原発・放射能情報
ブルーウォーターワールド

2011年3月11日の東電福島第一原発の事故後、「放射能汚染の状況と対策」や「原発と放射能に関する最新情報」をお伝えすることを目的に本サイトは開設されました。 編集人Twitterロゴ
サイト支援のお願い
サイト一覧 最新ニュース 放射線測定器(ガイガーカウンタ) 関連書籍 防災グッズ  N95マスク 地震モニタ
10月 222013
 

ほとんど報道されないが目を背けてはいけない現実arrow深刻!東電福島第一原発からは、今も毎日2億4000万ベクレルが大気中に、200億ベクレルが海に放出されている』(2013年10月7日、国会で東電社長が答弁して安倍首相が世界に言い放った「放射能は完全にブロック」のが露呈。)

「誰にも責任を取らせず、見たくないものを見ず、みんな仲良しで暮らしていけば楽でしょう。しかしもし、誇りある生き方を取り戻したいのなら、見たくない現実を見なければならない。深い傷を負う覚悟で前に進まなければならない。」(古美門研介)

堺雅人演じる古美門弁護士

堺雅人演じる古美門弁護士

 福島第一原発事故で、東京地検が東電元幹部ら全員を不起訴処分としたことを不服として、被災者らでつくる福島原発告訴団が16日、「東電に強制捜査もせず、捜査を尽くしたとはいえない」などと訴え検察審査会に審査を申し立てた。是非、強制起訴の判断を願いたい。(関連ニュース
 ところで、高視聴率で話題となったTBSドラマ「半沢直樹」で主役を演じた俳優・堺雅人が凄腕弁護士・古美門研介(コミカドケンスケ)に扮するフジテレビ・ドラマ「リーガルハイ」第2シリーズの放映が始まった。
 依頼人の利益を最大優先して法廷で弁舌巧みに黒を白にし、白を黒にもしてしまう辣腕弁護士を描くドラマだが、昨年放送された前シリーズの中で強烈に筆者の印象に残っているストーリーがある。
 タイトルは、「恩讐の村人よ…美しき故郷を取り戻せ」。大企業相手の田舎の公害問題訴訟をややコミカルに描いているのだが、当時、この物語と福島を重ねあわせて見ていた人は多いのではないだろうか。
 ドラマの終盤、「絆」という言葉のもと、したたかな大企業に懐柔され訴訟を取り下げようとする住民を目覚めさせる古美門弁護士の鬼気迫るセリフが圧巻で、まさに福島に限らず原発の立地地域の人々はもとより全ての国民に聞いてもらいたい内容なのだ。
 福島原発事故をめぐって今後、長きにわたって続く国民の闘いは、もっと強大な敵『嘘をつく政府と原子力ムラ』が相手だ。利己主義に走る上司に何度も陥れられながらも、怯(ひる)むことなく自分で問題解決に意欲を見せ目的を達成していく半沢直樹の不屈の精神も必要だが、何よりも古美門研介が訴える「誇りある生き方」を忘れてはならないと強く思う。(参考動画・記事『真実は闇の中・・・政府は必ずウソをつく?』)

フジテレビ・ドラマ『リーガルハイ』
第9話「恩讐の村人よ…美しき故郷を取り戻せ!!」(2012年6月12日放送)


あらすじ
「俺たちの村をお助け下さい」
古美門(堺雅人)を頼って地方から春夫(二瓶鮫一)ら5人の老人が上京してきた。彼らは南モンブラン市という、昔は絹美村と呼ばれていた山々に囲まれた美しい集落の出身で、元村長夫人のたね(左時枝)の指示で、東京で一番の弁護士を探しにきたという。
彼らの住む地域では、必死な反対運動にもかかわらず、5年前に仙羽化学という大企業の化学工場ができてから、死者まで出ているらしい。
大企業相手の公害問題訴訟、さらには顧問弁護士が三木(生瀬勝久)ということもあり、これまで依頼した弁護士には全て断られていた。
依頼を受けた古美門は、絶対に勝てない裁判だと断言し、老人たちの依頼をきっぱりと断る。古美門特有の毒の効いた断り方にあぜんとし、怒って席を立つ老人たち。
非協力的な古美門を批判する黛(新垣結衣)は、古美門に 追い返された春夫らが見捨てられず、1人で現地に向かう。調べると、井戸水や農産物からヒ素化合物が検出される…。
番組解説ページより一部引用)

右下拡大マークのクリックで全画面に

iPhone、iPadでご覧になれない場合は、こちらで御覧ください。ドラマのクライマックス(34分頃から)である下記「サビの台詞」は以下の「メーキングシーン」映像でも視聴できます。

