原発・放射能情報
ブルーウォーターワールド

2011年3月11日の東電福島第一原発の事故後、「放射能汚染の状況と対策」や「原発と放射能に関する最新情報」をお伝えすることを目的に本サイトは開設されました。 編集人Twitterロゴ
サイト支援のお願い
サイト一覧 最新ニュース 放射線測定器(ガイガーカウンタ) 関連書籍 防災グッズ  N95マスク 地震モニタ
2月 082014
 

ほとんど報道されないが目を背けてはいけない現実arrow深刻!東電福島第一原発からは、今も毎日2億4000万ベクレルが大気中に、200億ベクレルが海に放出されている』(2013年10月7日、国会で東電社長が答弁して安倍首相が世界に言い放った「放射能は完全にブロック」のが露呈。)

「皆さんのいのちと暮らしを守る事こそ知事の最も重要な任務」、「世の中の不条理と闘う」という基本理念と元首相としての責任感が、老齢の二人を突き動かす。

(本記事下の続報」では、その後の情報を掲載しています。)

街頭演説中の細川護煕候補と小泉純一郎元首相

「原発を若い世代に残してはならない!その為に、我々の世代で原発を終わりにしよう!」雪の降る中、街頭演説をする細川護煕候補と小泉純一郎元首相(画像:@28SOBA さんより)

 1993年8月、細川護煕氏が55歳で首相に就任した時、安倍晋三首相は38歳で衆議院議員に初当選し細川内閣が召集した国会で政治家としてデビューした。安倍首相にとって細川氏は、いわば自分が新入社員の頃に口も聞けぬ社長のような存在だったはずだ。この事実だけでも、暴走する安倍首相を叱るべく細川氏に都知事として首都にいてもらう価値があるというものだ。
 また、細川・都知事誕生のメリットは原発ゼロ実現や安倍晋三首相の理不尽な狂気を正すことだけではない。首相経験のある大物都知事が、北京を訪問して首都外交を展開すれば、格を重んじる中国政府の対応もぐっと変わるはず。ギクシャクした日中関係の修復に貢献できるかもしれない。希望と期待が膨らむではないか。
 都知事選の投開票は、明日2月9日。都民の良心が問われようとしている。

動画セレクション
クリックするとポップアップ又は別ウインドウが開きます。

[報道]

2/6TOKYO MX「細川特集」

2/6TOKYO MX「細川特集」

2/5堀潤氏インタビュー8bitNews

2/5堀潤氏-8bitNews


[演説]

2/8新宿駅東口アルタ前

2/8新宿アルタ前(最終)

2/7新橋駅SL広場

2/7新橋駅SL広場

2/7渋谷駅ハチ公前

2/7渋谷駅ハチ公前

2/6練馬駅北口。【実況】寒さの中、歩道橋にも鈴なりの人、人…

2/6練馬駅北口

2/5町田駅前。【実況】マスコミが伝えたくない大盛況。

2/5町田駅前

2/4港区メルパルクホールでの個人演説会。

2/4港区メルパルクホール

2/4中野駅北口。「仁義ある戦い」菅原文太氏&福岡政行氏の応援演説。

2/4中野駅北口

2/2銀座四丁目交差点。細川・小泉両氏の街頭演説に押し寄せる人の波がやがて人々の海に。

2/2銀座四丁目交差点

2/2有楽町。桜井勝延・南相馬市長の応援演説。後半は桜井氏、湖西市長・三上元氏と細川候補の対談。

2/2有楽町

2/1渋谷駅ハチ公前。小泉氏と共に原発ゼロの他、政策全般についても語る細川氏。

2/1渋谷駅ハチ公前

2/1新宿アルタ前。23分頃~小泉氏。国政に初立候補した当時の話を交えながら一段と小泉節が冴える。

2/1新宿アルタ前

【東京都知事選の事実】2月1日。13時渋谷ハチ公前と16時30分新宿東口アルタ前での細川護煕候補の街頭演説の様子。圧倒的な群衆だ。

2/1溢れる観衆(渋谷&新宿)


[会見]

1/31細川護煕候補を応援する有志記者会見。左から三枝成章、なかにし礼、菅原文太、細川護熙、瀬戸内寂聴、澤地久枝、湯川れい子の各氏。

1/31細川候補応援会見

細川護熙氏

1/22細川候補出馬会見


[対談]

