作成した「甲状腺等価線量」の推定分布である。内陸部は20mSv台沿岸部の一部では50mSv超のヨウ素被ばくを示す甲状腺等価線量が推計されている。チェルノブイリでは平均50mSvで有意に甲状腺がんが増加した。

これらのデータを当時の住民の行動調査(どこにどの時間いたか)と合わせてより精密な分析が必要とされる。

NHKスペシャル-シリーズ東日本大震災(01/12/2013)
2-甲状腺被ばくを体内セシウムから推計する
右下の拡大マークのクリックで全画面に↑
※ご覧になれない場合は、こちらのプレーヤー又はこちらの動画でどうぞ。プレーヤーが、上のフレームと被る場合はブラウザを上下にスクロールして下さい。

内容要旨

実測値からのヨウ素とセシウムの比率

クリックで拡大

事故後、ヨウ素が体内から消えてしまったあとに行われた浪江町の町民5,489人の内部被曝検査結果を元に甲状腺の内部被ばくを、セシウムによる内部被ばくから推計する方法を、前出の弘前大・床次眞司氏らが考案した。
事故直後の実測値からヨウ素とセシウムの比率を平均で「0.23:1」と試算して、事故当時の「甲状腺等価線量」を推計するのだ。

セシウムを検出できた125人についての推計結果
推定範囲:1~33mSv
中央値:2msV
最大値も33mSvであり事故直後の甲状腺等価線量とほぼ同じとなったので乳幼児の等価線量が大いに心配される。
くどいようだが、この最大値は成人より影響を受けやすい乳幼児の場合は63mSvと推計される。チェルノブイリでは平均50mSvで有意に甲状腺がんが増加した。

NHK番組解説ページ

 福島第一原発事故の後、政府や東京電力は各種調査に基づき、一般住民に対する放射能の健康影響はほとんど無いと説明してきた。
 しかし見過ごされている被ばくがある。事故直後に大量放出された放射性物質・ヨウ素131の影響だ。この放射性物質はチェルノブイリ事故後に急増した子どもの甲状腺ガンとの因果関係が科学的に立証されている。ただし半減期8日と短時間で消滅するため、放出直後の被ばく回避措置、そしてヨウ素が消える前の正確な被ばく調査が重要となる。ところが今回はいずれも行われなかった。
 その結果として、被災地では事故から1年半を過ぎて乳幼児を抱えた親たちの間で不安が膨らみ続けている。
 被災者にとってヨウ素被ばくの目安を知っておくことは、今後のガン検診や予防対策に決定的な意味を持つ。住民の切実な要望にこたえようと、研究者がヨウ素被ばく量の実態に迫ろうとしている。また一方では、放射能測定や気象の専門家チームがセシウムではなくヨウ素の放射能汚染地図を作成に挑んでいる。様々なアプローチによってヨウ素被ばくの空白が明らかになる中、汚染にさらされた福島県の自治体は独自の健康対策に乗り出し始めた。番組では最新の科学技術によって失われた時をさかのぼる研究者たちの実証的な知見を総合し、初期被ばくの実態を解き明かす。

関連動画

・『ネットワークでつくる放射能汚染地図5 埋もれた初期被ばくを追え』(3/11NHK・ETV特集) 03/12/2012

ネットワークでつくる放射能汚染地図5

前半

後半
(↑それぞれ動画がポップアップします)
原発事故初期に放出されたヨウ素131は、甲状腺がんの原因になる危険性があるが、半減期8日と短い間に消失してしまうため、今回の事故で国は、事故初期の現場の混乱などによってヨウ素131の動きを十分に把握できず、住民の内部被ばく調査も行わなかった。無防備なままヨウ素131にさらされた可能性がある子どもたち。しかし、事故初期に独自の甲状腺調査が行われていたことや、未公開の原発周辺のデータがあることが判明NHK番組解説ページ

(原発・放射能情報-新着バックナンバー)
今月の新着 2014年8月の新着 2014年7月の新着 2014年6月の新着 2014年5月の新着 2014年4月の新着 2014年3月の新着 2014年2月の新着 2014年1月の新着 2013年12月の新着 2013年11月の新着 2013年10月の新着 2013年9月の新着 2013年8月の新着 2013年7月の新着 2013年6月の新着 2013年5月の新着 2013年3-4月の新着 2013年2月の新着 2013年1月の新着 2012年12月の新着 2012年11月の新着 2012年10月の新着 2012年9月の新着 2012年8月の新着 2012年7月の新着 2012年6月の新着 2012年5月の新着 2012年4月の新着 2012年3月の新着 2012年2月の新着 2012年1月の新着 2011年

サイト支援のお願い当サイトの維持のため寄付や広告出稿によるご支援をお願い申し上げます。

arrow【注目記事】この記事を読んでいる人はコチラの記事も読んでいます。

  • 福島第一原発3号機は大丈夫か!?福島第一原発3号機は大丈夫か!? ウランとプルトニウムの混合物であるMOX燃料を使用していたプルサーマル原子炉の福島3号機が危険な兆候を示している。  湯気が発生している福島第一原発3号機5階で、最大2170ミ […]
  • 国の避難・除染政策は甘いのではないか?国の避難・除染政策は甘いのではないか? 旧ソ連より劣っている福島の避難基準、年間被曝量20ミリシーベルト。5ミリシーベルト以上を「強制避難」させ、1ミリシーベルト以上の「移住権利」を認めたチェルノブイリ原発事故の基本法 […]
  • 防ぐことができたはずの汚染水漏れ防ぐことができたはずの汚染水漏れ 小出裕章氏(京大)は、「汚染水問題は、今に始まったわけじゃない。こうなることがわかっていたのに2年間、対策を何も講じないまま放置し続けてきた無能な政府と東電の責任は大きい」と怒り […]
  • NHKアーカイブス『シリーズ原子力』NHKアーカイブス『シリーズ原子力』 NHKの過去のアーカイブスから原子力番組をシリーズにし、平成23年11月に放送(平成24年3月に再放送)されたもの。過去の番組をフクシマ後の視点で見つめることで、改めて“エネルギ […]
  • 映画にできること 映画監督・園子温と大震災映画にできること 映画監督・園子温と大震災 南相馬市でのひとつの出会いから、「希望の国」の着想へ  さまざまなジャンルの表現活動を揺さぶった東日本大震災と原発事故。かつて経験したことのない大災害の後に、芸術や思想にいった […]
  • 原発事故を映画化 あえてドラマで心象描く「希望の国」原発事故を映画化 あえてドラマで心象描く「希望の国」 福島原発事故を題材にドキュメンタリーではなく、あえてドラマ仕立てにした初の劇映画が10月20日に公開される。  先の大戦で嫌というほど国民全てが戦争の悲惨さを体験した我国は「二 […]

現在コメント投稿は停止しております。