堺雅人の鬼気迫る演技と古沢良太脚本のセリフが冴える!圧巻の場面-書き起こし

(34分頃から)
(村人)そう、絆を再確認できたものね。
(村人)金がすべてじゃないんですよ。
(村人達)そうだ、そうだ。
(古美門)すばらしい!みなさんのお考えに感服いたしました。さすがふれあいと絆の里だ。それではそのように手続きしましょう。黛くん、あとは頼んだ。さようなら。
(黛)先生これでいいんですか?
(古美門)いいんだよ。
(黛)でも。
(古美門)彼らが良いと言ってるんだから。ですよね、みなさん。
(村人)ええ、この世には金よりも大事なものがありますから。な!
(村人達)そうだ、そうだ。
(古美門)見たまえ、彼らの満足そうなこの表情を。ズワイガニ食べ放題ツアーの帰りのバスの中そのものじゃないか。黛くん、よく覚えておきたまえ、これが、この国の馴合いという文化の根深さだ。人間は、長い年月飼い馴らされると、かくもダニのような生き物になるのだよ。
(村人)なにぃ?オレたちのこと言ってんのか!
(古美門)他に誰かいますか?自覚すらないとは本当にうらやましい。コケにされているのも気づかないまま墓に入れるなんて、幸せな人生だ。
(村人)あんたちょっとひどいんじゃないか?
(古美門)申し訳ありません。最初に申し上げたとおり皆さんのような惨めな老人どもが大っ嫌いなもんでして。
(村人)おい若造、お前なんなんだよ!お前そんなに偉いのか!
(村人)そうよ!目上の人を敬うってことがないの?
(村人)私たちは君の倍は生きてんだ!
(古美門)倍も生きていらっしゃるのに、ご自分のこともわかっていらっしゃらないようなので教えて差し上げているんです。いいですか、皆さんは国に見捨てられた民、棄民なんです。国の発展のためには年金を貪るだけの老人なんて無価値ですから、ちりとりで集めてはじっこに寄せて、羊羹を食わせて黙らせているんです。大企業に寄生する心優しいダニ、それが皆さんだ。
(黛)先生もうやめてください。
(村人)てめえだってダニに寄生してるばい菌じゃねえか!
(村人)あたしたちの何が気に入らないの?
(古美門)かつてこの地は、一面に桑畑が広がっていたそうです。どの家でも蚕を飼っていたからだ。それはそれは美しい絹を紡いだそうです。それを讃えて人々は、いつしかこの地を絹美と呼ぶようになりました。養蚕業が衰退してからは稲作に転じました。日本酒に適した素晴らしい米を作ったそうですが、政府の農地改革によってそれも衰退した。その後はこれといった産業もなく、過疎化の一途を辿りました。市町村合併を繰り返し、補助金でしのぎました。五年前に化学工場がやってきましたねぇ。反対運動をしてみたらお小遣いが貰えた。多くは農業すら放棄した。ふれあいセンターなどという中身の無い立派な箱物も建ててもらえた。使いもしない光ファイバーも引いてもらえた。ありがたいですねぇ。絹美という古臭い名前を捨てたら南モンブラン市というファッショナブルな名前になりました。なんてナウでヤングでトレンディなんでしょう。そして今、土を汚され、水を汚され、病に冒され、この土地にも最早住めない可能性だってあるけれど、でも商品券もくれたし、誠意も絆も感じられた。ありがたいことです。本当によかったよかった。これで土地も水も甦るんでしょう。病気も治るんでしょう。工場は汚染物質を垂れ流し続けるけれど、きっともう問題は起こらないんでしょう。だって絆があるから
(村人)わぁぁぁ。〈と叫びながら古美門を殴りつける〉はなせぇ。てめえなんか、てめえなんか、ぶっ殺してくれるぅ。
(村人)譲二の気持ちはもっともだ。
(村人)そうよ、どうしてそんな酷いことが言えるの?あんたは悪魔よ!
(村人)あんたなんかに、オレたちの苦しみがわかってたまるか!オレたちだってあんたの言ったことぐらい、いやというほどわかってる。みんな悔しくて悔しくてしかたねえんだ。だけど、必死に気持ちを押し殺し、納得しようとしてるんじゃないか!
(古美門)なぜ?ゴミクズ扱いされているのをわかっているのに、なぜ納得しようとしてるんです?
(村人)オレたちはもう年寄りだし。
(古美門)年寄りだからなんなんですか?
(村人)具合が悪いのにみんな頑張ってきたんだぁ。
(古美門)だから何だってんだぁ!だから労わってほしいんですか?だから慰めてほしいんですか?だから優しくされたらすぐに嬉しくなってしまうんですか?先人たちに申し訳ないとは、子々孫々に恥ずかしいと思わないんですか?何が南モンブランだ。絹美村は本物のモンブランより遥かに美しいと、どうして思わないんですか!誰にも責任を取らせず、見たくないものを見ず、みんな仲良しで暮らしていけば楽でしょう。しかしもし、誇りある生き方を取り戻したいのなら、見たくない現実を見なければならない。深い傷を負う覚悟で前に進まなければならない。戦うということはそういうことだ。愚痴なら墓場で言えばいい。金が全てではない?金なんですよ。あなた方が相手に一矢報い、意気地を見せ付ける方法は、奪われたものと、踏みにじられた尊厳にふさわしい対価を勝ち取ることだけなんだ。それ以外にないんだ。
錦野春夫さん、あなたは元郵便局長だ。幾度となく閉鎖されそうになった村の郵便局を最後まで守り抜いた。守口三郎さんは小学校の校長先生。村にいた子供たちはみんなあなたの教え子だ。奥さんの久子さんは、町のデパートの化粧品売り場で月間売り上げの記録の保持者。郷田譲二さんは実に100ヘクタールもの田畑を開墾した。河田聡子さんとご主人は、田んぼをやりながら日雇いの仕事をいくつもいくつも掛け持った。富田安弘さんは商店街の会長。毎年祭りを盛り上げて、あのクリスタルキングを呼んだこともある。板倉初江さんは女だてらにクレーン車を動かし、六人の子供を育て上げた。敗戦のどん底から、この国の最繁栄期を築き上げたあなた方なら、その魂をきっとどこかに残してる!!!