湯川れい子 × 細川護熙

湯川れい子 × 細川護熙

加藤登紀子 × 細川護熙

加藤登紀子 × 細川護熙

なかにし礼 × 細川護熙

なかにし礼 × 細川護熙

菅原文太 × 荒俣宏 × 福岡政行 × 細川護熙

菅原文太 × 荒俣宏 × 福岡政行

瀬戸内寂聴 × 細川護熙。対談後の映像は、瀬戸内寂聴さんと細川佳代子さんによる街頭演説。

瀬戸内寂聴 × 細川護熙

SUGIZO × 細川護熙

SUGIZO × 細川護熙

小林武史 × 細川護熙

小林武史 × 細川護熙

湯浅誠 × 細川護熙

湯浅誠 × 細川護熙

三宅洋平× 細川護熙

三宅洋平× 細川護熙

家入一真 × 細川護熙

家入一真 × 細川護熙


皮肉な血筋と因果

 細川護煕元首相の祖父は近衛文麿。安倍晋三首相の祖父は岸信介。共に首相経験者にして太平洋戦争のA級戦犯だ。だが、大きな違いがある。近衛は昭和天皇に戦争の早期終結を唱え、終戦工作を行ったが東京裁判でA級戦犯に指定され服毒自殺して自ら責任をとった。一方、岸は東條内閣で開戦の詔勅に署名し、戦後、戦争犯罪人となったが米国のポチとなることで死刑を免れ、原発を推進したのである。

 この祖父の呪縛を受けたかのように戦争と原発推進に邁進する安倍晋三首相の暴走を抑えるために、向こう2年半の国政選挙が行われない間、首相まで経験した人物に重鎮として首都の首長を務めてもらいたい。これが細川氏を応援している人たちの本音の一つではないだろうか。

 また、都知事選を「安倍首相と小泉元首相の代理戦争」と言うメディアがあるが、今こそが戦後社会のパラダイムシフトのチャンスだという観点では、戦前・戦後に渡って異なる生き方をした安倍、細川両氏の互いの祖父、岸信介と近衛文麿両元首相の代理戦争だと言えるかもしれない。

 かつて美濃部亮吉・元都知事は、都知事選でベトナム戦争の国政問題を訴え、「ストップ・ザ・佐藤」をしかけた。今度は、その佐藤元首相の姪孫(てっそん)でもある安倍晋三首相に対して、細川氏が都知事選で原発ゼロの国政問題によって「ストップ・ザ・安倍」をしかけている。

 皮肉な血筋と因果のドラマを見ているようだ。

(文責:編集人

選挙結果(02/10/2014追記)

 選挙戦中、どの候補者よりも圧倒的な聴衆を集めた街頭演説も虚しく、残念ながら以下のように細川氏は3位の結果となり落選した。

都知事選・投票結果

【都知事選・投票結果(上位6名)】


選挙後、小泉氏が寄せたFAX

↑拡大:選挙後、小泉氏が寄せたFAX

闘いには勝ったが選挙で敗れた細川氏

 当選した舛添候補には推薦した与党の組織票が150万票はあること、細川氏に拮抗した2位の宇都宮候補が共産党・社民党の組織票にも支えられたこと、などを考慮すると細川氏は「闘いには勝ったが選挙で敗れた」と言えるのかもしれない。
 だが、何より大切なことは「継続こそ力」だ。今回、生まれた大きな「脱原発」力を巨大な力に育て上げることだ。
 一方で、細川氏の負け以上に、絶望的に落胆させられるのは全有権者の半分にも達しない投票数であったこと、そして唖然、愕然としたのは、低投票率にもかかわらず「原発推進」を訴える「極右候補」の田母神氏が若者を中心に60万票以上を獲得したことだろう。

[「脱原発を争点とさせない力が働いていた」と無念さをにじませ「敗戦の弁」を述べる細川氏会見]

2/9細川候補「敗戦の弁」-1

2/9細川候補「敗戦の弁」-1

2/9細川候補「敗戦の弁」-2

2/9細川候補「敗戦の弁」-2



東京の脱原発票推移

約137万票(投票率53.51%):昨年7月参院選東京都選挙区「吉良+山本」票の合計

約194万票(投票率46.14%):今回の都知事選「宇都宮+細川」票の合計

投票率が下がっているのに絶対数は60万増加している現実。
しかも、宇都宮氏と細川氏が獲得した「原発ゼロ」票が「投票数全体の40%」にあたる200万票近くに及んだ事実は大きな成果だし、今後のより発展的な力になるはずだ。さらに、これに加えて当選した舛添票には「段階的」にという脱原発票が流れているわけだから、安倍首相が都知事選後の国会答弁で再稼働をほのめかしながらも落ち着きがないのも当然だろう。

関連ブログ

2014都知事選日記
細川氏、小泉氏の遊説期間中、ほぼ全日を追った黒森庵さんのフォトブログ。迫力の画像でまとめられている。必見保存版。

arrow続報

動画ニュース・記事 注目!!細川氏・小泉氏再び共闘 、「原発ゼロ」社団法人立ち上げ』(05/07/2014)

動画ニュース(TBS)

動画ニュース(TBS)

