原発・放射能情報
ブルーウォーターワールド

2011年3月11日の東電福島第一原発の事故後、「放射能汚染の状況と対策」や「原発と放射能に関する最新情報」をお伝えすることを目的に本サイトは開設されました。 編集人Twitterロゴ
サイト支援のお願い
サイト一覧 最新ニュース 放射線測定器(ガイガーカウンタ) 関連書籍 防災グッズ  N95マスク 地震モニタ
10月 232013
 

ほとんど報道されないが目を背けてはいけない現実arrow深刻!東電福島第一原発からは、今も毎日2億4000万ベクレルが大気中に、200億ベクレルが海に放出されている』(2013年10月7日、国会で東電社長が答弁して安倍首相が世界に言い放った「放射能は完全にブロック」のが露呈。)

現役官僚が内部告発!「政」「官」「財」が結びつく『原子力ムラ』の実態と『原子力行政』の闇を小説の形で暴露

原発ホワイトアウト

新刊『原発ホワイトアウト』

 「電力会社・政権政党・霞が関が、何故、無理矢理にでも原発を再稼働しようとしているか、1人でも多くの人に知ってもらいたい。これがこの本を書いた動機です。」(著者)
 先月以来、既に5万部が売れているという話題の小説「原発ホワイトアウト」著者に朝日放送が初インタビュー。先日、「週刊現代」もスクープしていた。
 この小説に実名で登場する古賀茂明氏「この本に書かれていることは、ほとんど本当です。著者には信念を貫いてもらいたい。それを潰さないためにも国民の支持が必要です。」

朝日放送「キャスト」(10/22/2013)
覆面官僚をテレビ初取材-話題作「原発ホワイトアウト」
動画投稿者 tvpickup 右下拡大マークのクリックで全画面に

内容要旨

告発1.政権交代への保険

    告発1.政権交代への保険
    原子力ムラ側(電力連の役員など)が落選議員、野党議員にも幅広く就職の斡旋などを行うなどして、政治家に恩を売っておくのだという。

告発2.電力モンスターシステム

    告発2.電力モンスターシステム
    原発を動かすことで上図のように、取引先経由で業界団体にお金をプールして「政治献金」や「マスコミ対策(広告費)」などに使えるシステムができる。もちろん、割増で取引先に支払われたお金は総括原価方式により、消費者の電気代に含まれることになる。
    このように原子力ムラが、原発に対する世間の懐柔資金などを消費者のいわば生き血を吸って生み出すシステムは、ある種、「麻薬」のようなもので、原子力ムラを形成する電力会社、政治家、官僚らが「原発再稼働」を求める最大の理由はこのモンスターシステムを失いたくないからなのだという。
    この麻薬を断ち切らなければ「原発再稼働反対」と叫ぶだけではダメだろう。

    日本原子力シンジケート一目瞭然!原子力シンジケート
    クリックするとポップアップで拡大します。

告発3.放射能汚染水

    告発3.放射能汚染水
    汚染水は海に流すしかないと、事故直後から霞ヶ関では言われていて、これが東電、経産省、日本政府の本心なのだという。
    古賀茂明氏「事故直後から汚染水対策が指摘されながらも、今の問題に至るまで怠っていたことが、それを物語っている」

最後に、本の著者は「魂を売り渡した悪い官僚は全体の1割。残りの9割は良心と保身の狭間で迷っているはずだ」と語っている。

関連記事

スクープ!!現役キャリア官僚が告発「原発汚染水は海に流すしかない」それが日本政府の本心です
「週刊現代」が小説の著者(現役官僚)にインタビュー。本で告発した内容について詳しく語っている。

「新○県知事、逮捕」現職官僚・告発小説のリアル
小説『原発ホワイトアウト』(講談社)。発売わずか2週間で永田町、霞が関界隈を賑わす問題作だ。サブタイトルは「原発はまた必ず爆発する」。

新刊書籍


(原発・放射能情報-新着バックナンバー)
今月の新着 2014年8月の新着 2014年7月の新着 2014年6月の新着 2014年5月の新着 2014年4月の新着 2014年3月の新着 2014年2月の新着 2014年1月の新着 2013年12月の新着 2013年11月の新着 2013年10月の新着 2013年9月の新着 2013年8月の新着 2013年7月の新着 2013年6月の新着 2013年5月の新着 2013年3-4月の新着 2013年2月の新着 2013年1月の新着 2012年12月の新着 2012年11月の新着 2012年10月の新着 2012年9月の新着 2012年8月の新着 2012年7月の新着 2012年6月の新着 2012年5月の新着 2012年4月の新着 2012年3月の新着 2012年2月の新着 2012年1月の新着 2011年

サイト支援のお願い当サイトの維持のため寄付や広告出稿によるご支援をお願い申し上げます。

arrow【注目記事】この記事を読んでいる人はコチラの記事も読んでいます。

  • 知られざる放射線研究機関の実態知られざる放射線研究機関の実態 結局、福島の100mSv安全論で有名になった山下某の唱える被曝評価は内部被曝を無視した根拠のないものだった。 「戦争を利用して、わしらを原爆の実験にしやがったのか」  ご自身 […]
  • 福島原発事故独立検証委員会(民間事故調)報告福島原発事故独立検証委員会(民間事故調)報告 2012年2月28日、東京電力福島第一原発の事故の検証を進めてきた民間の事故調査委員会が、日米の政府関係者など約300人からの事情聴取(東電は聴取を拒否!)をもとに400ページ- […]
  • 黒澤明監督の原発事故予言映画『夢-赤富士』黒澤明監督の原発事故予言映画『夢-赤富士』 黒澤明監督の22年前の原発事故予言オムニバス映画  福島原発事故で正夢になってしまった、『夢』(オムニバス作品)の中の一話「赤富士」。 右下の拡大マークのクリックで全画面 […]
  • 泉田知事は変人か?泉田知事は変人か? 県内に東電の柏崎刈羽原発をもつ新潟県知事が、原発の新規制基準への疑問を語る。  元経産官僚にして知事3期目を務める泉田裕彦新潟県知事。  彼は、原発立地自治体の首長らの判 […]
  • 原子力規制委員長に原子力ムラの村長クラス!原子力規制委員長に原子力ムラの村長クラス! 「暴走族のリーダーが暴走族取締り本部の本部長になるのと同じ」と例えた小島敏郎・青山学院大学教授の表現が的を射ている。  原子力規制庁の上、原発の再稼働や安全基準などの決定権をも […]
  • 原発再稼動-おおい町議会が容認原発再稼動-おおい町議会が容認 国の命運を左右する大事が、わずか数名の大臣と十数名の原発立地自治体議員で決められていいはずがない。 5月15日、大飯原発の地元、おおい町議会は11対1の賛成多数で原発再稼動 […]

現在コメント投稿は停止しております。