脚本は古沢良太氏。
代表作に『ALWAYS 三丁目の夕日』(第29回日本アカデミー賞最優秀脚本賞)、『ゴンゾウ 伝説の刑事』(第27回向田邦子賞)、『相棒 season5』第11話「バベルの塔」(日本民放連賞テレビドラマ番組部門優秀賞)などがある。

(原発・放射能情報-新着バックナンバー)
今月の新着 2014年8月の新着 2014年7月の新着 2014年6月の新着 2014年5月の新着 2014年4月の新着 2014年3月の新着 2014年2月の新着 2014年1月の新着 2013年12月の新着 2013年11月の新着 2013年10月の新着 2013年9月の新着 2013年8月の新着 2013年7月の新着 2013年6月の新着 2013年5月の新着 2013年3-4月の新着 2013年2月の新着 2013年1月の新着 2012年12月の新着 2012年11月の新着 2012年10月の新着 2012年9月の新着 2012年8月の新着 2012年7月の新着 2012年6月の新着 2012年5月の新着 2012年4月の新着 2012年3月の新着 2012年2月の新着 2012年1月の新着 2011年

サイト支援のお願い当サイトの維持のため寄付や広告出稿によるご支援をお願い申し上げます。

arrow【注目記事】この記事を読んでいる人はコチラの記事も読んでいます。

  • 福島第一原発3号機は大丈夫か!?福島第一原発3号機は大丈夫か!? ウランとプルトニウムの混合物であるMOX燃料を使用していたプルサーマル原子炉の福島3号機が危険な兆候を示している。  湯気が発生している福島第一原発3号機5階で、最大2170ミ […]
  • 止まらない放射性汚染水の漏出止まらない放射性汚染水の漏出 東電福島第1原発の地下貯水槽からストロンチウムを含む放射性物質に汚染された水が相次いで漏れている問題が暗礁に乗り上げている。もはや地下水脈を通じて海への流出は必至だろう。海洋汚染 […]
  • 深刻さ続く原発汚染水深刻さ続く原発汚染水 汚染水問題の課題とは?水野倫之NHK解説員の渾身の現地レポート。  福島第一原発には、高濃度放射性汚染水が既に40万トン(貯蔵タンク数1000)­以上あり日々増加(1日40 […]
  • 日本は「世界一厳しい原発規制基準」など作れない!日本は「世界一厳しい原発規制基準」など作れない! 現存の原発を稼働させることが前提では、「世界一厳しい安全規制基準」など作れるはずがない。それでは国内の原発全てが不適格となるからだ。  そもそも福島原発事故は「津波」ではなく「 […]
  • 福島原発事故独立検証委員会(民間事故調)報告福島原発事故独立検証委員会(民間事故調)報告 2012年2月28日、東京電力福島第一原発の事故の検証を進めてきた民間の事故調査委員会が、日米の政府関係者など約300人からの事情聴取(東電は聴取を拒否!)をもとに400ページ- […]
  • 電気代値上げ・再稼働・税金1兆円などが東電再建案電気代値上げ・再稼働・税金1兆円などが東電再建案 ANN「報道ステーション」(04/27/2012) 画面右下の拡大マークをクリックすると全画面になります↑ この動画はiPhone、iPadではご覧になれない可能性があります […]

現在コメント投稿は停止しております。