原発・放射能情報
ブルーウォーターワールド

2011年3月11日の東電福島第一原発の事故後、「放射能汚染の状況と対策」や「原発と放射能に関する最新情報」をお伝えすることを目的に本サイトは開設されました。 編集人Twitterロゴ
サイト支援のお願い
サイト一覧 最新ニュース 放射線測定器(ガイガーカウンタ) 関連書籍 防災グッズ  N95マスク 地震モニタ
3月 112013
 

ほとんど報道されないが目を背けてはいけない現実arrow深刻!東電福島第一原発からは、今も毎日2億4000万ベクレルが大気中に、200億ベクレルが海に放出されている』(2013年10月7日、国会で東電社長が答弁して安倍首相が世界に言い放った「放射能は完全にブロック」のが露呈。)

「政治家は福島をなかったことにしようとしている」

大江健三郎

大江健三郎氏

 3月10日、全国規模で展開された「原発ゼロ大行動」に先駆けて3月9日に東京・明治公園で催されたイベント「つながろうフクシマ!さようなら原発大行動」でノーベル賞作家の大江健三郎氏が倫理感あふれる感動的なスピーチを行った。同じ芥川賞作家でも「被爆体験を持つ日本人の反原発運動は、放射能へのトラウマから原発、放射能への恐れというセンチメントに駆られているだけだ」と言い放ち、「反原発は国家的喪失」と主張する原発推進論者の前東京都知事(日本維新の会代表)の暴走老人ぶりとは際立った人間性の違いを見けた。

映像:IWJ(03/09/2013)
『大江健三郎氏スピーチ』
動画投稿者 iss2012  画面右下の拡大マークをクリックすると全画面になります↑
(動画が削除されている場合は、@y_itoh 宛ツイート又はメールでご一報下さい。別サーバーを設定します。)

(文字起し)
 福島の大震災・原発事故の直後から一斉に原発ゼロという声が高まりました。それは私が生まれてから老年のいままでかつて味わったことのない統一された日本人の声でした。ほんの子どもの頃の、まだ5、6歳の頃の超ナショナリズムの機運がそれに近かった。しかしはっきり違う。
 それが今、色あせてきた、勢いを失ってきているのじゃないかという声は、まさにためにするものと私は考えています。今日、私らはその反証を示すでしょう。それは福島が日本人得意のセリフ、非常に日本的なセリフ、「なかったことにする」ことが絶対にできないことだからです。
 私は作家です。そこで文学の側からの証言をお伝えします。長崎の浦上の丘の上で原爆に見舞われた、そして、今日にいたるまで、少女の時から娘、そして中年の女性になられて、被爆の小説を書き続けておられる、林京子さんという素晴らしい作家がおられます。
 その林さんの一番新しい仕事が文芸雑誌『群像』に載っています。その中の林さんの声をお伝えします。福島に何が起こったか起こり続けているかの、林京子さんによる注意深い受け止めは、直接長崎で被爆されたことにつながっています。
 長崎の苦難とそれ以後の苦難をしっかり生きた人が、福島の新しい被曝者の方たちの脇にしっかり立っているのであります。
 福島の状況を伝えるあるテレビを林さんが見ておられた。すると国か自治体の役人が子どもたちに「内部被曝」ということを言った。そして林さんは涙を流した。涙が止まらなかったといわれます。
 内部被曝ということは、放射能の非常に微細な粒子が身体の中に入って、30年40年と放射能を発しつづけて、そしてがんのような病気を引き起こす。それが内部被曝という恐ろしいものであります。
 内部被曝という言葉が、私たち広島・長崎の被爆者にとってどういうものであったか、それは役人たちが使う言葉ではどのようになかったかということを、林さんが書いておられる。その言葉を引用します。
幾人のクラスメートが、被爆者たちが「内部被曝』のために「原爆症」を発症し、死んでいったか。原爆症の認定を得るために国に申請する。国は却下。被爆と原爆症の因果関係なし。または不明。ほとんどの友人たちが不明と却下されて、死んでいきました。
それを見据えて、福島の、戦後の人間の生き方をどのようにこの国の将来と結び付けて考えるか。とくに子どもたちのこととして。それが大きい問題だ。
』と、
林さんは言われます。林さんは不屈の人というか、強い方です。
 福島の原発事故について、あれ以来、国・政府が、とくに産業界が、すべてではありませんが多くの地方自治体が、そして政治家が、福島の原発事故はなかったとさえいいかねない態度をいま示し始めています。
 少なくとも福島の事故は終わったということは、2年前から政治家によって声明され続けてきたことであります。そしていま、なかでも能天気な政治家が突っ走っている。
 その東京の進み方に林さんはその文学のかつてなかったほど沈み込んでしまわれます。ところが、その林さんが昨年7月の代々木公園で脱原発の集会があるということをテレビで見つけられました。1人新幹線に乗ってやってこられます。林さんの言葉です。
駅から公園までの短かい距離のなかで、これほど素直で率直な、人びとの「いのち」への思慕を感じたことはありません。戦後六十数年の年月のなかで、人びとがとった最後の選択なのです。』(大江注・それがこの集会なのです)
戦いを生き抜いたわたしたちのバトンは、若い人たちに確かに渡っている。感動でした。(中略)
 大震災から引きずってきた迷いも、まどわされる揺れも終わりです。浦上の丘でもらった命一つの謙虚なわたしに還って、代々木から新しい出発です。
 このように林さんは小説を結んでおられます。広島、長崎での経験をつないで福島を見つめて、もう一度放射物質で子どもらを殺させはしないという意志に立つ希望を、わたしは林さんのそのまま自分のうちにしっかり取り入れたいと思います。
 いま現在、三つの私としての決意を持っています。それは、広島長崎そして福島をなかったことにしようという連中とはたたかう。それが第一です。
 第二は、もう一台の原子炉も再稼働させない。そのために働く。もう一つは、今日のデモのコースを完走、というのではありませんが、完歩するために努力するというのがわたしの決心です。
  (木内みどりさんのFacebookより)

