原発・放射能情報
ブルーウォーターワールド

2011年3月11日の東電福島第一原発の事故後、「放射能汚染の状況と対策」や「原発と放射能に関する最新情報」をお伝えすることを目的に本サイトは開設されました。 編集人Twitterロゴ
サイト支援のお願い
サイト一覧 最新ニュース 放射線測定器(ガイガーカウンタ) 関連書籍 防災グッズ  N95マスク 地震モニタ
4月 242013
 

ほとんど報道されないが目を背けてはいけない現実arrow深刻!東電福島第一原発からは、今も毎日2億4000万ベクレルが大気中に、200億ベクレルが海に放出されている』(2013年10月7日、国会で東電社長が答弁して安倍首相が世界に言い放った「放射能は完全にブロック」のが露呈。)

暗礁に乗り上げている東電福島第1原発の地下貯水槽からの高濃度放射能汚染水の漏出問題。原因は?海への流出はあるのか?NHK「クローズアップ現代」が切り込んだ。

あふれる汚染水 福島第一原発で何が

NHK映像より

 35兆ベクレルの放射性物質が流出!小出裕章氏(京大原子炉実験所)によれば、「広島に投下された原爆の三分の一に匹敵する量の放射性物質が地下に漏れてしまった今回の汚染水漏れ」。(参照:
止まらない放射性汚染水の漏出』)
原因は土木的な充分な検討もなされないまま安直にその場しのぎの対策が講じられ続けてきたことにあった。「水漏れは絶対に起きない」という東電の過信があったわけだが、「原発は絶対に安全」という神話が崩れた今でもこの会社の無責任体質は何ら変わってはいないようだ。
 日本原子力研究開発機構は、約10年後に放射性物質の大半を占める放射性ストロンチウムが法令の濃度限度(1リットルあたり30ベクレル)を上回り海に流れ出ると試算した。海洋汚染で漁業への影響のみならず損害賠償を含め大きな国際問題になることは必定だ。海への流出は100年後だと呑気なことを言っている怠慢な犯罪者-東電に、もはや任せておけるはずがない。東電福島第1原発の廃炉作業を検証するため来日した国際原子力機関(IAEA)の調査団も22日、「汚染水の問題が、直面する最大の課題だ」と指摘した。(参考記事
 世界中から知恵を借りオールジャパン体制で事態の打開に取り組む必要がある。

NHK「クローズアップ現代」(04/23/2013)
あふれる汚染水 福島第一原発で何が
動画投稿者 tvpickup  画面右下の拡大マークをクリックすると全画面になります↑
(動画が削除されている場合は、@y_itoh 宛ツイート又はメールでご一報下さい。別サーバーを設定します。)

 今月、相次いで起きた東京電力・福島第一原発の汚染水漏えい。新たに造られた地下貯水槽から高濃度の汚染水が漏出し、移送する先のタンクが足りなくなる懸念が生じている深刻な事態に直面している。原因を探ると、福島第一原発では毎日400トンずつ増える汚染水の保管に振り回され、地下貯水槽からの漏えいのリスクについて、東京電力も、監督・規制する側の国も見落としていたことが明らかになってきた。漏えいは、なぜ起きたのか。そして、他にも盲点となっている「潜むリスク」はないのか。規制当局や地下水の専門家などへの取材も交えて、現場の実態に迫る。
NHK「クローズアップ現代」番組ページより引用)

(原発・放射能情報-新着バックナンバー)
今月の新着 2014年8月の新着 2014年7月の新着 2014年6月の新着 2014年5月の新着 2014年4月の新着 2014年3月の新着 2014年2月の新着 2014年1月の新着 2013年12月の新着 2013年11月の新着 2013年10月の新着 2013年9月の新着 2013年8月の新着 2013年7月の新着 2013年6月の新着 2013年5月の新着 2013年3-4月の新着 2013年2月の新着 2013年1月の新着 2012年12月の新着 2012年11月の新着 2012年10月の新着 2012年9月の新着 2012年8月の新着 2012年7月の新着 2012年6月の新着 2012年5月の新着 2012年4月の新着 2012年3月の新着 2012年2月の新着 2012年1月の新着 2011年

サイト支援のお願い当サイトの維持のため寄付や広告出稿によるご支援をお願い申し上げます。

arrow【注目記事】この記事を読んでいる人はコチラの記事も読んでいます。

  • 福島第一原発3号機は大丈夫か!?福島第一原発3号機は大丈夫か!? ウランとプルトニウムの混合物であるMOX燃料を使用していたプルサーマル原子炉の福島3号機が危険な兆候を示している。  湯気が発生している福島第一原発3号機5階で、最大2170ミ […]
  • 止まらない放射性汚染水の漏出止まらない放射性汚染水の漏出 東電福島第1原発の地下貯水槽からストロンチウムを含む放射性物質に汚染された水が相次いで漏れている問題が暗礁に乗り上げている。もはや地下水脈を通じて海への流出は必至だろう。海洋汚染 […]
  • 核最終処分場を巡る町長の罪核最終処分場を巡る町長の罪 鹿児島県南大隅町の現職町長が住民には内緒で、何でもアリの原発関連施設を誘致する委任状を書いていたという衝撃の事実。背後に見え隠れする東京電力元会長の影。その知られざる交渉舞台裏を […]
  • 深刻さ続く原発汚染水深刻さ続く原発汚染水 汚染水問題の課題とは?水野倫之NHK解説員の渾身の現地レポート。  福島第一原発には、高濃度放射性汚染水が既に40万トン(貯蔵タンク数1000)­以上あり日々増加(1日40 […]
  • 日本は「世界一厳しい原発規制基準」など作れない!日本は「世界一厳しい原発規制基準」など作れない! 現存の原発を稼働させることが前提では、「世界一厳しい安全規制基準」など作れるはずがない。それでは国内の原発全てが不適格となるからだ。  そもそも福島原発事故は「津波」ではなく「 […]
  • 2013年、どうなる「省みない政治と原発の行方」2013年、どうなる「省みない政治と原発の行方」 「たね蒔きジャーナル」の精神を受け継いだ毎日放送ラジオ「報道するラジオ」の年末スペシャル。  国民の間で脱原発の声が圧倒的に多い中、原発を意図的に選挙の争点からはずし、政権を奪 […]

現在コメント投稿は停止しております。