↓既報(04/15)の通り、細川元総理と小泉元総理が「原発ゼロ」に向け自然エネルギーの普及を目指して新たに立ち­上げた社団法人「自然エネルギー推進会議」の設立総会が、7日、開かれた。­二人は挨拶の中で今後、脱原発と自然エネルギーの普及を国民運動として広めていく活動を行うと表明したが、総会後の会見で個別の選挙運動には関わらないという考えも明らかにした。
代表理事:細川護熙
発起人:細川護熙、小泉純一郎、赤川次郎、安野光雅、梅原猛、香山リカ、小林武史、桜井勝延、菅原文太、瀬戸内寂聴、ドナルド・キーン、湯川れい子。
賛同者:秋山豊寛、浅田彰、市川猿之助、岩井俊二、小山内美江子、落合恵子 、加藤登紀子、鎌田慧、鎌田實、河合弘之、ロバート・キャンベル、坂本龍一、佐高信 、佐藤栄佐久、澤地久枝、下村満子、SUGIZO、鈴木悌介、田中優子、津田大介、なかにし礼、 福岡政行、前田哲男、宮台真司、三上元、村上達也、茂木健一郎、吉岡淳、吉永小百合、吉原毅。(7日現在、敬称略)
細川氏、小泉氏の挨拶全文
arrow関連記事『細川・小泉元首相、再始動 「死ぬまで脱原発」

動画ニュース・記事 注目!!小泉・細川氏、脱原発で再びタッグ 社団法人設立へ 福島知事選で支援検討』(04/15/2014)

動画ニュース(TBS)

動画ニュース(TBS)

小泉純一郎、細川護熙の2人の元総理が来月、脱原発を掲げた一般社団法人「自然エネルギー推進会議」を新たに立ち­上げることになった。活動方針を、(1)原発ゼロ・再生可能エネルギーの普及促進(2)原発再稼働反対(3)原発輸出反対としている。また、新潟県や青森県など原発関連施設がある地域を中心としたタウンミーティングで脱原発への機運を高め、秋の福島県知事選や来春の統一地方選などで脱原発候補の支援も検討するという。哲学者の梅原猛氏や歌舞伎俳優の市川猿之助氏らも発起人に名を連ね、賛同人には俳優の吉永小百合氏ら数十人が加わる。』
(文責:編集人
(原発・放射能情報-新着バックナンバー)
今月の新着 2014年8月の新着 2014年7月の新着 2014年6月の新着 2014年5月の新着 2014年4月の新着 2014年3月の新着 2014年2月の新着 2014年1月の新着 2013年12月の新着 2013年11月の新着 2013年10月の新着 2013年9月の新着 2013年8月の新着 2013年7月の新着 2013年6月の新着 2013年5月の新着 2013年3-4月の新着 2013年2月の新着 2013年1月の新着 2012年12月の新着 2012年11月の新着 2012年10月の新着 2012年9月の新着 2012年8月の新着 2012年7月の新着 2012年6月の新着 2012年5月の新着 2012年4月の新着 2012年3月の新着 2012年2月の新着 2012年1月の新着 2011年

サイト支援のお願い当サイトの維持のため寄付や広告出稿によるご支援をお願い申し上げます。

arrow【注目記事】この記事を読んでいる人はコチラの記事も読んでいます。

  • 福島第一原発3号機は大丈夫か!?福島第一原発3号機は大丈夫か!? ウランとプルトニウムの混合物であるMOX燃料を使用していたプルサーマル原子炉の福島3号機が危険な兆候を示している。  湯気が発生している福島第一原発3号機5階で、最大2170ミ […]
  • 福島原発事故のA級戦犯、安倍晋三の言論弾圧が始まった!?福島原発事故のA級戦犯、安倍晋三の言論弾圧が始まった!?  福島原発事故のA級戦犯でありながら(下記の【補足記事】参照)、何も責任を取らない安倍晋三が原発を推進する。しかも権力を行使し言論弾圧をしながら…参院選を制することで国会を占拠し […]
  • 安倍政権が成立を企む「秘密保護法」と「原発」安倍政権が成立を企む「秘密保護法」と「原発」 10月25日、閣議決定され国会に上程された秘密保護法。対象を「安全保障」すなわち「防衛、外交、スパイ防止、テロ対策」に限定するとしているが、「原発情報」も秘密にされる恐れがある。 […]
  • 原発抱える注目選挙区新潟で再稼働が突如争点に原発抱える注目選挙区新潟で再稼働が突如争点に 米国に導かれ、半世紀にも及ぶ原発を今後どうするかは安全保障、TPP、憲法などの問題とも深く関わっている。選挙の争点を原発に絞ってもいいはずだ。  7月8日、全国5カ所の原発 […]
  • 本当に川内原発を稼働させてもいいのですか?本当に川内原発を稼働させてもいいのですか? 無責任極まる人たちがこの国を牛耳っている。内閣法制局が、集団的自衛権の行使を容認した閣議決定について審査を求められ、「意見はない」と回答し憲法の番人を放棄した件と、原子力規制委員 […]
  • 細川護煕を応援する有志記者会見細川護煕を応援する有志記者会見 「『原子力帝国』というユンクが書いた本がある。それによれば、原子力は何故悪いか、それは原子力が民主主義を破壊するからだという。原子力は様々な秘密を持つ。為政者はその秘密を守るため […]

現在コメント投稿は停止しております。