(原発・放射能情報-新着バックナンバー)
今月の新着 2014年8月の新着 2014年7月の新着 2014年6月の新着 2014年5月の新着 2014年4月の新着 2014年3月の新着 2014年2月の新着 2014年1月の新着 2013年12月の新着 2013年11月の新着 2013年10月の新着 2013年9月の新着 2013年8月の新着 2013年7月の新着 2013年6月の新着 2013年5月の新着 2013年3-4月の新着 2013年2月の新着 2013年1月の新着 2012年12月の新着 2012年11月の新着 2012年10月の新着 2012年9月の新着 2012年8月の新着 2012年7月の新着 2012年6月の新着 2012年5月の新着 2012年4月の新着 2012年3月の新着 2012年2月の新着 2012年1月の新着 2011年

サイト支援のお願い当サイトの維持のため寄付や広告出稿によるご支援をお願い申し上げます。

arrow【注目記事】この記事を読んでいる人はコチラの記事も読んでいます。

  • 福島第一原発3号機は大丈夫か!?福島第一原発3号機は大丈夫か!? ウランとプルトニウムの混合物であるMOX燃料を使用していたプルサーマル原子炉の福島3号機が危険な兆候を示している。  湯気が発生している福島第一原発3号機5階で、最大2170ミ […]
  • フクシマ・プラン~国際協力チームの廃炉戦略~フクシマ・プラン~国際協力チームの廃炉戦略~ 福島第一原発の廃炉作業の前に大きく立ちはだかる汚染水問題。海外の知見や最新技術の導入は必須だが、9月に結成される国際協力グループは、汚染水対策から廃炉まで全ての行程を監督・実行で […]
  • 北欧で世界初の「核のゴミ」最終処分場北欧で世界初の「核のゴミ」最終処分場 原発に関して世界を悩ませているのは安全になるのに10万年かかるとされる核のゴミ(放射性廃棄物)の最終処分問題だ。  原発の稼働には、ゴミの最終処分の解決が不可欠とする明確な国家 […]
  • 原発と原爆-日本の原子力と米国の影原発と原爆-日本の原子力と米国の影 この国が原子力、核の問題を隠すという悪しき習性は、結局米国譲りのものだった。長年、日米原子力協定のもと米国に隷従を強いられてきた日本は、今後も原発を推進する米国の代理人を続けなけ […]
  • 「大飯原発差し止め」判決の意味するもの「大飯原発差し止め」判決の意味するもの 『主文:被告(関西電力)は、大飯発電所3号機及び4号機の原子炉を運転してはならない。』  脱原発に舵を切ったドイツのように原発を経済面や技術面ではなく、倫理的観点から捉えていく […]
  • 大臣退席に双葉町長が抗議のスピーチ!大臣退席に双葉町長が抗議のスピーチ! 口先だけの民主党政権を厳しく非難する双葉町長。  かつて、広島、長崎への「原爆投下」を察知しながら空襲警報すら鳴らさなかった大本営。さらに被爆後、米国の言いなりに「原爆被害」を […]

現在コメント投稿は停止しております。